カレーメシから教わったことは「常識を疑え!」そして、おやつは手作りババロア♡

ババロアが食べたい!

と数日前から思っていました。

あの、もったりとした食感と甘さを体は求めているようです。

定年したら水ようかん屋さん

ババロアの材料は以下の通り…

・生クリーム

・牛乳

・卵

・砂糖

・ゼライス

 

生クリームはカロリーがお高い。

無駄な抵抗かもしれませんが低脂肪のものをチョイス♪

前の晩に作っておいて、冷蔵庫へ。

早く固まらないかな~

と思いながら翌日の楽しみにしてワクワクしながら眠りにつきました。

 

翌日、朝冷蔵庫へ…

ちゃんと固まってました。

午後のおやつタイムに大好きなコーヒーと共にいただきました。

 

ババロアとコーヒー



とっても美味しい!

私って天才?

と思うほどおいしくできました。

 

息子も甘いものが好きなので、食べた反応もいい感じ。

ババロアって最高。

私はプリンより好きです。

あのもっさり、もったりした感じが素敵。

 

こんな風に食べたいものを作って美味しくいただく生活がとっても幸せです。

ちなみに水ようかんも得意です(自慢)。

 

子どもが小さい頃からよく作っていたので、

お母さん水ようかん屋さんやったら?

と言われる程です。

定年したら水ようかん屋さんしようかな…笑

常識を疑え

ハヤシメシ

 

ちょっと前にカレーメシを食べてみました。

んっ!!なかなか美味しい!

カップラーメンのように汁がなくてドロドロしている状態です。

 

これはハヤシメシです⇩

カレーメシをスプーンにのせているところ

 

カレーライスは食べるときに最初からご飯とカレーを混ぜてしまうと、

見た目が綺麗じゃないし、

何となく周りからひかれてしまうような…?

 

でもカレーメシは最初にぐるぐると混ぜなくてはなりません。

ぐるぐると。

だから最初からご飯もカレーも混ざり合っています。

それがなんとも美しい。

 

不思議ですよね。

お皿で食べるカレーは混ぜたらなんとなく汚いイメージがあるのに、

カレーメシは混ざっていて美しい。

この差は何なんでしょう?

 

カレーは食べる前に混ぜないものという常識のようなものがあるのかも?

でも、何か新しいモノを売る出す時は、常識と思われるものをいったん無視することも必要です。

頭を柔らかくして柔軟な発想ができないとヒット商品は生み出せないのだと思います。

 

カレーメシは最初から混ぜるタイプだからこそおいしいのです。

カレーメシで発想は柔軟に!

ということを教わりました。

 

常識では…

普通は…

 

という言葉はよく使われていると思います。

でも…

 

常識って誰が決めるの?

普通って誰にとっての普通なの?

 

そんな誰が決めたのか誰の基準なのか曖昧な言葉を簡単に使うのは嫌いです。

とすればカレーライスも皿の上で混ぜ混ぜして食べるのも個人の自由ははず。

と思いました。

で、どっちがお好き?

カレーメシがおいしかったので、すぐにまた買って食べました。

そして、今回はハヤシメシを買ってみました。

 

昼ご飯にハヤシメシ♪

食べてみたら、ハヤシもおいしい。

 

でも、私はわずかな差でカレーメシの方が好きな感じ。

わずかな差です。

かなり接戦でした。

 

おいしいカレーメシに

カレーメシに常識を疑え!と教えてもらいました。

 

  ブログ村ランキングに参加しています。ポチっと応援してもらえたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村