私のプロフィールはこちら

お酒にのまれる人と結婚しない方がいい3つの理由[マジで失敗しますよ]

結婚を考えている人がいるけど酒癖が悪い

 

でも普段はとっても優しい

 

酒癖が気になるけどこのまま結婚してもいいのかな…?

 

ととま

真剣に結婚を考えている人が酒に飲まれる人だったら、このまま結婚してもいいのか悩みますよね。

お酒を飲んでいないときは優しいし、好きだし…

迷う気持ちはわかります。

 

でも、今のうちの冷静に考えたおいた方がいいです。

私はお酒に飲まれる人と結婚して失敗しました。

実際に経験してみてわかったことがあります。

自分の経験から、お酒に飲まれる人と結婚しないほうがいい3つの理由について紹介していきます。

お酒に飲まれる人とは

喧嘩をしている二人の男性のイラスト

お酒を飲んで、人が変わったようになります。

お酒に飲まれる人の特徴は、

・怒りやすい

 

・攻撃的になる

 

・暴言をはく

 

・周りの人に絡む

 

・人を傷つける

 

・大事な物を簡単に壊してしまう(物、心)

 

・何をするかわからない

…まだまだありますね。

 

記憶がないほど飲み、一人では帰れなくなってしまったり、警察のお世話になるかもしれません

飲む前は控えめにしようと思っても、飲み始めたら止まりません。

お酒が入るとブレーキがききません。

ブレーキが壊れています。

お酒に飲まれる人と結婚しない方がいい理由

絶望している女性のイラスト

お酒に飲まれる人と結婚しない方がいい理由はこの通りです。

穏やかに生活できない

 

周りから嫌われていく

 

出世できない

これらの理由があります。

 

では詳しく見ていきましょう。

穏やかに生活できない

お酒が入ると周りに人に絡んだり、しつこくなったりします。

外で飲んでくるときは、帰ってくるまでドキドキします。

遅くに騒いで帰ってきたり、訳が分からないほど飲んでいると子どもに絡むこともあります。

 

子どもに暴力をふるったり、暴言を吐く可能性もあります

そんな父親を子どもは怖いと思うようになります

普段いいお父さんでも怖い気持ちを抱えて生活することになります。

奥さんに攻撃してくる可能性もあります。家族との大事な約束を破ったりするかもしれません。

 

でもそんなことを自分は全く覚えていないのです。

でも覚えていないなら何していいという訳ではありません。

 

お酒に飲まれていると普段の夫とは全く違います

外では誰かに迷惑をかけているかもしれませんし、トラブルになったり喧嘩になっているかもしれません。

宴会があるたびにいつもハラハラするのは疲れます。

穏やかな毎日を送ることができません。

周りから嫌われる

お酒を飲んで絡んだり暴れたりすると、一緒に飲んでいる仲間からは段々と嫌われていきます。

普段どんなにいい人でもです。

いくらいい人でもお酒に飲まれる人は、自分でも知らないうちに相手が傷つくことを言ったりします

訳のわからないことを言い出したり、相手を傷つけたり…

楽しく飲むことができないので、次第に周りから嫌われていきます。

 

あの人の夫は…という目で見られてしまいます

奥さん同士の会話であなたの夫は話題になるかもしれません。

夫が周りから段々と嫌われて行くのはいい気持ちがしません。

 

あなたの周りにもいませんか?

わたしの周りにはいます。

残念ですが段々と距離を置かれるようになります。

夫になった人が周りから嫌われていくのは、嫌ですね

出世しない

中には出世したくない人もいると思いますが、男性なら、夫なら周りから評価されて役職がついて欲しい、という気持ちの方も多いのではないでしょうか?

役職がつくと給料に手当がついて、今までよりも多い給料がもらえるようになります。

夫が出来る人だとそのことを妻は誇りに思うことができます。

 

でも残念ながらお酒に飲まれる人は役職がついたり、出世することは期待できません。

役職がつくと会社のトップの人と飲む機会もありますし、取引先の偉い人と飲む機会もあります。

でも普段からお酒に飲まれることが知れ渡っていると、上司からは煙たがられてしまいます。

結果、役職にはつくことができません。

 

普段いくらいい人で仕事ができても、飲み会での失態があると、周りからは「あの人はダメだ!」とレッテルを貼られてしまいます

残念ながらそうなると出世は望めません。

 

もし、出世を望んでないにしても職場での信用は落ちていくでしょう

そうなると、最悪退社ということにもなり得ます。

安定した生活を送れない可能性もあります。

お酒に飲まれる人と結婚して感じたこと

ケンカしている夫婦のイラスト

私がお酒に飲まれる人と結婚して感じたことは、

飲み会のたびに憂鬱

 

会社の人から嫌われているのがわかった

 

子どもに悪影響

 

幸せに暮らせない

これらのことを強く感じました。

飲み会のたびに憂鬱

飲み会ではいつもベロンベロンになって帰ってきます。

目は座っていて、私や子どもに絡んできます。

いつもの夫とは違います。

そのしつこさもとっても嫌でした。

 

飲み会では早く帰ってくることはないので、帰ってくるまで心配でした。

いつかは、家の外で深夜に喧嘩がはじまりました。近所迷惑になりますし、近所の人に恥ずかしい思いでした。

とにかくに飲み会が憂鬱でした。当の本人はルンルンで出かけていくのですが…

会社の人から嫌われているのがわかった

ある時会社での飲み会がありました。

家族も参加しての飲み会で私も参加していました。

 

その時、元夫は後輩と話をしていましたが、かなり酔いも回っていてその後輩を傷つけることを言ってしまったようです。

その後、その後輩は元夫と距離を取るようになりました

嫌われてしまったようです。

でも自分が何を言ったのかも覚えていませんし、嫌われていることもすぐには気がつかないようでした。

会社の人から嫌われていくのを見ているのはあまりいい気持ちではありません。

子どもに悪影響

酔って帰ってくると大きな声を出します。

本人は気持ちがよくて大きな気分になって、子どもに訳のわからないことを言ったりします。

子どもに絡んでいくのです。

 

子どもはあの時、怖い思いをしていたのではないかと思います

子どもには悪影響だったと思います。

幸せに暮らせない

飲み会のたびに、いつもハラハラしていることに疲れてきました

飲み会なんてなければいいのに…と思うようになりましたが、本人はお酒が大好きなので必ず飲み会には参加します。

家でも晩酌をする人でしたので、飲み過ぎることもあり、酔ってくると私は憂鬱になっていました。

そんなお酒に飲まれる夫のことがどんどん嫌になってきました

お酒に飲まれる人はやめとけ

ダメと合図する女性

私はお酒に飲まれる人と結婚して、その結果離婚をしました。

お酒に飲まれる人だということは、実は結婚前から薄々わかっていたことです。

でも若かったせいもあり、あまり考えずに結婚しました。

 

わたしは昔の自分に「お酒に飲まれる人でいいの?もっと考えたら?」と言いたいです

考えなかったというよりも気がつかなかったのかもしれません。

今は後悔していますが、それも自分の選んだことです。

 

でも、これから結婚する人には、同じ失敗をしないで欲しいと思います。

お酒に飲まれる人と結婚すると穏やかには暮らせません。

 

お酒に飲まれる人は残念ながら変わることはできません。

飲む前は「控えめにしよう」と思っても飲み始めたらブレーキがきかず同じことの繰り返しです。

2人で楽しくお酒を飲んだり、友人と楽しく飲んだり・・・

そんな人を選んだ方がいいです。

 

穏やかに暮らせた方が幸せです。

わたしのように失敗しないために、結婚を考えてる人がお酒に飲まれる人なのか結婚前に見極めてほしいと思います。

マジで失敗しますよ。

 

関連記事▼

ケンカしている夫婦のイラスト
離婚を防ぎうまくいっている夫婦に共通する3つのこと[いつもラブラブでいるために]