私のプロフィールはこちら

看護師辞めたいと思ってるあなたへ 大丈夫働く場所は他にもあるよ

パンツルックの女性看護師さんのイラスト

こんにちは~遅咲きのひまわり、ととまです。

 

看護師の仕事は三交代や二交代など交代制が多く、忙しすぎる現場、定時で帰ることなんてほとんどありません。そんな中必死で頑張ってるうち疲れてしまい辞めたくなることもあります。

人間関係が良好ならまだいいですが、あまり良くない場合その職場で頑張る意味がなくなってきます。

 

わたしは看護師ですが今までいろんな職場で働いてきました。看護師という仕事は大きな総合病院だけではなく、他にもいろんな所で働くことができ、そしてそれぞれに違ったやりがいがあることがわかりました。

もし、あなたが看護師を辞めてしまいたいと悩んでいるのなら、働く場所は他にもあります。

ちょっと視野を広げて欲しいな。

 

わたしは職場でいじめにあい辞めたことがあります。その時のことを書いた記事です⇩

参考記事 「こんな職場やめてやる!私物を少し持ち帰りある日突然「辞めます」と電話した話」

 

看護師が働く場所ってどこがあるの?

 

有料老人ホームなどの介護福祉施設

入所している高齢者の投薬や健康管理が主な仕事です。どちらかというと生活の場なので、ゆったりとした雰囲気です。

積極的な治療の場ではなく病状が悪化すると大きな病院に入院します。治療というより生活の場の対処といった感じです。

 

保育園・乳児園

0歳児の人数によって、看護師を配置しなくてはいけない決まりになっています。園児の健康状態の管理、ケガや具合が悪くなった時の対応などをおこないます。

仕事の内容としては、保育士と同じく子どもの世話をします。子どもが好きな人にはいい職場でしょう。

わたしは学生の頃保育所実習がありました。いつも元気な子どもたちと過ごし仕事もいいなあと思ったこともありました。命の現場ではないので生死にかかわることはありません。

 

献血車、献血ルーム

献血の仕事です。健康な人がきて、献血するとすぐ帰るので深いかかわりはないです。注射の得意な人はいいでしょう。

 

デイサービス

高齢者が通所してきます。血圧を測ったり、投薬したり、レクレーション的な行事も多いです。デイサービスには看護師が一人か二人なので、頼りにされます。

 

訪問看護、訪問入浴などの訪問系

わたしは、訪問看護で働いていたことがありますが在宅は病院とは違ったやりがいがあります。利用者だけでなく家族とのコミュニケーションも求められます。

高齢化率の上昇、病床数の削減などによりこれからは在宅の時代です。

一人で判断しなくてはならないことが多いので、経験の浅い新人ナースは不安を感じるかもしれませんが、新人ナースでも働けるようにサポートしてくれる体制になりつつあります。

わたしは病棟にいるときよりも訪問看護のほうが利用者、家族の支えになれていると感じ、やりがいを感じていました。

 

健康診断、人間ドックなど

検査の介助やデータの入力など。生死にかかわることがないので、プレッシャーを感じることは少ないです。

 

ツアーナース

旅行などに同行して、ツアー参加者の健康管理をするものです。単発的なアルバイトが多いです。

 

企業の医務室

職員の健康診断や健康相談や、応急処置、職員の健康促進に関する業務をおこないます。

 

児童福祉施設

子ども達の疾病予防のために、健康だよりを発行したり、施設内の衛生管理をおこないます。薬の管理、病院への付き添い、ケガの手当などもあります。

様々な面から子どもをサポートしていきます。

 

治験コーディネーター

治験に関わる仕事です。患者さんに治験の内容を説明し、不安や心的負担軽減を図ります。治験者を身体的にも精神的にもサポートする仕事です。

 

 

これ以外にも働ける場所はあります。

今の職場が辛くて辞めたいほど悩んでいるのなら、他にも働ける場所はありますよ。

迷った時の選択肢の一つになれば嬉しいです。

わたしが現在働きやすい職場に巡りあいました⇩

参考記事 「転職を繰り返してわかった、本当に働きやすい職場とは」

 

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です