[看護師]いじめられて辛く苦しいあなた いつまでそんな職場で我慢するつもりですか?

子どもが自動車保険に加入する時 保険料を一番安くする方法を紹介

青い車

子どもが免許と取り、車を運転するようになる時自動車保険に加入しなくてはいけません。

でも、20代免許取り立ての若者に場合、保険料はかなり高くなります。月額の保険料は1万円を軽く超えてしまいます。

免許取り立ては事故を起こしやすく保険料が高くなるのは、仕方のないことです。でも、車を買ったなら月々のローンがあり、維持費もかかりますし、少しでも保険料を安くしたいと思いますよね。

そこで、子どもが新しく自動車保険に加入するとき、一番安くできる方法を紹介します。わたしもその方法で子どもの保険料を、年間8万円以上安くすることに成功しました。

子どもの保険料を一番安くする方法は、親の等級を子どもにあげることです。

この記事では、親の等級を子どもにあげて、子どもの保険料を安くするための方法について詳しく紹介していきます。

 

自動車保険の等級とは

自動車の衝突事故

自動車保険の等級制度は、事故歴に応じて保険料の割引や割り増しを適用する制度のことです。

等級は1~20までの20段階に分かれていて、免許を取って始めて契約するときは6等級からスタートします。等級が大きいほど割引率が大きくなります。

1年間事故で保険を使わなければ、次年度に等級が1つ上がっていきます。

 

子どもの自動車保険を安くするには親の等級をあげる

青い車

自動者保険の保険料を決めるのは「等級」と「年齢条件」

自動車保険の保険料を決めるのは、「等級」のほかに運転者の年齢によって決まる「年齢条件」があります。

自動車保険の年齢条件には「全年齢補償(年齢制限なし)」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」などがあります。

このうちもっとも保険料が高くなるのは「全年齢補償」の場合です。免許を取ったばかりの若者はたいてい未成年か20歳くらいでしょう。そうすると「全年齢補償」となりますので、保険料は高くなってしまうのです。

免許取り立ての19~20歳の人の保険料が高くなるのは、割り引きの少ない6等級からのスタートで、年齢も全年齢補償だからなんですね!

 

保険料の比較(親の等級を子どもにあげた場合とそうでない場合)

わたしは現在50歳、ゴールド免許です。事故を起こしたことはなく、自動車保険は使ったことがありません。ちょっと自慢(^^♪

子どもは24歳。

我が家ではわたしの保険の等級を子どもにあげて、わたしは新しく保険に加入しました。さて、我が家の保険料がどうなったのか紹介しますね。

両方とも現在わたしが加入している内容と同じ保険に加入した場合で比較しています。

1.子どもが等級をもらわずに新しく保険に入る場合

 

現在(私)が払っている保険料は毎月5,320円

 

同じ内容で子どもが保険に加入するとなると、毎月14,490円

 

この場合の世帯の年間の保険料は243,720円

 

 

2.子どもが親の等級をもらう場合

 

この場合親は新しい保険に加入することになります。

 

の保険料は毎月5,830円

 

子どもの保険料毎月7,900円

 

この場合の世帯の年間の保険料は164,760円

 

子どもに等級をあげることで、親の保険料は高くなってしまいますが、世帯の保険料を少しでも安くしたほうがお得です!

1と2を比較すると子どもに等級をあげたほうが年間78,960円も保険料が安くなります

親の方の保険料は等級を子どもにあげても毎月510円しか高くならなかったのに対して、子どもの方は等級をもらうかもらわないかで、毎月6,590円も違うのです。

我が家の場合、わたしの等級が13等級でしたが、子どもに等級をあげたので現在は7等級になりました。

親の方は無事故無違反で、等級も上がってきており、保険の年齢条件も「35歳以上補償」という一番割り引き率が高い状態なので、子どもに等級をあげてもそんなに保険料が上がったりはしないことが多いのです。

 

 

子どもが車を運転するにあたり、自動車保険に加入する時は、親の等級を子どもにあげたほうが世帯の保険料がぐ~んと安くなりお得です!

 

おわりに

積み重なっている硬貨

子どもが社会人になった場合、月々の出費を少しでもおさえたいという親心・・・。

一つ注意して欲しいことですが、例えば子どもが車を買った場合、そのお店でそのままの流れで自動車保険に加入してしまう場合もあります。

気の利いたセールスマンなら、少しでも保険料を抑えるために親の等級をもらうことについて、勧めてくれるかもしれませんがそこまで気にしていない場合もあります。

また、子どもが保険をすぐ契約してしまうかもしれません。事前に子どもと保険のことを話題にしておいて、セールスマンにも等級について確認してくださいね。

自動車保険の等級の引き継ぎは、保険会社が違っても大丈夫なので安心です!

 

新しく加入する親の保険料が少しでも安くするための一斉見積もりはこちら⇩⇩⇩

自動車保険は比較で安くなる!