ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

突然の異動話 イヤな気持ちの切り替え方

 

こんにちは、ととまです。

 

会社勤めをしていると、異動がつきものです。

今の部署に飽き飽きしている人は、異動の知らせに「やった~!」と思うかもしれませんね。

でも、慣れ親しんだ部署から異動することを嫌だなあと思うと思う人もいるでしょう。

 

新しい部署に行くとき、不安より、期待の方が大きい人もいれば、

不安しかない人もいたり・・・

  

会社辞めようかな、とまで思い悩む人もいます。

 

✩どうして異動したくないのか・・・

1.今のところが居心地がいいから

今の部署が居心地がよく仕事も慣れていると離れたくありません。

人間関係も良好だとなおさらです。

でも、人間関係に関しては、あなたが異動しなくても他の人がいなくなったり、

新しい人が仲間入りしたり今のスタッフがそのまま、ということはありません。

あなたが異動してもしなくても、いずれ人間関係は変化していきます。

とすれば、今は良好な人間関係も変化してく可能性があります。

 

2. 新しい部署での仕事に慣れるまでのことが不安だから

新しい仕事に慣れるまで心配でしょうが、今の部署でも最初は不安だったでしょう。

でも、少しづつ慣れていったはずです。

今の慣れた状況で働くのはラクですが、新しい経験はあなたを磨きます。

努力している日々はあなたを成長させます。

仕事の幅ができ、苦労した経験は自分の財産になります。

苦労した人間の方が必ず、後には成功するのです。 

 ✩異動の話、それは突然だった

ととまにも異動の話がありました。

それは突然でした。

しかも全く違う部署です。

その時いた部署が好きだったし、人間関係も良好だったので、

正直異動したくありませんでした。

気が重かった~。

「異動したくないよ~!😢」

 

でも、辞めたいとかは思わなかったです。

ととまはシンママ、生活がかかっています。

 

 

www.totoma1125.com

 

✩ 移動してみたら・・・ととまの場合

新しい部署に行き最初は緊張していました。

全く違う部署なので、わからないことだらけでした。

一生懸命やっているうちに月日が流れ、段々と慣れてきました。

周りの人はいい人が多く、ととまのことを心配してくれたり、

気にかけてくれました。

人間関係って大事ですね。

 

異動する前は気が進まなかったのに、いざ、行ってみたら自分に合っていました。

前の部署よりもやりがいや勉強になることが多くを感じて、

今では異動してきてよかった~!

と心から思っています。

 

✩まとめ

1.気が進まない異動でも、とりあえず行ってみる

2.今の部署より自分に合っている可能性がある

3.人間関係が今よりいい可能性もある

4.とりあえず流れにのってみる

4.辞めるのはそのあとでもいい

 

出会うべく人には出会うべくして出会います。

職場もそうです。

 

異動の話は気が進まなくても、いい転機かもしれませんし、

流れにのってみるのもいいですよ。

 

 

 

 異動に悩むときにピッタリの本です。

とても、読みやすい本です!

おすすめです!!

 

「置かれた場所で咲きなさい」

   ↓ 

 では、また