私のプロフィールはこちら

貧乏でも看護師になれたのは奨学金のおかげ おススメの奨学金を紹介

貧乏な家族のイラスト

こんにちは、ととまです。

私は33歳で看護学校に入学しました。

夫、子どもがいて看護学校に入学するのは、簡単ではありませんでした。

二人で働かないと生活が苦しくて、貯金もなかったので、学費を捻出するのは至難の業でした。

とことんリサーチ

看護師になりたいと決心してから私は進学したい看護学校に何度も電話をしました。

どうして電話をしたのかというと、知りたいことがたくさんあったから。

授業料のこと。

授業時間のこと。

実習のこと。

奨学金のこと。

他にも知りたいことがあれば、電話していました。やりたい気持ちだけでは、進学できません。子持ちのママがやっていけるのか、経済的なこともじっくり考えました。

そして、奨学金を借りるとなんとかなりそうだったので受験することにしました。

 

私が看護学校に行くために借りた奨学金

県の奨学金

看護師になることを支援するための奨学金です。

看護学校を卒業後、県内に就職し、ある一定の条件を満たす病院に勤めたら、返済は免除されます。

総合病院などの大きな病院に就職した場合は残念ながら返済しなくてはなりません。それ以外の病院や、施設などに就職した場合は返済は免除されます。

地域で、地域の方のための病院で働く人のための奨学金です。

私は准看護学校の2年間とその後の正看護学校の3年間の計5年間借りていました。

 

県の奨学金の額

准看護学校の2年間、月20,000円です。

20、000×24か月=480,000円

2年間で480,000円借りました。

 

正看護学校の3年間、月33,000円です。

33,000×36か月=1188,000円。

3年間で1188,000円借りました。

 

5年間ではトータルで約1668,000円借りたことになります。

 

これは、借りた年数分、条件を満たす病院で働くと返済は免除されます。

准看護学校の2年間、正看護学校の3年間ですので、

看護学校を卒業後計5年間働くと返済しなくていいのです。

 

とてもお得な奨学金です。でも、お得な分借りたい人は多かったです。人数に制限があったので、応募者が多数いた場合は経済状況で学校側で選考していました。

ですが、この奨学金は卒業してから大きな病院でバリバリ働きたい人には不向きです。

大きな病院だと返済しないといけないからです。中規模の病院だと返済は免除されます。

 

返済が必要か免除になるかの決まりは、入院が何床あるかという基準で決められていました。

詳しい書類がもう残っていないので、残念ながら今はっきり書けません。

 

私のクラスでは、最初から大きな病院で働きたい人はその奨学金は借りずに、別の奨学金を借りていました。

最初、県の奨学金を借りて卒業後、返済免除病院で働いて全額返済免除になってから、大きな病院に転職した人もいました。

 

また、転職する際も注意が必要です。

転職先が返済免除の対象の病院なのかを調べないといけません。免除の病院でない場合、返済しなくてはならなくなります。返済を覚悟の上、転職する人もいました。

でも、一度免除対象外の病院に転職して、返済がスタートしたとします。その後、その職場が合わなくて辞めてしまったとします。

そして、再度返済免除対象の病院に就職したとしても、一度返済決定になったものはもう変更はできず返済はしなくてはなりません。

返済免除になるまでの5年間は注意が必要でした。不明な点は県に問い合わせしていました。

 

今は、もう返済免除になったので転職は自由です。私は卒業後条件を満たす病院で働いたので、約170万のお金を出していただいたことになります。

すごい大きな額ですよね。そのお金のおかげで、進学できました。

県の奨学金ありがとう!!

その他にも奨学金があります。

併用できないものもあるので、注意が必要です。

 

その他に看護学校に行くために利用できる奨学金

日本学生支援機構(旧育英会)

無利子と利子ありがあります。

この奨学金を借りていた人もいました。返済必要な奨学金です。

 

詳しくはこちら ⇩

日本学生支援機構 をご覧ください。

 

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

銀行の教育ローンより金利は低めです。

 

詳しくはこちらをご覧ください ⇩

日本政策金融公庫

 

銀行の教育ローン

 

市町村の支援

市町村には母子家庭の為の資格取得のための援助があります。

資格を取得する為の進学の援助など、便利なものもあります。

 

病院独自の奨学金

病院の中には人材確保の為に卒業後その病院で働くことを条件に、奨学金を出してくれるところもあります。

やはり、返済免除になるには決められた期間その病院で働く必要があります。卒業後は看護師として働くのですから、病院の奨学金を借りるのもいい方法です。

ずっと、その病院で働くという方法もありますし、一定期間勤務して返済免除になってから転職するという方法もあるのですから。

とりあえず、利用するのもいいと思います。

 

こちらも見てね ⇩

「33歳で看護学校にに入学 夢を実現させるために必要なこと」

まとめ

看護師になるには奨学金の制度が充実しています。

看護師になりたくても経済的に無理かも?と思っても調べてみると方法があります。

病院の奨学金を借りて資格を取り、返済免除になる病院に勤めて、その後転職することもできます。

 

資格を取れたら求人はたくさんあるので、仕事に困ることはないでしょう。自分にあう条件かどうかは別にして・・・

奨学金があったから、私は看護師になることができました。貯金がなかったけど何とかなりました。

 

今進学しようと思いながら、経済的に困難な人がいたらいろんな奨学金があるので、あきらめないでほしいな。

参考になればいいな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です