人生楽しんだもの勝ち!どうせなら笑って生きるぞ~!

どうしてリライトって必要なの?記事数が140になったので考えてみた

「モフモフの秘書猫モフモフの秘書猫」のフリー写真素材を拡大




こんにちは~遅咲きのひまわり、ととまです

 

 

この数日リライトをしていました

ブログを始めて約5か月間、ひたすら書いてきましたが過去記事のリライトはなかなかできていませんでした

 

リライトって新しい記事を書くより手間暇がかかり頭を使います

そのうち、そのうちって思っていましたが思い切って始めてみました




 

リライトってどうして必要なのか

 

初めてのブログというものを、ただただ書いてきましたがかれこれ5か月経ちました

その頃よりはこれでも少しは書けるようになってきました

少しですけどね・・・

過去の記事をリライトすることで、自分の振り返りをすることができます

そして成長を感じまた頑張れます

 

おそらく少しはドメインパワーがついてきていて、新しい記事を更新すればその日のPV数は得ることができます

記事を更新しない日はPV数はあまり増えません

 

でも、古い記事もリライトして内容やタイトルを変えたりすることで更に安定してPV数を得ることができると思ったからです

 

始めたころはイラストや写真、アイキャッチ画像など意識していませんでした

というか最初はそれすらできていませんでした

内部リンクも貼れていません

ただ書くことだけ・・・

 

振り返り、コンテンツの質の向上を目指そうと思ったわけです

 

 

 

何をしたのか

 

まず、内容のないただの日記みたいな記事は思い切って削除しました

質の低いコンテンツがあるとそのブログの評価が下がるらしいのです

でもその当時はそんな薄い記事でも一生懸命時間をかけて書いていたんですよ

毎日毎日

 

文章の語尾もまちまちです

「ですます」だったり「である」だったりなんだか変な言い回しだったり誤字があったり・・・

それを直していきました

文が固かったので、目の前にいる人に話しかける気持ちで書きました

そしたら気楽にかけるんですよ

一人に向かって書くつもりでいいんですね

 

イラスト、写真、アイキャッチ画像ができていなかったのでその記事にあったものを入れてみました

 

内部リンクも入れました

最近の記事には入れていましたが過去記事にはほとんど入れてなかったので、関連する記事を入れてみました

 

タイトルも「ん~?」って思うものは変えてみました

これも慣れなのかもしれませんが、自分のタイトルはいまいちだなあ~と思います

他のブログを見ていると、見たくなるタイトルをつけていらっしゃる

ドキドキするような見たくなるような




 

 

リライトしてみてどうだった?

 

過去記事を見て恥ずかしくなりました

こんなこと書いてたんだ~って

今もまだ全然なのですが、でもブログを始めた時よりは書けるようになってきました

嬉しいことです

最初は1000文字書くのは至難の業だったんですよ

今では1000文字は結構サラサラと書けるようになりました

 

それって5か月間コツコツやってきたからカメのようでも前に進んでるんですね

また半年たったころ見返したら、また恥ずかしくなるのかもね

 

まとめ

 

 初心者で始めたブログですが、ちょっとずつでも進歩してる自分に気がつきました

わからないなりに先人の知恵をお借りしたり、コメントで教えて下さる方もいてありがたいです

 

リライトは時間がかかります

この数日で4記事リライトしました

今は新しい記事を書くよりもリライトをやっていきたいと思ってます

 

最近自分で進歩したと思うところは、

・PV数は気にならなくなったこと

ちょっと前までは気になってしょうがなかったのですが、今は力がないことを実感できています(今までは力がなかったけどPV数が欲しかった)

増えなくて当たり前です

今は、ただ試行錯誤しながら継続して書いていくことだけです

 

・毎日更新しなくていい

毎日内容の濃いブログをかける人は毎日書いてもいいでしょう

仕事があったり時間が取れない人はとりあえずの薄い記事を毎日更新しても意味がないというのがやっと、やっとわかりました

やっとです

周りの方が口が酸っぱくなるだけそのことは言っていましたが、実感できずにいました

数日に一回でも内容のあるブログがいい

中身のある記事を数日に一回でも更新していきたいです

 

ちょっと余談・・・

ワードプレスのブログのデザインがかわいい!

いつか、ワードプレスでやってみたいな・・・

ワードプレスに興味がわいてきたのもきっと進歩です

 

 

 

またね

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です