上司にやめることを言い出せないあなたへ|気が弱い人でも退職できる方法を紹介します

悲しげな女性の横顔

今よりも条件のいい職場がみつかったから、仕事をやめたい!

 

やめることを上司に伝えたいけど…でも、気が弱い性格のため、なかなか言い出す勇気が出ない。

そんな風に悩んでいるあなた。その気持ちはよくわかります。

気が弱くて「NO」と言えない性格の場合、やめることを伝えても、上司に説得されてやめる時期を延ばされたり、やめることを諦めることになりかねません。

気が弱い人は、自分の意見をはっきり言えないので、相手のペースになりやすいもの。

でも、次に働く職場ももう決まっている場合、早く伝えてすっきりしたいですよね。

どうしても自分で言い出す勇気がない人、気が弱い人のために退職代行サービスを利用してやめるという方法があります。

退職代行サービスを利用すれば、代行サービスが退職の旨を職場に伝えてくれるので、あなたが勇気を振り絞らなくていいですし、確実にやめられます。

やめることを伝えることはかなり大きなストレスになりますが、退職代行サービスを利用すれば、そのストレスを感じることがありません。

業界最安値の退職代行サービスSARABAの公式サイトはこちら⇒

退職代行の公式サイトを見に行く

この記事では、どうしても上司にやめることを言い出す勇気がない人が確実にストレスなく退職する方法を紹介しています。

気が弱く優しい人は相手のペースになりやすい

職場でいじめられている女性のイラスト

気が弱い人はNOと言えない

たいていの場合、退職する旨を伝えると上司はすぐには「よし、わかった」とは言いません。理由を聞かれたり、引き留められます。

あなたのことを心配するような素振りをみせて説得されるかもしれません。

あるいは、今人手が足りないからと希望する日の退職は認めてくれないかもしれません。

そんなふうに説得されたらあなたは、

NOと言えますか?

希望する日にやめたいと断固として言えますか?

きっと相手のペースになり、「じゃあ退職を1か月先に延ばします…」なんてことになりかねません。

つぎに働く場所が決まっている場合は、決められた日に入職できないと、職場との信頼関係が最初からこわれてしまうかもしれません。

せっかく今よりもいい条件の職場がきまっているのに、みすみすチャンスを失ってしまうかもしれません。そんなの嫌ですよね。

ほとんどの人は退職の意志を伝えるとき緊張するものです。

そのため、

何日でやめたい

有給休暇を使いたい

など自分の希望をきちんと伝えることは結構難しいことです。

それに退職の意志を伝えると嫌味を言われたり、スムーズに認めてくれなかったりすることがほとんどです。

わたしはこれまで6回転職してきているのでよくわかります。

やめることを伝えるのはかなりストレスがかかりますし、自分の意見を主張するのも結構大変なことです。

気が弱い人の場合、なかなか言い出せない気持ちはよくわかります。

でもあなたは気が弱いのではなくて、優しくて協調性がある立派な人なんですよ。

相手のことに気を配る優しさがあるので、つい自分のことを後回しにしてしまうのです。

有給休暇も使えないかもしれない

やめるとき、有給休暇が残っているなら消化したいですよね。

あなたは、有給休暇を使いたいと上司にはっきり言えますか?

今人手が足りないから

ほかの人に迷惑がかかるから

など、もっともらしいことを言われて、簡単には使わせてくれないかもしれません。

そうなると退職することを認めてもらうことで精一杯で、有給休暇をとることは諦めてしまうことが多いです。

実はわたしもそうでした。

やめるということを師長に話したら、すぐに顔色がかわりました。そして嫌味をいわれました。

どんなことを言われたのかと言いますと、

責任感がないわね!

せっかく仕事を覚えてきたのに!

それじゃどこに行っても通用しないわよ!

人手が足りないから有給休暇はとれないから!

有給休暇を少しとりたいと話しても、人手が足りないからと軽く断られました。

ととま

有給休暇を全部とりたいと言えなかったのは、それまで何人もの人が退職していてもみんな有給休暇を使えていなかったのを知っていたからです。
全部とは言わなくても数日だけでも消化してやめたかったのですが…無理でした。

「無事やめることができるなら有給休暇は諦めるしかないか」と思いました。

ただでさえ嫌味をいわれたりして嫌な思いをしたので、これ以上もめるのは嫌だな・・・という気持ちになるんです。

最後の日まで嫌な思いをする

常識的だといわれている退職方法は1か月前に伝えることだと言われています。

でも・・・

民法では2週間前までに退職する旨をつたえること、と規定されています。

このように法律では2週間まえに伝えることと規定されているんです。なので、「1か月前でないから認められない」と言われるのはおかしいのです。

仮に1か月前に退職の旨を伝えて認めてもらえたとしても、上司の風当りは強いことが予想されます。

やめることを伝えて認めてもらったとしても、最後の日までつらい日々が続きます。それは覚悟しておかなくてはなりません。

退職の意志を伝えてから1か月の間、最後の日まで嫌な思いを我慢するのってつらいですよね。

有給休暇も使わせてもらえない

嫌な雰囲気の中、何日も我慢

こんな修行みたいなことって必要でしょうか?

わたしは必要ないと思います。

そんな職場で毎日嫌な思いをして消耗するよりさっさと次の職場に気持ちを切り替えましょう。

 

我慢して最後の日まで頑張る必要はまったくありません。

では、ストレスなくやめるにはどうしたらいいでしょうか?

転職経験6回で現役看護師のわたしが提案するのは、退職代行サービスです。

転職代行サービスを利用して退職すればあなたは嫌な思いをすることはありません。

職場とのやり取りで嫌な思いをしないで、スムーズに退職することができるんです。

なにも我慢して最終日まで頑張る必要はありません。退職代行サービスを利用してストレスのない退職をしましょう。

退職代行の公式サイトを見てみる

退職代行サービスSARABAとは

ビジネスパーソンのシルエット

言いずらいことは退職代行SARABAが伝えてくれる

退職の意志を伝えることってかなり緊張しますし、言いずらいですよね。

でも、SARABAが退職する旨を上司に伝えてくれて、退職の手続きは書類は郵送ですみますので、あなたはもう上司の顔を見ることも声を聞くこともありません。

ととま

上司から嫌味を言われることもありませんし、嫌な表情を見ることもありません。

嫌な雰囲気の中、最後の日まで仕事にいかなくていいのです。

嫌な思いをしないで確実にやめることができます。嫌な思いをしても精神的に傷つくだけなので、なるべく避けたほうが賢明です。

離職票を送ってもらいたい

会社と連絡を取りたくない

有給休暇を使いたい

などの希望も伝えてくれます。

退職代行SARABAの利用の流れ

①電話かメールで相談

 

②相談後に正式申し込み

 

③担当者との打ち合わせ

 

④SARABAが会社に連絡

このような流れで進みます。

転職代行SARABAの口コミ

実際にSARABAを利用して、退職に成功した人から高い評価を得ています。

費用は29800円で追加料金なし

費用はすべてコミコミで、29800円で追加料金は一切ありません。

電話回数は無制限なので、不安なことなども気軽に相談できます。

退職代行サービスで、追加料金をとるところもありますが、追加料金がないのは安心して利用することができます。

他の転職代行サービスとの料金の比較

退職代行サービスは他にもあります。料金を比較してみますね。

やめるんです

利用料金50000円(期間限定キャンペーン中は30000円)

EXIT

利用料金50000円

ニコイチ

利用料金40000円

ほかの代行サービスと比べてもかなりお得ですし、追加料金も一切かからないので安心です。

もし退職できない場合返金保証がある

もし退職できなかった場合、100%返金保証があります。

でもこれまでの実績はほぼ100%で退職できています。

 

退職代行SARABAはこちら⇩

退職代行

おわりに

チューリップの花

やめることを伝えても必ず上司は引き留めにかかります。

上司は言葉巧みにあなたを説得してくるので、気が弱くてNOとはっきり言えない人は引き留めに屈してしまう可能性もあります。

せっかく次にいく職場が決まっていて、今よりもいい条件の職場なら棒にふるのはもったいないです。

やめる!と心が決まっているのなら、言いずらいことは代行サービスに頼みましょう。

罪悪感を感じる必要はありません。あなたは代行サービスを通じてきちんと退職の意志を伝えているのですから。

あなたの未来を守る方が大切です。

それにやめた職場の人とはもう会うことはありませんし、あなたは悪いことをしている訳ではありませんので、胸を張っていればいいのです。

■退職代行サービスSARABAはこちら⇩

退職代行

■残業代未払いなど、弁護士にお願いした方がいい場合はこちら⇩

弁護士による退職代行(相談は無料です)