私のプロフィールはこちら

お酒にのまれる人と結婚しない方がいい3つの理由[マジで失敗しますよ]

あなたは結婚を考えている人がいますか?

その相手はお酒を飲みますか?

 

お酒に飲まれる人と結婚すると数々の困難が待ち構えています。

わたしがそうでした。

わたしの離婚原因の中には元夫の酒癖の悪さもありました。

元夫はお酒が大好きでお酒に飲まれる人でした。

酒乱、暴力はありませんでしたが、お酒のことでは数々の出来事がありました。

 

今思えば結婚する前からお酒に飲まれるタイプだというサインはありました。

そのサインを見逃していたんです。

「あの時こうしていたらなあ」と後から思っても過ぎたことはしょうがありません。

わたしのように失敗しないために、結婚を考えてる人がお酒に飲まれる人なのか結婚前に見極めてほしいと思います。

マジで失敗しますよ。

お酒に飲まれる人とは

喧嘩をしている二人の男性のイラスト

お酒を飲んで、人が変わったようになります。

お酒に飲まれる人の特徴は、

・怒りやすい

 

・攻撃的になる

 

・暴言をはく

 

・周りの人に絡む

 

・人を傷つける

 

・大事な物を簡単に壊してしまう(物、心)

 

・何をするかわからない

…まだまだありますね。

記憶がないほど飲み、一人では帰れなくなってしまったり、警察のお世話になるかもしれません。

飲む前は控えめにしようと思っても、飲み始めたら止まりません。

お酒が入るとブレーキがききません。

ブレーキが壊れています。

 

それでは、お酒に飲まれる人と結婚しないほうがいい3つの理由について紹介していきます。

お酒に飲まれる人は嫌われる

舌打ちしている女性

お酒を飲んで絡んだり暴れたりすると、一緒に飲んでいる仲間からは段々と嫌われていきます。

普段どんなにいい人でもです。

あなたの周りにもいませんか?

わたしの周りにはいます。

残念ですが段々と距離を置かれるようになります。

夫になった人が周りから嫌われていくのは、嫌ですね。

お酒に飲まれる人は出世しない

サラリーマンがコツコツと階段を上っているイラスト

仕事で立場が上になり、役職がついてくると飲み会が多くなります。

会社のトップともなれば、お酒の席での交流が多くなります。

一流になればなるほど自己管理が求められます。

 

一流の社長さんが飲み会の度にぐでんぐでんになり、暴れたりしたら会社はつぶれてしまいますし、そんな話は聞いたことがありません。

お酒を飲み始めても飲み過ぎず、調整できています。

お酒に飲まれるひとはこの調整ができません。

 

飲み始めたらとことん・・・

そして・・・

残念ながら、普段どれだけいい人で仕事ができても周りからは信用されません

 

出世もできません。

仕事で責任ある立場にはつけないでしょう。

出世を望んでないにしても職場での信用は落ちていくでしょう。

そうなると、最悪退社ということにもなり得ます。

安定した生活を送れない可能性もあります。

 穏やかに生活できない

絶望している女性のイラスト

お酒が入ると周りに人にからんだり、家族との大事な約束を破ったりします。

一緒にいてハラハラドキドキすることが多くなります。

飲み会の日は帰ってくるまで心配ですし、帰ってきてからも朝になるまで酔いが覚めるまで安心できません。

飲み会の日はハラハラして待っているのは疲れますよね。

 おわりに

ケンカしている夫婦のイラスト

わたしは昔の自分に「お酒に飲まれる人でいいの?もっと考えたら?」と言いたいです。

考えなかったというよりも気がつかなかったのかもしれません。

今は後悔していますが、それも自分の選んだことです。

その失敗もあり、今の自分があるのですね。若いころのほほ~んとしてました、わたし。

 

今ではあの時の経験があったから、失敗があったから今があると思っています。

今は幸せです。

 

でも、これから結婚する人には、同じ失敗をしないで欲しいと思います。

お酒に飲まれる人と結婚すると穏やかには暮らせません。

 

お酒に飲まれる人は残念ながら変わることはできません。

飲む前は「控えめにしよう」と思っても飲み始めたらブレーキがきかず同じことの繰り返しです。

2人で楽しくお酒を飲んだり、友人と楽しく飲んだり・・・

そんな人を選んだ方がいいです。

穏やかに暮らせた方が幸せです。

結婚を考えている相手のことよ~く見てくださいね。