ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

離婚を防ぎうまくいっている夫婦に共通する3つのこと

こんにちは、ととまです。

 

この前ラジオでいい話をしていました。

離婚をせず、うまくいっている夫婦には共通する3つのことがあります。

共通する3つのことを聞いたら、なるほど!と思いました。

 

 

 

離婚を防ぎうまくいっている夫婦に共通する3つのこと

 

  

相手を加点法で見る

相手の嫌なところを見て、マイナスしていくのではなく、

いいところを見るようにして、加点法で 見ています。

「料理は下手だけど、掃除はきちんとしてくれる」

「家事は苦手だけど、自分の話をよく聞いてくれる」

おおらかな気持ちで相手のことを見ることができると、

幸福感が増します。

 

コミュニケーション・スキンシップの取り方がうまい

結婚して何年もたつと、スキンシップが少なくなりがちです。

手をつないだり、ハグをしたり、

お互いの体温を感じることでお互いの幸福感が増します。

幸福感を感じると、脳内からセロトニンという神経伝達物質が分泌されます。

 

セロトニンは精神の安定に非常に重要な物質です。

セロトニンが不足すると精神のバランスを崩しやすくなります。

パートナーとスキンシップを取ることで、

幸福感が増し、精神状態が安定します。

 

コミュニケーションの取り方がうまい夫婦は、

パートナーに自分の気持ちを包み隠さず話すことができます。

コミュニケーションがうまく取れるので、

お互いがお互いのことを理解してもらっていると感じています。

自分のことを理解してもらっていると感じると、安心感で満たされます。

 

パートナーとよく話をしたり、感謝の気持ちを伝えている

普段から話す習慣が少なかったり、

子育てに忙しかったりすると、いつの間にか会話が少なくなってしまいがちです。

また、長い期間一緒に生活していると、パートナーに関心がなくなってきて、

段々と会話が少なくなることもあります。

話す習慣が少なくなると、

いつのまにか話したいこともなくなってきます。

話すことが少なくなると、お互いの気持ちを理解することが難しくなります。

うまくいっている夫婦は普段からよく会話をして、お互いのことを理解しています。

 日常的になにかしてもらったら、

「ありがとう」

「助かるよ」 と感謝の言葉を伝えます。

感謝の言葉を伝えることでパートナーが喜びます。

パートナーが喜ぶと自分も嬉しくなります。

 

まとめ

今は3組に1組が離婚する時代です。

ととまもその1組です。

 

振り返ってみると、3つとも出来ていなかったな~。

お互いが出来ていませんでした・・・反省

もちろん離婚に至るにはそれだけではありませんが・・・

この3つがもう少しできていたら、何かが違っていたかもしれませんね。

 

もし、もし、今後再婚するようなことがあったら、

・毎日ハグします!

・ありがとうをいっぱい言います!

・たくさん話をします!

 

今となりにパートナーがいる人は振り返ってみて下さいね。

 

 こんな本もあります!! 読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

では、また