ととまway

人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!!

3度の手術を経て子宮・卵巣全摘出 ホルモン療法の現在まで~1回目の手術~

 

こんにちは、ととまです。

 

私は子宮も卵巣もありません。

今までに婦人科の手術は3回受けました。

でも、元気に暮らしています。

 

 突然の痛み・・・

 

最初の手術は28歳の時でした。

28歳の時、突然下腹部に強烈な痛みがありました。

すぐ婦人科を受診しました。

いろいろ検査して、診断名は・・・チョコレート嚢胞でした。

 

 

 

チョコレート嚢胞とは・・・

 

卵巣に病巣を形成した子宮内膜症がすすむと、卵巣内に嚢胞を形成します。

この嚢胞内に月経の出血を繰り返すことにより、

古い血液がたまったものをチョコレート嚢胞といいます。

 

子宮内膜症とは、本来子宮の内面を覆っている子宮内膜症と同様の組織が、

子宮の内面以外にできる病気です。

 

子宮内膜症は不妊の原因になることもあります。

 

月経痛がひどい人、毎月鎮痛剤を飲まなくてはならない人は要注意です。

月経痛がひどい人は、月経痛がない人に比べると、約2.6倍子宮内膜症になりやすいです。

チョコレート嚢胞の9割は良性ですが、まれにがん化することもあります。

 

 

 

初めての手術

 

私は両方の卵巣にチョコレート嚢胞ができていました。

様子みていい大きさではなく、すぐ手術が必要との診断でした。

 

手術というのは、初めての経験です。

 

このころ私は、まだ看護の道に進んでいませんでした。

看護師になりたい、と思いながら一度諦めていた時期でした。

 

 

www.totoma1125.com

 

手術の前の夜に看護師さんが部屋にきて、

「何か心配なことはないですか?」と言ったのです。

 

看護師さんていつも忙しく働いていますが、この時の看護師さんはゆっくりした雰囲気でした。

私は、麻酔のことを質問し、その質問に答えてくれてました。

「ほかに心配なこととかありませんか?ちょっとしたことでも 何でもいいんですよ」と、穏やかな笑顔で言ってくれました。

 

私はいくつか不安に思っていることを質問しました。

看護師さんが、笑顔でゆっくり話を聞いてくれて、私はとても落ち着いた気持ちになりました。

その日はゆっくり眠ることができました。

 

看護師になった今でもあの時の看護師さんの神対応が心の中に強く刻まれています。

 

当たり前の、マニュアル通りの対応なのかもしれませんが、

「どんな小さなことでも話していいんだよ」という雰囲気、

ゆっくりした時間を確保されてる印象、

穏やかな笑顔、

素晴らしい!看護師の鏡!

 

あの時の看護師さんありがとう!

 

 

婦人科の手術は腹部に縦に開腹することが多いです。

当時20代の女性だったので先生は気を遣ってくれて?縦には切らず、

下着に隠れる腹部の下の方を横に切って手術しました。

私が頼んだわけではありませんよ。

 

医者「傷は見えないからビキニ着ても大丈夫だよ」

 

私「は~い、ありがとうございます!!」

 

 

ですが残念ながら、ビキニ・・・その後もその前も着ることはなかったです・・・

 

手術は全身麻酔で両方の卵巣に形成されたチョコレート嚢胞だけを取る手術を受けました。

卵巣は二つともそのままです。

 

もう20年以上前のことで細かいことは忘れていますが、手術が終わった日は吐き気で吐くものがなくても吐いていました。

夜が長かったことを覚えています。

 

チョコレート嚢胞は再発率が高いです。

その後またチョコレート嚢胞が出来てきて、生理を止める注射の治療を何度か受けました。

しかし、注射で生理を止めている間はいいのですが、注射の治療が終わると、

また徐々にチョコレート嚢胞は大きくなってきていました。

 

でも、手術するほどではなく経過観察でした。

 

生理痛はありましたが体の不調はあまりなく、元気に暮らしていました。

 

つづく・・・

 

では、また