ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

ひゃ~!危うくガス欠に・・・ガス欠に保険会社のロードサービスがあるって知ってた?

こんにちは、ととまです。

 

ええ、本当はわかっていたんです。

そろそろ、ガソリンを入れなくてはいけないことを。

 

昨日の帰り道に、

とうとう最後の目盛りになってしまい、

明日(土曜)に行こうと思っていました。

 

ととまは、仕事帰りあちこち寄るのが超面倒なんです。

別に急いで家に帰らなくてもいいのだけれど。

車から降りたり、乗ったりが面倒くさくて。

どんだけ、面倒くさがりやねんって感じ。

 

できれば、用事は週末にまとめてやりたい主義なんです。

 

今日の朝、用があり車を運転していたら、

最後の一目盛りの色がオレンジに変わっていました。

昨日はブルーだったのに。

その、色が変わったことに、

心配になりましたが、

そのまま走っていました。

 

今度はガソリンのマークが出てきて、

給油をしなさい!というようなメッセージが・・・

 

そのマークが出てきたら、

急に不安になりました。

午後からでも、給油に行こうと思っていたけど、

今、すぐ行かなきゃ大変だ~!

 

車を運転するようになってかれこれ約30年。

給油のランプがついたのは初めてです。

余裕をこいてたら、

急に心配に。

「わかった、わかった、いますぐ行くから、よしよし」

と車をなだめて、

ガソリンスタンドへGO!

http://4.bp.blogspot.com/-TtaN079_UaI/VY4WgijX3yI/AAAAAAAAurE/SC4ecpEMRCs/s800/car_gasoline.png

 ガソリンをお腹いっぱいに入れてあげました。

しかし、ガソリンも灯油も値上がりしましたね~。

庶民のお財布にはきついです。

 

やれやれ、と帰ってきてからガス欠のことを調べてみました。

 

車は最後の一目盛りになった時大体5~10ℓ残っているらしい。

その残りの量に自分の車がリッター何キロ走るのか計算すれば、

大体の走れる距離はわかりますが、

ランプがついたらすぐに給油した方がいいですね。

 

いや、ランプがつく前に給油したほうがいいですね。

急に何があるかわからないですからね。

 

ガス欠してしまった時どんな対処法があるのか?

 

 

 

ハザードランプをつける  可能なら路肩に停める

周りの車にトラブルがあって動けないことを知らせるために、

ハザードランプをつけましょう

 

 

 

家族や友人に協力を求め、近くのガソリンスタンドまで押していく

MT車もAT車もギアをNにすれば、車を押していけることが出来る。

でも、交通量が多い道路は事故に巻き込まれる可能性があるので、

やめた方がいいです。

 

 

JAFに連絡

JAFは24時間対応してくれる(非会員でも対応してくれます)

 

参考までに、ガス欠した場合の費用(非会員)

日中は8230円  +ガソリン代

夜間は10290円 +ガソリン代

 

高速道路の場合は高速料金、エアー抜きが必要な場合はその料金もかかります。

ちなみに、会員の場合はガソリン代は実費で、

サービス代はかかりません。

 

JAFの会員になるには

入会金2000円(初年度のみ)

年会費4000円

何か宣伝しているみたいですが、

ととまは、JAFの回し者ではありませんよ!

 

正直な感想としては、

免許をとって約30年、

JAFを呼ぶような事態になったことはございませんので、

会員にならずに、何か起きたときに呼ぶという方で、

いいような気がしま~す。

 

 

4.保険会社に連絡

任意の保険会社には無料のロードサービスがついていることが多いです。

年に1回までサービスが無料の場合もあります。

ととまは、三井住友海上火災保険株式会社に加入していますが、

調べてみたら、

おくるまQQ隊というロードサービスがついていました。

なんと、年間1回までは無料と書かれてました。

 

自分の加入している保険にどんなサービスがついているのか、

再確認が必要ですね。

 

 

ガソリンスタンドの人や家族にガソリンを持ってきてもらう

 消防法でガソリンはポリタンクで運んではいけないきまりになっています。

ガソリンを運ぶには「ガソリン携行缶」でなければいけません。

このガソリン携行缶は10リットルで2000円~3000円位します。

ちょっと高い!って思いました。

 

 

余裕をもって、早め早めに満タンにしておいた方がいいなと、

改めて思いました。

 

夜中突然何かあって、出かけることもあるかもしれないし、

災害などで、避難しないといけない場合もあるかもしれないし。

 

今回のことで、ハラハラドキドキして、

反省した、ととまでした。

 

では、また