[看護師]いじめられて辛く苦しいあなた いつまでそんな職場で我慢するつもりですか?

年賀状は10年後どうなっているのかな?

こんにちは、ととまです。

今年もそろそろ、年賀状の用意をする季節ですね。

ととまが、小さい時は年賀状は印刷するか、手書きでした。

そのうち、「プリントごっこ」というものが流行り、

手作りで年賀ハガキを印刷する時代もありました。

「プリントごっご」って知らない人多いでしょうね。

たしか、昭和60年頃流行ってたような?

そのうち、自宅のパソコンでも簡単に印刷できるCD?DVD?が、

本について売られるようになってするようになって、

家で作ってた人も多くなりました。

http://1.bp.blogspot.com/-Cfb0kecZndM/Uyk_NP3oESI/AAAAAAAAeNs/sFxyJrF-Qks/s800/printer_woman.png

最近年賀状離れが進んでいますね。

ととまも、年々出す枚数が少なくなってきています。

年をとって亡くなった親戚がいたり、いつの間にか疎遠になってしまっていたり。

親しい友達なら、lineやメールで挨拶することが増えてきました。

lineはカラフルなスタンプを押したりして、送る方ももらう方も楽しいですね。

40代のととまは、年賀状は少ない枚数ですが、まだ出す習慣がありますが、

20代位の若者はきっと出す習慣がほとんどないでしょうね。

結婚して、家族、親戚が増えた人は仕方なく?何枚かは出すのでしょうけど。

さて、ハガキの値段ですが、

普通のハガキが今年値上がりして62円になりました。

年賀ハガキは52円です。

この値段の差は何なんでしょう?

会社間でも年賀状はまだ使われていますが、会社間でもこれからは

メールなどの方法にかわっていくような気がします。

5年後、今よりきっと出す人が少なくなるのでしょうね。

そして、10年後にはどうなっているのでしょう。

最近は文字を書くという習慣が少なくなりましたね。

手紙を書くということが少なくなくなりました。

ととまが、小学生の頃は文通というのが流行っていました。

文通 知っていますか?

遠く離れた顔も知らない人とと手紙のやり取りをすることです。

手紙を書いては返事がくるのを楽しみに待っていました。

郵便屋さんがくるのを心待ちにしていました。

郵便屋さんが、通り過ぎると「今日は来なかったか~」と残念に思ったものでした。

今みたいになんでもすぐ連絡がつかない時代だったので、

待つ楽しみがあったようなきがします。

懐かしいです。

今は、line、メールでどんなに離れた人にも一瞬で送ることができます。

そして、相手が見たのかどうかもすぐにわかります。

便利ですね。

今、家の固定電話を使う人が少なくなってきているのと同じように、

年賀状で年賀の挨拶をするという習慣が代わってきているんですね。

残念ですが、時代はそうやって代わっていくんですね。

年賀状離れが進んできている理由は

・手紙を書く習慣が少なくなってきている

・lineやメールなどの方が楽しく気軽にできる

・lineやメールは無料でできる

・lineやメールは相手の住所を聞かなくても気軽にできる

・年賀状にあまり魅力を感じなくなっている

10年後、年賀状は生き残っているでしょうか?

では、また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です