ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

忘年会の二次会に行きたくないなら、行かなくていい

こんにちは、ととまです。

 

12月は、忘年会シーズンです。

職場の忘年会、友人との忘年会、趣味の集まりの忘年会と大忙しですね。

 

身体も、お財布もなかなか大変な季節です。

 

例えば職場での忘年会、二次会は参加しますか?

お酒が好きで、参加したい人はどうぞ、参加してください。

 

本当は行きたくないけど、仕方なく、断れなくて、という人も多いと思います。

 

忘年会の二次会断れないのはなぜか?

 

・付き合いが悪いと思われる

・仲間はずれにされそう

・他人が参加するのに自分だけ参加しないのは都合が悪い

・仕事にも影響しそう

・根暗に思われる

・変わってる奴だと思われる

 

そう思うと断る勇気がなかなか出ないもの。

 結局、周りからどう思われるか気にして勇気が出ないのです。

 

 

 

私が二次会を断るのは疲れるから

 

私はお酒は飲めません。

でも、断る勇気がなく、二次会に参加していました。

 

一次会でいっぱい食べて、飲んで(ジュース)お腹いっぱいに。

もう、お腹いっぱいだから、二次会に行ってももう食べれません。

お酒飲む人なら「もう少し飲みたいな」と思うかもしれませんが、

お酒飲まない人は大抵、もう、飲み物はたくさんです。

 

それに、宴会ってテンション高い人が多く、楽しいけど、疲れるものです。

周りが騒がしいと相手の声も、

聞こなくて、大声で話さなくてはいけません。

 

気の合う仲間ならまだしも、くじ引きで席を決める場合、違う部署の

話したこともない人が隣になると、会話を合わせるのに疲れます。

私は、宴会の後は非常に疲れます。

 

普段からテンションは低めなのです・・・

 

二次会行っても食べるわけじゃない、飲むわけじゃないとすれば、

お金を払って、行く意味がありません。

 

そんなら、親睦深められないじゃん!って思うかもしれないけど、

そもそも二次会に行かないと親睦深められませんか?

 

一次会でだって親睦深められます!

 

私は、二次会が一次会のあとでなくて、別の日にあるとしたら、

参加します。

(それだと二次会といわないのでしょうが・・・)

つまり、一次会で疲れてるから二次会に行かないのです。

 

「疲れやすいのね~」と言われても、体力は人それぞれ。

 

 

www.totoma1125.com

 

勇気を出して断ってみた

 

 

そして私は、三年前の忘年会から二次会はお断りしています。

 

私の職場の場合、前もって参加できるか聞かれるので、

「一次会で疲れるので二次会は不参加です!」と断りました。

 

今まで、付き合いで参加していたけど、本当は断りたかったので、

勇気をだして自分の意志をはっきり言えた時は、

スッキリしました。

 

 

あっ!

断る理由は「用事あって」はダメですよ。

今年断っても、また来年断らなくてはいけなくなります。

 

断った次の年も、二次会に誘われました。

「二次会は疲れて無理」とまたお断り。

 

そのときは、ちょっと気まずいものの、二年続けて断ると、周りの人は

この人、二次会行かない人だ!ってなります。

 

次の年も一応声はかかるものの、かなり断りやすくなります。

二次会に行かない人、だと思われたらしめたもの。

私は経験して実感しました。

 

 

あっ、断るときは優しい言い方でね。

 

職場では、二次会に行かなくても仲間と仲良くやっています。

二次会に行かないことをとやかく言う奴が、もしいても、

気にしてはダメです!

 

一次会に参加してるんだからいいのです。

あなたが、行きたくないなら時間とお金を無駄にするのはもったいないです。

 

勇気を出して断ってみると、気持ちいいものですよ。

 

まとめ

最初断るときは「嫌われるのではないか?」「どう思われるのか?」

と気になりました。

ですが、一度勇気を出断ってみて、やりたくないことを自分で決断して断れたことが自信になりました。

 

嫌なことは「NO!」と言えるようになってきました。

 

「輪」も大切ですが、自分を持つということも大切です。

欧米の人は自分の意見をはっきり持っていて、自分の意見をはっきり言えます。

とても、素晴らしいと思います。

 

二次会を断るとこんなメリットがありますよ。

・自分の時間を大事にできる

・自分の体を大事にできる

・自分の気持ちを大事にできる

・自分のお金を大事にできる

 

二次会はいきませんが、職場の人間関係は良好です。

仲良くしています。

 

では、また