ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

おすそわけおばさんからもらったカボチャが、変な味・・・どうする?

こんにちは、ととまです。

 

あなたの今日のお昼ご飯は何でしたか?

お昼ご飯は一緒に食べる人が決まっていますか?

 

ととまは、勤め先に職員食堂があります。

お弁当を持ってくる人もいるし、カップラーメン食べる人もいたり、

職員食堂の日替わりメニューを利用する人もいます。

 

ととまはいつも職員食堂の日替わりメニューを利用します。

肉や野菜や麺類などが日替わりで出てきて、メニューはヘルシーです。

家でも、肉、魚、野菜を食べるようにはしていますが、

たまに手を抜いてしまったりするので、

昼はバランスがいいのを食べたいと思っています。

 

その日によって一人で食べたり、同じ部署の人と食べたり、

他の部署の人と一緒に食べたり、様々です。

お昼によく一緒に食べる同じ部署のおばさんがいて、

(ととまもおばさんですが、もっと年上のおばさんです)

自分のお弁当のおかずを人に分けてあげるのです。

おすそ分け用に多めに持ってくる日もあります。

食べさせてあげたい、という気持ちが強い人なんですね。

パンを焼いた、サンドイッチを作った、といえば、持ってきてみんなに配ったり、

お菓子を買えば、自分より人に分けてあげています。

おすそわけおばさんです。

 

最初はありがたい気持ちでいましたが、段々「もらいっぱなしもどうなのかな」

と思ったりお返しに気を遣うようになりました。

自分のご飯はあるので、「気持ちは嬉しいけど、いらないのにな」

と思うようになりました。

でも、「ほら〇〇食べて」とお皿にポンと乗せてきます。

 

人にあげることに喜びを感じているようです。

本人はあげることで喜んでもらっていると思っているのでしょう。

 

この前、一緒に昼ごはんを食べたとき、カボチャの煮ものを一切れもらいました。

http://1.bp.blogspot.com/-YjLNCgc_1G4/UkJNEV7BEdI/AAAAAAAAYYA/DFNj-V5YJJs/s800/tamanegi_onion+%282%29.png

食べたとき、微妙にちょっと悪くなりかけてるような味がしました。

微妙だから、ととまも自信ありません。

「ん?」

野菜と煮ていたからかもしれないし、私の味覚がちょっと違うのかもしれないし。

 

そのおばさんは普通にかぼちゃを食べていました。

ととまは、かぼちゃは小さかったし、自分の味覚に自信がなかったので、

「ん?」と思いながら食べました。

とっさのことでどんな反応をすればいいのかよくわかりませんでした。

 

あとから、考えてみました。

あんなときはどうすればいいんだろう。

 

もしかして、もしかして、かぼちゃが悪くなっていたのなら、

お腹をこわすことになります。

ひどい下痢などしたら、苦しむのは自分です。

相手の立場になったりして考えてみました。

 

食べた瞬間「ん?」って思ったなら、正直に伝えるべきだと思いました。

「勘違いかもしれませんが、違うかもしれませんが、

ちょっと悪くなりかけてる気がするのですが」と。

 

おばさんがなんともないと感じているなら

「あら、だいじょうぶよ!」と言うかもしれません。

そんなとき「私すぐお腹こわすので、すみません」と。

 

その時おばさんが不愉快な気持ちになるかもしれません。

「もうあげない」と思うかもしれません。むしろそう思ってくれた方がいいですが。

でも、やっぱり、伝えた方がいいと思いました。

 

相手が喜んでいると思い、している行動が実は迷惑だったり、

よかれと思ってしたことが、大きなお世話になることもあります。

そんなことを振り返るいい機会になりました。

 

あっ、お腹は大丈夫でした。

 

では、また