Windows11の初期設定は難しいと繰り返す店員さんに思うこと

先日、某大手電機店に行きました。

息子がパソコンを買うためで、私もついていきました。

初期設定は難しい

パソコンはすんなり決まりました。

決めたのはwindows11。

海外のメーカーのものです。

 

店員さんと話しているうちに、設定の話になりました。

初期設定が難しいというのです。

以前のWindowsならほとんどの人が何とかできていたけど、Windows11はかなり難しいと繰り返します。

それに、設定の仕方を書いた説明書みたいなものはないらしいのです。

パソコンを買ったら設定をしないと使えないでしょ。

その設定の説明がないのって不親切だと思いませんか?

 

パソコンに詳しい人はできるけど、それほど詳しくない人にはかなり難しい…

こんな説明を何度も聞くうちに自分たちで設定するのは無理な気がしてきました。

なので、店員さんが勧めるセットアップのサービスを申し込むことにしました。

 

しかし、このセットアップのサービス結構お高い。

ランクがありますが、4~7万円くらいかかります。

これはほぼ手数料ですよね。

高くてびっくりです。

でも、自分でできないかも?

と不安になり時間と手間をお金で買うつもりで申し込みました。

どっちが親切?

・忙しい人

・パソコンに詳しくない人

このような人にはとってもいいサービスだと思うのですが、ちょっと頑張ればできる人もいると思うのです。

それなのに、説明書がないというのは不親切な気もしてきます。

ペーパーレスの時代ですが、動画などで説明してもいいと思うのです。

 

パソコンのメーカーは販売すればあとは自力でどうぞ…

という感じなのでしょうか?

パソコンは高い買い物なので、買った人がちゃんと使えるようにセットアップの案内もあってもいいと思うのですが。

 

高いパソコンに高い初期設定料…

思っていたよりも出費がかさみました。

電機店でのセットアップのサービスはありがたいですが、どこか弱みにつけこんでいる印象がぬぐえません。

できないなら仕方ないでしょ…

そんな声が聞こえてきそうですが。

 

ちょっと頑張ればできる人には電機店のサポートよりも、説明書などの案内だと思うのですが。

 

店員さんはスムーズにパソコンを使えるように好意で心配してくれたのかもしれません。

でも、初期設定の説明書のないパソコン会社、セットアップサービスを勧める店員さん…

なんかしっくりきませんでした。

 

 

  ブログ村ランキングに参加しています。ポチっと応援してもらえたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村