私のプロフィールはこちら

シンママです!部屋数がたりません!居間を私の部屋にしたとき工夫したことは・・・

家・建物のイラスト「1階建て一軒家」

私の住んでいる家は、マッチ箱みたいな小さな家です。

小さいので移動が、超ラクです。小さい家もいいものです。家があるだけでも感謝です。

子どもたちの部屋が欲しくなった

子ども達が中学生になった頃、それぞれの部屋が欲しくなってきました。

そんなお年頃ですもんね~。

私の家は、

6畳の台所

8畳の居間

6畳の和室

6畳の洋室です。

家族は、私と二人の子どもと住んでいました。

 

こちらも見てね ⇩

「離婚して10年経ちました後悔したことは・・・」

 

部屋についてですが、最初は6畳の洋室を長男が使っていました。

そして、6畳の和室を区切って、私と二男が使っていました。

でも、二男にだけ個室がないのも不公平ですよね。そこで、どうしようかな~と考えました。

思春期の男の子なので、二人を同じ部屋にすることは考えませんでした。

ずっと家にいるのかはわからないし、増築することは、考えませんでした。

もちろん、シングルマザーにはそんな余裕はないし・・・ね。

う~ん!?

どうしようか~!?

 よし!居間を私の部屋にしよう・・・

そして、出した答えは・・・

8畳の居間を、私の部屋風にして、二男が6畳の和室を使うことにしました。

居間は普段は居間なので、みんな出入りします。

工夫したのは、居間に伸び縮みできるベットを置いたことです。

普段は椅子になっていますが、引き出しみたいに、引っ張るとベットになるのです。

こんな感じです ⇩

 

普段はベットにして布団を敷いておきます。

来客があるときは、布団をしまってソファー(椅子)にしておきます。ソファー(椅子)にしているときも、シンプルでおしゃれです。

わたしの使い方とは逆に、普段はソファー(椅子)として使って、友達が来た時だけ、ベットにするのもいいですね。

子ども達は居間で過ごすこともあるし、完全に私の部屋です!って訳にはいかないけど、これで何とか2年位生活していました。

ラッキーなこと・・・

その1.台所にテーブルがありそこでご飯を食べるスペースがあったこと。

その2.台所には居間から出入りしなくても、もう一つ廊下側から入り口があった。

 

私が寝る時間になると、(私が一番寝るのが早かった)息子たちが台所に用があるときは、廊下側の入り口から出入りしていました。

台所の電気をつけると明るいから、シンク上の小さい灯りだけにしたり、お互い気を使い生活していました。限りある部屋でうまく生活することができたと思います。

前に、テレビの番組で言っていました。日本人は子ども中心の生活で、家を建てる時は子どもを第一に考える。そのため、子ども部屋をしっかり作る。

じつは、子どもがいる時期は限りがあって、そのあと夫婦の生活が長いので、それも考えて間取りを考えた方がいい。

欧米では、どちらかというと子どものことよりも、夫婦の長い生活の方を、考えて家を作るそうだ。

なるほど!と思った。

「日本では子どもが生まれると、子ども中心の生活になり、子どものパパ、子どものママ、となりいつの間にか異性として見なくなってしまっている。欧米では、結婚しても子どもより、パートナーとの関係を大事にしている」

と言っていた。

子どもは大事な存在ですが、いつの間にかパートナーのことは二の次になっている可能性も、あるのかもしれませんね。

欧米の夫婦って子どもの前でもイチャイチャしていて、仲がいいですよね。

あと、こんなことも言っていました。

「子どもにあまりいい環境を作らない方がいい!」と。

個室、鍵付き、エアコン完備、部屋が快適で居心地が良すぎると部屋にこもり、家族のいる居間にはこなくなり部屋で何をしているのか、わからなくなってくるようです。

むしろ、あまり快適でない位な方がいいそうです。

自分にとって居心地のいい家、部屋は働くようになってからでもいいようですよ~。

購入はこちらからどうぞ!セミダブルサイズもあります!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です