ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

宴会のご馳走を残さず、食べてもらう方法

こんにちは、ととまです。

 

12月になりました。

師走ってなんだか気忙しいですね。

 

忘年会の季節です。

 

今日ラジオで、

そうだな!いいな!と思う話を聞きました。

 

忘年会では、必ずご馳走が多量に残ることが多いです。

せっかくのおいしいご馳走をたくさん捨ててしまうのは、

もったいないので、

全部食べてもらうための方法を考え、

勧めている方のお話でした。

 

それは、

途中と最後の方に、

「残さないで食べましょう」と幹事さんが、

一声かけて、

みんなで食べる時間を作っていることでした。

 

 

忘年会に限らず、

飲み会ってお酌しに回ったり、

自分の席を離れることが多いですね。

 

そして、話し込んでしまい、

なかなか自分の席に戻らなかったりします。

 

自分の席に戻ろうとしても、

自分の席に、

今度は誰かが座って話し込んだりしていることもあります。

そうなると、戻るに戻れないし、

食事も食べないでいてしまったり・・・

 

上司と話していると、

すぐ戻ることは、

きっかけがなかったり、

気を遣うこともあります。

 

ととまも、忘年会で、

トイレに立った間に自分の席に他の人が座り、

話し込んでいたこともありました。

 

飲んで盛り上がってくると、

席は乱れて、

食べるものも食べれなくなります。

そして、閉会してしまうと、

たくさんのご馳走が残ってしまうことになります。

 

あるある!って思いました。

 

なので、幹事さんの一声で、

一度自分の席に戻り、

みんなで食べる時間を作る。

幹事さんの一声でみんなが席に戻るなら、

きっかけができて、

戻りやすいですね。

 

食べなくてもいい人もいるかもしれませんが、

食べたいと思っている人も多いと思うので、

きっかけを作るにはいい方法ですね。

 

せっかくの美味しいご馳走残したらもったいないですもんね。

 

身の回りのことでも、

ちょっと考えるといい方法があるんだなと思いました。

ととまも、頭を使わなくっちゃ!

 

では、また