いじめがある職場に未来はない!今すぐやめた方がいい理由[看護師いじめ]

[看護師」どうしても深夜の巡回が怖い場合の解決策 

頑張るポーズをしている看護師

看護師の仕事は、2交代や3交代の勤務が多く、夜勤がつきものです。深夜の巡回があり、患者さんの様子を見て回ります。

でも、実は看護師でも、幽霊が怖い、霊感がある・・・など夜勤が苦手な人もいます。

人間だもの、いろんな人がいます。霊的なものが怖くて夜勤に抵抗にある人はいます。実は、わたしは新人の頃、深夜の巡回が怖くて仕方がありませんでした。段々と慣れていきましたが。

あなたが、夜間の巡回が怖い!夜勤が苦手と感じているのなら、なにも無理をする必要はありません。看護師の仕事はほかにもたくさんあります。夜勤のない職場への転職も視野にいれましょう。

 

深夜廊下を歩くとしたらそれは幽霊

不気味な部屋

わたしは深夜の巡回がとても怖かったのです。なのにナースになったのです・・・。

ちなみに、霊感はまったくの0(ゼロ)幽霊は見たことなし。変な雰囲気も感じたことなし。金縛りなし。でも、でも・・・怖いんです!!

総合病院などの大きい病院は夜でも、廊下は深夜でも明るいですね。

でも、その時、わたしが働いていた病院は、療養型病床といってほとんど寝たきりの方達ばかりの病棟でした。廊下を歩く人なんて、ほとんどいません。みんな、寝たきりです。

昼は車いすに乗り、移動する人はいても、夜は廊下を歩く患者さんは誰一人もいません。

歩いてる人がいたら、それは職員か、幽霊です・・・(゚д゚)!

 

 

 

歩く患者さんはいないので、夜は廊下を明るくする必要がない

暗い廊下

夜間歩く患者さんはいないので、廊下を明るくする必要がありません。

歩く人もいませんし、ゆっくり休んでもらうために、消灯時間になると廊下の電気は消す!という病院の決まりです。

 

その病棟はずーっとまっすぐに長~い病棟でした。

ナースは点滴の交換やら、巡回で、奥の部屋にも行かなくてはいけません。当たり前ですが・・・

 

そんな時、奥の部屋に向かっていくのは、まだいいのですが、帰りが怖いのです。

「行きはよいよい、帰りはこわい~♪」です。不思議な感じなんですが、背中を向けたらダメなんです。

視界の隅にちょっと後ろも見える感じで、やや斜め歩きをして、ナースステーションに戻っていました。

ちょっとカニのようだったかもしれません。

 

深夜の巡回が怖いわたしのとった解決策

灯りがともっている電球

夜間の巡回時に廊下の電気をつけた

大人になると、幽霊が怖いとは言えなくなりますよね。ましてそこは病院というピリピリした現場。

でも・・・・やっぱり深夜の巡回は苦手。

わたしは新人の頃、霊感がないにもかかわらず巡回が怖かったのです。看護師になれば夜勤は当たり前のことで、働く前は自分が巡回に恐怖を感じるようになることを想像していませんでした。

だって、霊感はなくそれまで幽霊はみたことがなかったので。

でも、実際働いてみると深夜の巡回が怖くて、でもそんなことをなかなか周りの人には言えません。周りの先輩は全く巡回が怖い素振りはありません。そりゃそうですよね。

わたしは夜勤の深夜の巡回の時、廊下の電気をつけることにしました。

電気をつけるようになってからは怖い気持ちがかなりなくなりました。そうこうしているうち夜勤の巡回も慣れていきました。慣れていくと、電気をつけなくてもよくなりました。

慣れてよかったよ・・・(*^_^*)

でも、その電気作戦も夜勤のメンバーに寄りけりでした。電気をつけられない日は頑張って巡回してましたよ。

 

心の中で明るい歌を歌った

巡回に行くときは明るい元気がでる歌を心の中で歌っていました。

夜は患者さんはみんな寝ているので声は出せませんでしたが、心の中で歌うのも効果がありました。

 

怖さを感じるのは病棟の作りにもよる

病院のベット

わたしはこれまで看護の仕事を何度も転職しています。

特養で働いていた時は、深夜に病状が悪化した利用者さんがいて呼ばたことがありますが、廊下が暗くても奥の部屋まで行く時怖さを感じることはありませんでした。

また、別の病院では夜勤の巡回はまったく怖くありませんでした。怖いと思ったのはその病院だけでした。

それは慣れもあるのかもしれませんが、病棟や施設の作りにも関係しているように思います。

わたしが巡回を怖いと感じていた病棟は、まっすぐに長い作りになっていました。奥の部屋までいくとナースステーションがとっても遠いのです。

そして、反対側は病室の先は会議室などあり、やたら奥が長いのです。夜間は会議室などを使う人はいませんが、ずっと先まで廊下が続いていて、そして、真っ暗・・・これは怖いでしょう!

わたしの場合まっすぐに長い廊下がダメだったようです。

就職試験の時に病棟を見学させてもらおう

病院の廊下

自分が実際どんな病棟で働くのか見学することをお勧めします。

それは病棟で働くスタッフの雰囲気や職場の雰囲気を感じることができますし、病棟の作りを見ることができるからです。

働いてから、巡回が怖いんです、とはなかなか言えません。

人間だもの、いろんな人がいて当然です。霊が怖いので夜勤はやりたくないと思っているナースはいるのです。

夜勤のある病院だけがナースの働く場所ではありません。

 

こちらの記事では、ナースの働く場所について詳しく紹介しています⇩⇩⇩

おわりに

白い花

あなたも、わたしのように深夜の巡回が怖いと思っているなら、巡回の時に可能なら電気をつけてみたり、心の中で明るい歌を歌ってみましょう。

段々と慣れていく場合もあります。わたしは段々と慣れていきました。

わたしも、段々と先輩になっていきましたが、巡回が怖いんです!っていいう新人ナースはいませんでしたが、でも、霊感が強いナースはいました。そのナースは何か感じるそうです。

わたしは、霊感がなくてよかった~。

あなたがどうしても巡回になれないようなら、夜勤のない病院に転職する方法もあります

夜勤のある仕事だけが看護師の仕事ではありません!看護師の仕事はほかにも働く場所がたくさんあるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です