ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

新幹線スーツケース問題

こんにちは、ととまです。

 

新幹線に乗りました。

一週間位の荷物が入る大きなスーツケースを持って。

 

いつもは、2.3日用の小さめのスーツケースを持って行きます。

小さめのスーツケースは、新幹線の座席の上の荷物棚に入ります。

 

よく考えずに大きなスーツケースも入るだろうと軽く考えていました。

 

「よいしょっ!!」と、

友人と二人で持ち上げました。

 

ですが、入らないんですね・・・

 

ありゃ~!!?

 

今回は友人と乗ったので、

二人の足元に置きました。

 

二人だったので、

少し狭いものの、二人の間に置いたので、

何とか頑張ることができました。

 

もし一人で乗ったなら、

自分の足元に置くことになると、

かなり厳しいことになるでしょう。

 

座席の上に正座しなくてはならないでしょう・・・

それに、通路側に座っていたら、

窓側の人がトイレに行く度に、

スーツケースの大移動が始まります。

 

デッキには、ととまより大きなスーツケースが3つ、

横にして置いてありました。

 

一つは、公衆電話の前に置いてありました。

今は、ほとんどみんな携帯電話を持っており、

新幹線の公衆電話を使う人はいないかもしれませんが、

もし使う人がいたら、

手を伸ばしてダイヤルしなくてはならず、

かなり不便でしょう。

 

あと二つはデッキの通路に置いてありました。

歩くスペースはあるので、

車内販売のワゴンは通れます。

 

でも、そばに人はおらず、

盗難する危険性もありますね。

 

大きなスーツケースなので、誰かが持って行こうとしても?

すぐ気が付くかもしれませんが、

眠ってしまっていたら・・・大変です。

 

置く場所がないのかもしれませんが、

デッキや通路は迷惑です。

 

 

いつも、大きなスーツケースを使っている人なら、

準備万端にしていくんでしょうね。

 

今回足元に置き、

少し苦しい思いをしたので次回、

もし、

大きなスーツケースで出かけることがある場合は、

どうしたらいいのか考え調べてみました。

 

・新幹線によっては上の荷物棚に入るタイプのものもある

でも、女性一人で棚に上げるのは大変です。

うまく上げれず落としてしまったら、

下に座っている人にケガをさせてしまいます。

連れがいれば安心ですが、

一人の場合は誰かに手伝ってもらう方がいいと思います。

ととまは、小さいスーツケースでも、

やっとの思いで上げていました。

棚に入る新幹線か、

事前に問い合わせしておけばいいですね。

 

・車椅子対応座席を使う

新幹線には、車椅子対応の座席がある車両があります。

3列シートのうち1列分が空きスペースになっていて、

車椅子を置くことが出来るようになっています。

そのスペースが空いていれば、

スーツケースを置くことができます。

その座席をを予約しておけば、いいですね。

でも、車椅子の方が利用している可能性はありますね。

 

・グリーン車を利用する

グリーン車は足元が広く余裕があるので、

足元に置くことができます。

たまにグリーン車に乗り、

優雅な気分を味わうのもいいでかもしれませんね。

 

・最後部座席の後ろに置く

車両の中で、進行方向に向かって一番後ろの座席の後ろに空間があります。

あらかじめ、その座席を予約しておいておけば、

置くことができますね。

もし、自分が別の席を利用していて、

最後部の席の後ろに置きたい場合は、

その空間は最後部の席の方の、

リクライニング空間なので、

一声掛けることが必要だと思います。

 

 

飛行機みたいに手荷物以外の大きな荷物を、

預かってくれるシステムがあれがいいなあと思いました。

 

そしたら、安心して乗れるのにな~。

 

でも、飛行機と違い降りる場所がそれぞれ違うので、

間違えたりしたら大変ですね。

 

次回はちゃんと準備して、乗りたいと思います。

 

では、また