いじめでつらい!毎日が憂鬱!いつまでそんな職場で我慢するつもりですか?

ナースが教える快適入院生活のための持ちものリスト

「案内をする美人看護師案内をする美人看護師」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

もし、あなたや、あなたの家族が、入院することになったら、何を準備したらいいのか想像できますか?

入院経験のある人は、わかると思いますが、初めての人は戸惑いますよね。

前もってわかっていたら心の準備もできますが、ケガや急病など、突然何がおこるかわかりません。

急に入院することもあるかもしれません。

そんな時に慌てないように、ナースの視点から見た「快適な入院生活を送るための持ちものリスト」をまとめてみました。

 

  入院で、必ず持っていく物

マットレスにクマのぬいぐるみ

・診察券

 

・保険証

 

・下着類

 

・ハンドタオル・バスタオル

 

・箱ティッシュ

 

・洗面道具

 

・シャンプー・リンス・ボディーソープ

 

・はし・スプーン

 

どうでしょうか?

これらの持ち物は、すぐに頭に浮かんだのではないでしょうか?

 

これ以外にも、入院で必ず持っていくものは、まだありますよ。

さあ、いきますよ~。

 

・印鑑

手術の前には本人や家族に医師から説明があり、同意書に署名捺印が必要になります。また、入院中の検査にも、同意書が必要な場合があります。

 

・限度額適用証明書

入院が高額になりそうな場合、あらかじめ手続きし、「限度額適用証明書」を発行してもらうことで一定額以上の支払いは免除されます。

入院が決まったら、準備しておきましょう。

 

詳しくはこちら ⇩

全国健康保険協会

 

・おくすり手帳と飲んでいる薬

薬の情報はとても大切です。飲んでいる薬によっては飲み合わせや、食事に注意しないといけません。

ナースの立場から感じることは、患者さんは薬の名前を覚えていても、量までは、覚えていないことが多いです。

おくすり手帳には薬の種類や、量など正確に書かれています。薬を飲んでいる人は必ず、持って行きましょう

 

飲んでいる薬も必ず持っていきましょうね。そのまま飲んでいていい場合もありますが、一時的に中止しないといけない薬もあります

例えば、血液をサラサラにしている薬を飲んでいる人が、手術をする場合は数日前から、薬を中止します。手術後の経過により状態をみて内服が再開されます。看護師が薬を預かる場合もあります。

 

・小銭(千円札)

床頭台のテレビや冷蔵庫は、カードで使うようになっています。カードを購入する機械は一万円が使えません。1万円札を、くずして持って行った方がいいでしょう。

お金は、売店でちょっとした買い物ができる分があればいいでしょう。たくさん持っていきても、盗難の心配がありますし、入院中は大きなお金は必要ありません。

もしかして、入院費の精算のことを、心配されているかもしれませんが、大丈夫です。入院費は通常、退院するときには払いません。まだ会計が出来ていないので、後日払うことになります。

 

・プラスチックのコップ(蓋つき)

病室は人の出入りが多いです。ふと、触ってしまい落してしまうことが意外に多いのです。

落としても割れないプラスチックの蓋つきのコップがおすすめです。蓋があれば、ほこりが入りません。

 

・履物

入院中はスリッパを使用します。

高価なものは必要ありませんが、転ばないように履きやすい足にフィットしたものがいいです。

高齢者の場合はスリッパだと転ぶ可能性があります。履きやすい運動靴やリハビリシューズのようなものをおすすめします。

 

 

入院で、ぜひ持って行きたい物

熊のぬいぐるみと本

・本

 

・タオルケット

 

・カーディガンなど羽織るもの

 

・ラジオ

 

・イヤホン

「入院で、ぜひ持って行きたい物」は、なくても困らないのですが、入院生活を快適に過ごすために、あればいいなあ~というものです。

 

まだありますよ。

一つ一つ説明していきますね。

 

・アイマスク

病院の廊下は夜間も電気がついていて、意外に明るいものです。

ナースは夜間巡回しますし、状態が悪い人がいると何度も訪室します。そして、枕元の電気をつけるので、いくらカーテンで仕切ってあっても、部屋の中が意外に明るくなります。

せっかく眠っていても、明るさで目が覚めてしまうこともあります。安眠のためにアイマスクはあれば便利です。

夜よく眠れない時は、昼に少し休みたい時もあります。そんな時もアイマスクはあった方がいいです。

 

・耳栓

ナースセンターに近い部屋だと、看護師の出入りの足音がします。

同じ部屋の人がいびきをかく場合もありますし、心電図モニターをつけている場合もあります。

心電図モニターがついている場合、一晩中機械の音がします。普段聞くことのない機械の音って気になるものです。眠れない人も多いです。

同室者の音に悩まされる可能性はあります。

 

・ペンライト

消灯後に、手元を照らしたい時がありますが、ベットの枕元の電気は、意外に明るくて同室者に気を使います。そんな時、ペンライトで手元を照らせたら便利です。

 

・小さな置時計

携帯があれば時間が見れますが、具合が悪い時は、体を動かす元気や余裕がありません。床頭台に小さな時計があれば、すぐに時間を見ることができます。

 

・S字フック

ベット柵にS字フックをかけて、スーパーの買い物袋をかけて、ごみ入れにします。ゴミ箱を持って行かなくてもいいので、入院時の荷物が減ります。100円ショップのもので充分です。

 

・ストロー(曲がるタイプ)

手術をした後は体を起こすことが大変なので、寝たまま飲めるように、ストローがあれば便利です。

まっすぐなものより、曲がるタイプのものが本人も介助する側も使いやすいです。

 

・ご飯のお供

体の回復に、食べることは大切です。

ナースとして多くの患者さんを見てきましたが、食べれる人は回復が早いです。食べることは生きる意欲につながります。

好き嫌いのある人は、好きなご飯のお供を用意して、少しでも食事を食べて欲しいところです。

 

・癒しになるもの

わたしはナースとして働いていますが、床頭台にペットの写真を飾っていたり、小さなぬいぐるみを置いている人もいました。

また、とっても肌触りのいいタオルを枕元に置いている人も。

入院は、家族と離れて、時につらい治療もあります。

そんなとき、ふと癒しになるものがあれば、いくらかでも心は楽になれると思います。

 

おわりに

手を振っているクマのぬいぐるみ

ナースの視点から見た、快適入院生活のために持って行きたいものを、まとめてみました。

 

いかがですか?何となく持っていく物がイメージできましたか?

病院からのパンフレットに必要なものは書いてありますが、病気や年代、生活スタイルによっても必要なものは違います。

病院によって、入院する科によって持ち込みを禁止されているものもあります。わからないことは事前に病院に確認してくださいね。

 

病院の中にコンビニや売店があり、入院に足りないものはそこで買うこともできます。しかし、値段が高めなので、あらかじめ用意して持っていくことをおすすめします。

 

あなたの入院生活が、少しでも快適にストレスなく過ごせますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です