いじめがある職場に未来はない!今すぐやめた方がいい理由[看護師いじめ]

いじめがある職場に未来はない!今すぐやめた方がいい理由[看護師いじめ]

ととま

いじめの経験のある50代ベテラン看護師ととまです

職場でいじめにあっているけど、やめることは逃げることだと思い踏ん張っているあなた。

いつも心はつらく、灰色の生活を送っているのではありませんか?

看護師になって今あなたはやりがいや楽しさを感じて働いていますか?

わたしもいじめにあったことがあるので、今のあなたの苦しみがよくわかります。ため息と涙の毎日なのではありませんか?

そんな毎日は本当につらいですよね。

あなたがいじめにあってつらい毎日を送っているのなら、そんな職場は今すぐ捨てた方がいいです。そんな職場はクズで未来はありません。

でも、「やめる」という一歩を踏み出すことは、勇気のいることですね。

でもね、そんなクズな職場でこのまま働いていても、あなたは不幸になるだけです。あなたにはこの苦しみから早く解放されて欲しいです。

わたしの経験から、いじめがあるクズな職場を今すぐやめたほうがいい理由を紹介します。

いじめを見て見ぬふりの職場はクズの集まり

大勢のシルエット

あなたがいじめられていることは職場の人は知っているはずです。

もしかして主任や師長の耳には入っていないかもしれませんが、病棟で働くスタッフは知っています。

それでも誰も味方をしてくれなかったりするのは問題です。

見て見ぬふりをしている人は「自分は、いじめていない」と思うかもしれませんが、それは違います。見ているのに知らないふりをするのは、いじめているのと同じことです。

あなたをかばったり、味方してくれないのは「もしかしたら自分がいじめられるのではないか」という思いや波風を立てたくないという思いからです。

自分が巻き込まれるのが嫌なのです。

そんな人を思いやることができない人間がいい仕事ができるでしょうか?

人の命を預かる職場です。きっとそんな人はいい看護は出来ません。

お互い声を掛け合い患者さんのために働く看護師が、いじめをするというのは人間的に失格です。

そんなクズ人間ばかりの職場に残念ながら未来はありません。これからもターゲットが代わりいじめが続きます。

いじめを改善できない職場にいい人材は集まりませんし、いい仕事もできません。今は職員がいるかもしれませんが、誰かが入ってもいじめが起こりいい人材が定着しません。

今のうちに職場を捨てた方がいいです。

いじめがある職場では看護師として成長できない

拒否する看護師

いじめられているあなたは毎日を送ることで精一杯ではありませんか?

何をやっても怒られたり、無視をされたりしていて、おどおど、ビクビクしていませんか?

そんな状態でのびのび仕事はできません。きっと正しいことをしていても怒られたり、嫌味を言われたり、そのうちどう動いたらいいのかさえわからなくなります。

患者さんの為というよりどうしたら怒られないかを気にするようになります。

これっておかしいですよね。

患者さんのために働く看護師が、患者さんのことよりもいじめられないことを気にするなんて。ただうまく立ち回ることを考えるなんて。

でも・・・いつもいじめられているとそんな気持ちになるのも仕方ありません。

看護師の仕事は現場で学ぶことがたくさんあります。ベテランになっても日々勉強です。

人間関係が良好な職場はお互い声をかけあい助け合い、高め合いながら仕事をしています。人間関係が良好な職場は患者さんのことに集中できます。

どうしたら患者さんの苦痛を和らげやれるか、どうしたら病状がよくなるか・・・考えることはキリがありません。

そうやって患者さんのために力を合わせて看護することは、看護の仕事のやりがいです。

充実感を味わい、「また頑張ろう!」と思えます。「看護師になってよかった」と思える瞬間です。

そういう毎日があなたを看護師として成長させています。

ところが今のようにいじめられているとのびのび仕事ができません。看護師として成長していくのはその職場では無理でしょう。

いじめがある職場は医療ミスを擦りつけられる可能性がある

寂しげな表情の女性

えっ??!と思われたかもしれませんね。

充分な申し送りをしなかったり、あなたがわざとミスをするように仕向けてくる可能性があります。

または、誰かの失敗を上手にあなたのせいにしたりすることもこれからあるかもしれません。

いじめられている人は弱い立場です。あってはならないことですが、残念ながらそういう人はいるのです。

いじめがある職場ではその可能性が高くなります。

怖いですよね。自分に関係ない医療ミスをあなたのせいにされたらあなたの人生に傷がつきます。

取り返しのつかない医療事故が起こる前に、そんな職場はやめたほうがいいです。

人間関係が悪い職場では連携がうまくいっていないので、医療事故の可能性が高まります。

いじめがある職場で我慢して心を病んだら人生を棒にふってしまう

不気味な木のシルエット

いじめられてつらい気持ちを我慢していると、そのうち眠れなくなったり、食べられなくなったり、毎日がつらくなります。

そうなると楽しいことなんて何もなくなり、生きているのがつらくなってきます。

生きていることがつらくなってくると死にたいと思うようになります。わたしにも経験があるのでよくわかります。

わたしがいじめられていたときは、生きているのがつらく楽しいことなんて何一つない灰色の毎日でした。毎日涙がこぼれていました。

きっと鬱の手前だったのだと思います。

らい気持ちに蓋をしていると心は病んで、鬱になってしまいます。

看護師のあなたは鬱がどんな病気か、鬱の再発率が高いことも知っていますよね。

鬱になってしまうともしかすると、あなたの人生を棒にふってしまうかもしれません。

働く場所はたくさんあります。今いる場所が全てではありません。世界は広いですよ!

わたしはいじめられていた職場から思い切って転職したとき、環境ががらっと変わり、あんな職場やめて正解だったと心の底から思いました。

わたしの場合、法人内の異動で、違う部署になりましたがわずか1か月で退職を決意しました。わずか1か月です。

でも早く決断して正解でした。いじめに関しては、我慢していいことは何一つありません。

周りの人から「我慢がたりない」といわれても無視しましょう。だいたい人の立場や気持ちは理解することができません。

あなたを守るのはあなたです。周りの声は気にしてはだめです。

せっかく苦労して看護師になったのですから、もっとのびのび自分らしく仕事ができる職場を探しましょう。

 

転職サイト「看護のお仕事」に登録して心を楽にしよう

髪の長い女性の寝顔

今あなたがすることは広い世界に目を向けることです。

看護師の仕事は働く場所がたくさんあります。それはありがたいですよね。

転職サイトに登録して、どんな職場があるのか見てみましょう。働く場所がたくさんあることがわかると心は少し楽になりますよ。

転職先を探す時にハローワークよりも転職サイトを利用することをおすすめします。

その理由はハローワークだと職場の細かいところまでの情報がないからです。

転職サイト看護のお仕事は医療業界に熟知したキャリアコンサルタントが親身になって相談にのってくれます。企業の情報はハローワークよりも詳しく得ています。

それに「看護のお仕事」のキャリアコンサルタントはあなたと企業の間に入って条件の交渉もしてくれます。

直接聞きにくい給料や休みのことなどはキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

そして、転職先が働きやすい職場なのかを知る手段として次の4つのことを確認してもらいましょう。

 

キャリアコンサルタントに確認してもらいたい4つのこと

・離職率

 

・離職理由

 

・年齢構成

 

・有給取得率

これらの項目は働きやすい職場かどうかの判断の基準になります。

これらの情報はハローワークでは得ることができませんし、面接で実際確認するのもなかなか勇気がいるものです。

「看護のお仕事」のキャリアコンサルタントに確認してもらいましょうね。

 

医療業界に熟知した転職サイトはこちら→看護のお仕事

おわりに

ピンクの花

今いじめられて心がつらくてでも踏ん張っているあなた。

今よりも心が楽に自分らしく働く職場は必ずあります。わたしが保証します!

看護師の仕事は働く場所・環境が変わると働きやすさが180度変わることをわたしが経験しています。

あなたも環境がかわると全く違う世界が待っています。

いじめがある職場は改善することは難しく、そんなクズな職場にあなたの大事な時間を使うのはもったいないです。

今勇気を出さないとあなたは明日も明後日もまたクズな職場に行くのです。

勇気をだして一歩踏み出してみて。