私のプロフィールはこちら

上司が怖くて仕事に行きたくない!あなたの心を楽にするための5つの解決法

爆発寸前の男性上司の顔

上司が怖くて仕事に行きたくない…

毎朝ゆううつ…

そんな苦しい思いのあなたに、心を楽にする4つの方法を紹介します。

その方法とは、

上司に必要以上に関わらない

 

自分の意見を主張しない

 

信用できる先輩に相談する

 

異動を希望する

 

転職する準備をする

それでは一つ一つみていきましょう。

上司に必要以上に関わらない

枯葉の上に座る悲しげな表情の女性

働きやすい職場は、お互いの意見交換やスタッフ間のコミュニケーションが活発です。

仕事では上司と関わることも多く「報告・連絡・相談」は必要です。

仕事上の関わりは仕方がありません。

 

必要な時の話は仕方ありませんが、自分から積極的にコミュニケーションを取ろうなどと思わない方がいいです。

プライベートの話も必要ありません。

向こうが勝手に話してくるのなら仕方ないので、聞いてあげましょう。

でもその時、積極的に質問したり相槌をうつのではなく、最小限レベルの聞き方にしておくのがベスト。

 

ポイントはこちらから

 

結局相手を変えることはできないので、自分のストレスを最小限にすることを考えました。

わたしは合わない上司とは最小限に関わるようにしていました。その方がストレスが少なくてすみます。

自分の意見を主張しない

職場ではカンファレンスやミーティングがありますが、その時に自分の意見を話して気まずくなったことはありませんか?

職場のことを思って話したのに、わからずやの上司から反対された時がありませんか?

自分が正しいと思っていることは発言したいものですし、それで職場の環境が改善されるかもしれません。

でもわからずやの上司のいる職場なら、あなたは意見を強く主張しないほうがいいでしょう。

熱い思いでぶつかっていってもあなたが疲れるだけです。

対等に話し合いができて、お互いの話を尊重できる相手ならいいですよ。

でも、もしそうでなく部下の話を聞かない上司なら話すだけ無駄。

当たらず触らずがいいでしょう。

どれだけ熱い思いで話をしても、認めてはくれず一生懸命話をした分悲しくなります。

そうなると「ぶつかるだけ疲れる、嫌な思いをするだけだし」だと感じるようになってきます。

わたしが以前働いていた病棟の師長は、とにかく融通がきかない「四角いものは絶対四角!」というタイプの人でした。

主任やスタッフが意見しても、顔つきが変わり絶対聞き入れません。

カンファレンスでスタッフがいろんな意見を自由に話していても、結局は自分の意見で決めてしまいます。

その頃わたしはまだ新人だったので、積極的に自分の意見は言うことはありませんでした。

周りのベテランたちは意見を言っては、毎回嫌な思いをしているのを見ていました。

わたしはこの環境の中、平穏に暮らしていくには、主張せずに流れに身を任せているほうが賢明だと学びました

とことんぶつかって認めてもらう方法もありますが、それはかなり疲弊しますし、実際このような師長の場合改善は難しいのです。

ならば当たり障りなく働いていた方ががいいのです。

異動を希望する

「もっと他の部署で勉強したい」と異動を希望してみる方法もあります。異動願いが出せる職場だったら、希望を出してみましょう。

上司が異動するのをひたすら待つ方法もあります。

でも、わたしの経験上役職者は簡単には移動しないので、そのチャンスはなかなか来ないかもしれません。

転職する準備をする

最後の手段は転職です。これしかありません。

上司が変わると働きやすさは全く違います。

わからずやの上司のもとではあなたの実力は発揮できませんし、正しい評価もしてもらえません。

どうにもこうにも我慢できなくなったら転職しましょう。

働きやすい職場かどうかというのは人間関係で決まると言っても過言ではありません。

いくらいいお給料をもらっても、人間関係が最悪で人の足を引っ張るような職場だと職員の仲が悪く、居心地が悪く物凄いストレスになります。

想像してみてください。嫌な相手と一日仕事をするのは、もう湯鬱で仕方ないですよね。

きっと毎日が憂鬱になり、仕事に行きたくなくなります。

給料はいっぱい欲しいですが、ちょっと安くなっても毎日楽しく働ける方がいいと思いませんか?

「いや、わたしは給料がいいなら人間関係が悪くてもいい」と思いますか?

多分、少しの間は頑張れると思います。

でもそのうちにやっぱり人間関係は大事だと感じるはずです。

どうせなら少しでも毎日楽しく仕事をしたいですね。人生で過ぎていく時間を、少しでも楽しく過ごしたいですね。

嫌々働く時間と楽しく働く時間、同じ時間でも随分違います。

人生の時間を大事にしましょう。