ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

転職してわかったナースのお仕事あれこれ~特別養護老人ホーム編~

こんにちは、ととまです。

 

ととまの職業はナースです。

今まで何度か職場を変えてきました。

ナースの仕事は職場によって全然違います。

働きやすさも全然違います。

 

今まで、いろんな職場で働いてきて、

働きやすい職場とそうでない職場がありました。

 

あなたはもしかして今、転職したいと考えていますか。

これから、転職を考えている人の参考になればいいな、と思い、

自分が経験してきたことや、友人からの情報をもとに書きたいと思います。

少しでも、あなたの参考になればいいな。

 

http://2.bp.blogspot.com/-Mh6Be1RXd4M/U5hUvkwqMdI/AAAAAAAAhOM/dIF5uegTbVo/s800/tokozure_nurse.png

 

 

今回は

特別養護老人ホームについてです。(略して特養)

ととまは、特養で約2年働きました。

 

特養は規模によって違いますが、約100人位の入所者がいて、

看護師はだいたい4人です。

他は介護福祉士、ケアマネ、相談員、作業療法士などがいます。

嘱託医が週に1回きてくれます。特養に医師は常勤していません。

 

特養でのナースの主な仕事は

・バイタルサインチェック

・服薬管理、介助

・軟膏、点眼などの処置

・点滴

・通院介助

・坐薬、浣腸

・痰の吸引等々

 

特養は生活の場です。医療ケアより介護ケアに重きを置いています。

病院のように積極的に治療を行う場所ではありません。

特養で点滴は行いますが、状態の悪い人はは入院することになります。

 

夜勤はありません。

ただ、夜中に入所者に何かあればすぐ駆け付けられるように、

電話当番というものがあります。

携帯電話をもたされて何かあればすぐ連絡がきます。

ナースが4人いれば、4日に1回は当番が回ってくることになります。

交代で回ってくるので、大晦日やお正月にも回ってくることになります。

 

休みは、土日、祝日ですが服薬や、点滴等あるため、

一人は出勤しなくてはいけません。

交代で出勤することになります。

 

施設によっては早番、遅番があるところもあります。

 

病院と違い生活の場であり、介護スタッフの方が圧倒的に多いです。

 

働いてみて

・電話当番はいつ電話がかかってくるかわからない恐怖がある。

・当番の日は寄り道しないで帰らないといけない。

・電話を離さないように気をつけていないといけない。

・今は介護スタッフも研修参加などで痰吸引できるようになったが、

 当時はまだダメだったので、「痰が絡んでいる」という電話も多く、

 吸引しに行くこともあった。

・介護スタッフそれぞれのレベルや捉え方が違うし、

 経験がある介護スタッフと浅いスタッフがいる。

 新人介護スタッフでは利用者さんの状態によっては、

 心配になりすぐ電話がくる夜もあった。 

・深夜、朝方の電話は体に悪い。ドキッとして起きる。

・介護スタッフが巡回したら、亡くなっていた、

 ということがあり深夜2時に電話がなり駆け付けたことがあった。

 すぐに嘱託医、家族を呼んであれこれしているとすぐ、朝になる。

 深夜に仕事した分は残業代として、給料がでる。

 朝になり、もしその日のナースが十分であれば有給を使って休むこともできるが、

 誰かがすでに休暇だったり、通院など人が足りない時は休めないときもある。

・いつでも駆け付けられるようにしていないといけない。

というのが主な感想。

 

 

 

実際、深夜の電話は何度もあり、駆け付けることも多かったです。

電話当番は何もない平和な夜もあれば、そうでない日もあり、

働いてみて、「最初から夜勤として拘束されてる方がいい」

と思いました。

夜勤手当がつくし、夜勤明けの日は帰って休めるから。

電話くるかと思うとお酒を飲んだりできないし、遊びにも行けないし。

(すぐ駆け付けられる体制にしていたら別ですが)

それが、4日に一回回ってくることになります。

その「くるかもしれないし、こないかもしれない」

というのが精神的に段々負担になってきました。

 

いつ呼ばれるかわからないので、

子どものいる人は夫、祖父母の協力が必要となります。

朝方呼ばれてすぐ帰れない日もあるので、特に、夫の協力が必要です。

夫が朝食を作ったり子どもの送迎をしなくてはいけない日もありそうです。

夜中、駆け付けることを考えると、家と職場の距離は近い方がいいと思います。

 

平日に休みが欲しい時は、前もってわかっていれば休めると思います。

 

ナースが4人と少人数なので、人間関係が重要です。

 

 

あと、生活の場なので医療処置が少ないので急性期などで、

バリバリ働いてきた人は物足りなさを感じるかもしれません。

入所者とレクレーションや行事が多く、日常生活を一緒に楽しむ感じです。

病状が悪化しても、病院に行き積極的な治療をせず、

施設で看取りたいという家族も多いので、

看取りはこれからもっと増えていくと思われます。

目の回るような忙しさではないので、

気持ちに余裕を持って看護出来ると思います。

 

こんな感じかな。

 

 

では、また