私のプロフィールはこちら

あなたは「自分の本当の思い」に正直に生きていますか?

 

こんにちは~遅咲きのひまわり、ととまです。

先日ふと立ち寄ったコンビニで、気になるタイトルの本を見つけて、

すぐ手に取って見てみました。

そのタイトルは・・・

「45歳からの心の整理術」

私50歳です!

はい!心を整理したいですっ!!

部屋だって散らかっているより、整理整頓できていたほうが子持ちいいし、スッキリします。

心だって整理整頓せねば!!

私はこの手の本が好きです。

ペラペラめくってみたら、共感できることがたくさん書かれていて。

すぐレジに向かっていました。

これください!

帰ってきてゆっくり読み始めました。

まだ、途中です。

19人の方が心の整理術について書かれています。

今日は私が「そうだ!!」と思ったところを紹介します。

心理カウンセラーの心屋仁之助氏が「自分を変える5つの習慣」について書かれています。

自分を変える5つの習慣は

1.口癖を変える

2.人に甘える

3.ダメな自分を隠さない

4.「いい人」をやめる

5.堂々と好きという

4の「いい人」をやめる、に共感しました。

いい人をやめる、というのは自分の「本当の思い」をごまかさない

本当は嫌なこと、やりたくないことも頼まれれば「いや」と言わず、相手の「お気に入り」になろうとしてないですか?

でも、あなたの「本当の思い」はどこに行ってしまうのでしょう。

「いい人」が「いい人」をやめるには最初の勇気が必要です。

「45歳からの心の整理術」17ページより引用

私は以前は周りの人に合わせることをしていました。

私の職場は行事が多く、その行事に全部参加するのはなかなか大変です。

忘年会の二次会だって今ははっきりお断りできるけど、以前は断れなっかのです。

「社内の行事は参加するべきよ!」という人がいてなかなか「行きません」と言えなかったのです。

なにも、全部参加しなくても行きたいものに参加すればいいのです。

強制ではないのですから。

www.totoma1125.com

渋々行くことにしていましたが、心の奥で何かがモヤモヤしている気持ちに気がついていました。

このモヤモヤした気持ちに「本当の思い」が隠れていたんですね。

「本当は行きたくない」これが、「本当の思い」です。

そして、思い切って「行きません」と断ってみました。

「どうして」「行こうよ」と言われましたが、お断り。

私はその時「いい人」をやめたのです。

「いい人」をやめて気がついたことがあります。

自分に自信が持てます。

自分が好きになります。

スッキリします。

気持ちがいいです。

全ての行事を断っているわけではありません。

気が進まないものは行かないだけです。

行事だけではなく、日常のいろんなことに対しても自分の本当の思いを大切にするようになりました。

この本を見て、私はあの時自分の「本当の思い」を大切にしたことに気がつきました。

今は嫌われてもいいとさえ思います。

そう思うと人って強いですね。

みんなから好かれようとは思いません。

あなたも、「本当の思い」に耳を傾けてくださいね。

「そうだ!!」と思ったところを、また紹介しますね。

では、また




2 Comments

konma08

またこんにちは。とと姉さん。
まさしく「NO」といえない日本人なんですよね。
「断る」と「わがまま」の線引きが曖昧といいますか。
自分に素直に生きるといいますか。
自分の首を絞める気づかいは苦労しますからね。
私も外面のいい自分はどうでも良くなりました。
家族といる時に笑ってられるように。
※でもブログ面は善人ぶってますが(^v^)

返信する
totoma1125

嫌われる勇気が持てたとき、気持ちがすっと楽になって「NO」と言えるようになりました。
KONさんブログでは温かいいい人な印象です。人懐っくて。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です