ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

離婚して10年経ちました後悔したことは・・・

こんにちは、ととまです。

 

私は、バツイチです。

もう少しで離婚して10年です。

 

この10年を振り返ってみたいと思います。

 

 

 離婚してから10年の間に何があった?

 ・離婚したとき子どもは、高校生と中学生だったので、部活の送り迎えや、

 毎日の弁当作りと子育てに忙しかった

 

・養育費はもらっていなくて、貯金もほとんどなしからのスタートだったので、

 やりくりをどうしようか考えるのに必死

 そのうち、子どものうち一人が専門学校に通い、お金も大変な状態

 教育ローンを借りて何とかしのいだ

 今は、上の子が結婚して家庭を持ち、下の子は就職して県外へ

 子育ては一段落 ヤレヤレ

 

・子宮筋腫、卵巣腫瘍を患い40代前半は体調が悪かった

 入院し手術したが、翌年また入院、手術と2年連続の手術だった

 

・離婚により、夜勤の仕事が出来なくなったので、夜勤のない別の職場に就職

 

 

離婚して後悔したこと

  なし

 

 

3.離婚してよかったこと

 ・よく笑うようになった

・気持ちが楽になった

・スッキリした

・また、誰かを好きになることができると思った

・人生が少し楽しくなった

 

 

4.離婚しちゃったけど結婚してよかったこと

 ・子ども達に会えたこと

・人生経験を積めたこと

・大変だったこと、嫌なこと、苦労したことも全部私の財産となった

・今、周りにいる人達と出会えたこと

 離婚していなければ、今も夜勤してたかもしれないので、

 勤め先が代わっていなかったかもしれない

 離婚したことで、生活が変わった

 変わったことで今の周りの人達と出会えた

 

 

 

 離婚を決めるまで

離婚したいという気持ちが芽生えたものの、

「でも離婚はしない方が子ども達のため」という思いがあり、

決断するまでは何年もかかりました。

何年も何年も悩みながら、誰にも離婚の相談はしませんでした。

私は、大事なことは人に相談しないで、自分で時間をかけてじっくり考えるタイプです。

人の意見に左右されないで、じっくり自分の気持ちと向き合いたいからです。

人に助けを求めるのが苦手な方です。

逆にどうでもいいような軽いことは、誰かに相談して意見を求める時もあります。

 

離婚するまで、毎日同じところをグルグル周りながら悩んでいる日々でした。

ある日、子どもから「お母さんって、笑わないね」と言われました。

ショックでした。

生活で、会話も少なくなり、苦痛になり、一緒にいるのも息苦しくなり、

楽しいことは何もなくなりました。

ただ、「子どものため」と思い生活していましたが、

子ども達のためになんかなっていなかった。

笑顔もない、楽しさも、安らぎもない生活が子ども達のためになるはずがありません。

 

ただ、両親がそろっていればいい、というものではないのだとやっとわかりました。

 

 

そして ...

離婚してからの10年はあっという間でした。

子ども達には、寂しい思いをさせたと思いますが、私自身は全く後悔していません。

そして、毎日を楽しく充実して過ごせています。

 

何かに悩み、決断するときには

「自分の人生を後悔しないで生きたい」と思い、決断しています。

 

では、また