私のプロフィールはこちら

コスパ最高!ギリシャヨーグルトをヨーグルトメーカーで手作りすると1個32円で量産できる

パルテノヨーグルト

ギリシャヨーグルトって濃厚で、クリーミーで、他のヨーグルトよりもリッチなイメージのデザートですよね。

そのままでも美味しいですが、フルーツソースを添えたらまるでスイーツを食べているかのような食感ですよね。

そのうえ、腹持ちもいいのでダイエットをしている女性には強い味方です。

でも、このギリシャヨーグルトって少し高いんですよね。1個約150円位ですね。

仕事を頑張ったごほうびに毎日食べたいのですが、150円を毎日というのはちょっと贅沢です。

自分一人ならたまに買って食べたとしても、家族がいる人は家族みんなの分はなかなか買えないですよね。

でも、このギリシャヨーグルトはヨーグルトメーカーがあれば、自宅で作ることができるんです。

スーパーで買ってくると、1個150円、自宅でつくると、1回分32円で作ることができます。

かなり安く作ることができますね。

わたしが使っているヨーグルトメーカーはこちら▼▼▼

ギリシャヨーグルトとは

スプーンでギリシャヨーグルトをすくっているところ

ヨーグルトができるまでの過程は同じです。できたヨーグルトにひと手間かけるとギリシャヨーグルトになります。

そのひと手間とは、ヨーグルトをろ過し水切りすることです。

ギリシャヨーグルトの特徴はなんと言ってもその硬さですよね。スプーンですくって逆さにしても落ちてきませんよね。

普通のヨーグルトは上の方に透明な水分があります。

これはホエイというものなんですが、ギリシャヨーグルトはホエイを取り除いたものになります。

ホエイは栄養価が高いものなんですが、このホエイが取り除かれても、ギリシャヨーグルトは栄養分はほぼ失われていません。

 

100gあたりの栄養価を比較してみます。

★ギリシャヨーグルト★

カロリー・・・・100kcal

 

たんぱく質・・・9.9g

 

・脂質・・・4.8g

 

・炭水化物・・・4.2g

 

・ナトリウム・・・33mg

 

・カルシウム・・・100mg

 

★ブルガリアヨーグルト★

カロリー・・・62kcal

 

たんぱく質・・・3.4g

 

・脂質・・・3.0g

 

・ナトリウム・・・51mg

 

・カルシウム・・・109mg

 

ギリシャヨーグルトはブルガリアヨーグルトに比べると、カロリーと脂質は若干ふえますが、たんぱく質は約3倍にもなっています。

この2つの栄養価を比べると、ろ過しても栄養分がほとんど失われないことがわかります。

 

水分が取り除かれているので、濃厚でクリーミーな状態になり、食感はまるでクリームチーズを食べているかのようです。

クリームチーズのカロリーは100g、約340kcalありますので、クリームチーズを食べているような気分でもカロリーはかなり低めになっています。

濃厚な味わいなので、他のヨーグルトよりもリッチなヨーグルトです。

一番のネックは少しお高いことですね。1個約150円位しますので、いつも食べるにはちょっと贅沢ですね。

手作りすると一個32円でギリシャヨーグルトができる

ヨーグルトメーカーに牛乳をセットしたところ

市販のものと、手作りのものの値段を比較してみたいと思います。

28日間食べたものとして比べてみます。

 

手作りするときの決め事

ヨーグルトメーカでギリシャヨーグルトができたとき、できたものから次回作るための種菌として、100gよせておきます。

種菌は2~3回位繰り返して使えますが、4週間で比較するのをわかりやすくするために、

・1週目は市販のギリシャヨーグルトを使って作る

・2週目は1週目でできた種菌を使って作る

・3週目は市販のギリシャヨーグルトを使って作る

・4週目は3週目でできた種菌を使って作る

としたいと思います。

 

ヨーグルトを作る時は、1ℓの牛乳から約100gへらしてから作ります。

1ℓのままつくると出来た時に、牛乳パックがパンパンになってしまうからです。

なので、最初は900gのギリシャヨーグルトができることになりますが、次回の種菌100gをよせておきますので、実質800gのギリシャヨーグルトを7日間で食べることになります。

 

2週目は種菌をよせておかなくてもいいので、900gを1週間で食べることになります。

市販のものは100g入りなので、手作りした方の量の方が多く食べれる計算になります。

 

28日間で必要な量は、

・ギリシャヨーグルト2個

 

・牛乳1ℓ、4本

となります。

 

手作りしたものを28日間食べると

1ℓの牛乳パックは約150円で計算します。

 

・ギリシャヨーグルト

①150×2=300円

 

・牛乳

②150×4=600円

 

①+②=900円

900÷28(日)=32円

1個32円でギリシャヨーグルトが食べれる計算になります。

市販のものは1個(100g)で、150円なので、かなり安いですよね。

 

市販のものを28日間食べると

・1個(100g)150円

 

・150×28=4500円

28日間食べると4500円になります。

 

もし28日間毎日食べたら、

市販のものだと、4500円

手作りしたものは、900円

こんなに違うんですよ!!

1日32円なら毎日食べたいですよね。

ヨーグルトメーカーを使ったギリシャヨーグルトの作り方

パルテノヨーグルト

ギリシャヨーグルト作りに必要なもの

・牛乳1ℓ

 

・ギリシャヨーグルト1個(100g)

 

・ヨーグルトメーカー

 

ギリシャヨーグルトの作り方

①牛乳を室温にもどしておきます。

急ぐ場合は牛乳パックごとレンジで1~2分チンします。

牛乳とパルテノヨーグルト

 

②牛乳を約100gへらします。

カップに入った牛乳

 

③牛乳にギリシャヨーグルトをいれてよく混ぜます。

牛乳をスプーンで混ぜているところ

 

注意
ヨーグルトは40℃で長時間保温します。

もし、雑菌が入ると雑菌も増えてしまいますので、

調理の前には手洗いをきちんと行い、混ぜるスプーンの熱湯消毒は必ず行いましょう

 

④ヨーグルトメーカーを40℃、8時間にセットします。

あとは8時間まつだけ。

アイリスオーヤマヨーグルトメーカー

 

⑤できあがり

お皿に盛ったギリシャヨーグルト

 

 

もう少しアップにしてみます

ギリシャヨーグルトのアップ

R-1ヨーグルトを作ったときよりも硬いできあがりです。

 

スプーンを傾けてみました。

スプーンでギリシャヨーグルトをすくって傾けている写真

スプーンを傾けてもおちてきませんが、市販のギリシャヨーグルトよりは少しやわらかいできあがりです。

 

 

市販のものはこちら

スプーンでギリシャヨーグルトをすくっているところ

味は同じで、濃厚でクリーミーです!!

おわりに

パルテノヨーグルト

ギリシャヨーグルトは、手作りしたほうがかなり安く作ることができます。

1回分わずか32円で作ることができるので、スーパーで買うよりも気軽に食べることができます。

安く食べられることも嬉しいですが、自分でヨーグルトを作るのは(混ぜたら放置するだけですが)、楽しいですよ。

それに、自分で作ったヨーグルトの味は格別ですよ(*^_^*)

ブルガリアヨーグルト
皮膚機能改善効果のある明治ブルガリアヨーグルトの作り方[ヨーグルトメーカーを使うと超簡単]
ベランダから外を見ている疲れた女性の横顔
50代を元気に過ごすためには腸内環境が鍵|ヨーグルトで腸内環境をアップさせよう

 

わたしが使ってるヨーグルトメーカーはこちら▼▼▼