ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

少ない予算で生活するには項目別に封筒に入れておくのがおすすめ

こんにちは、ととまです。

 

予算通りに生活するのって難しいですね!

 

あなたは、家計を節約したり、予算内で生活するために行っていることはありますか?

 

予算を決める?

家計簿をつける?

買い物は特売の日?

 

好きなだけ使える人は別として、

大抵の人は大体これくらいで生活したいという目標額ってありますよね、きっと。

 

私は、限られた給料で生活すために、特に子どもを育てているときは、

「何とかしてやりくりしよう」「どうしたらいいか」

と頭を悩ましていました。

 

まず、家計簿をつけてみました。

でも、毎日書くのは大変ですね!

しかも地味な作業。

それでも、続けてみました。

毎日書けない日は、2,3日ためてから書いたりしたこともありました。

ですが、段々と負担になってきました。

 

家計簿めんどくさい!

 

家計簿って、何にいくら使ったかは把握できるのでいいですね。

でも、問題なのは

 

「使ってから書く」

というところではないでしょうか?

 

普段から節約を気をつけていても、財布にたくさんお金が入っていると、

予定外の時につい使ってしまったり、安売りしていると買ってしまったりします。

 

私のおススメの方法は、

項目ごとに封筒に入れておくことです。

 

「食費」「雑費」「医療費」「その他(余裕費)」にわけておきます。

「食費」は4週あれば封筒は4枚必要です。

例えば、月の食費の予算が4万円で、その月が4週だとすると、

それぞれの封筒に1万円入れておきます。

 

「その予算で1週間生活するぞ!」と思う方が気が引き締まるし無駄遣いをしません。

ペース配分ができます。

月の予算を決めただけでは、月始めの方で使いすぎてしまうと、

後半はきつくなり、結局「足りなかった」となり、ATMへ行ってしまいます。

 

1週間ごとに区切られていると、その週使いすぎても、次の週に早めに調整できます。

そうすると平均して月の予算で使えるようになります。

 

買い物に行き、安売りしていると、

「今食べないけど安いから買って冷凍庫にしまっておいて、後で食べよう」

と多めに買ってしまうことがありますが、そうすると先の分も買うことになります。

たしかに安いかもしれませんがずっと先に食べるものなら、

使う時に買う方が結果的にお得です。

使うまでの間冷凍庫にしまっておくと、鮮度も落ちるし、

冷凍庫の中もいっぱいになってしまいます。

 

項目の分け方はその家庭で好きなように分けてもいいと思います。

その週の食費以外は財布に入れておかない方がいいですが、

突然何があるのかわからないので、財布の普段使わないポケットにでも、

余裕費をいれておけばいいです。

この方法を試してみると、予定外のものを買うと、

すぐ予算オーバーしてしまうことが実感できます。

ペース配分がうまくできるようになったらしめたものです。

 

私は、最初の頃は買う予定以外のものもつい買ってしまい、

週の予算では足りず、翌週の食費から前借りしていました。

今では買い物している時、誘惑に負けなくなってきました。

 

今では、翌週の分から前借りすることもなく、予算通りに、

いい感じで生活出来ています。

 

給料日に封筒に項目別に分けるのが、ちょっと面倒かもしれませんが、

やってみると、良さを実感出来ると思います。

試してみてください。

 

 

では、また