[イカゲーム5話のあらすじ]綱引きゲームに勝つ秘訣はおじいさんが知っていた

イカゲーム

イカゲーム5話「平等な世の中」のあらすじ・感想を紹介します。

あらすじは細かく書いていますので、これから見たい人にはネタバレ注意です。

4話のあらすじはこちら⇩

[イカゲーム4話あらすじ・感想]ゲーム以外でも怖くて気が抜けない夜

イカゲーム5話あらすじ

赤いマスクに男たち

画像引用元:Netflix

綱引きゲームで負けそうになるギフンたちのチーム。

もうダメだ!と思ったとき、サンウがある作戦を思いついた。

その作戦とは、「せーの」の合図でみんなが3歩前に出ること。

一か八かの作戦が始まった。

相手チームは一気に転び、その隙に有利になるギフンのチーム。なんとかギリギリで勝つことができた。

控え室に戻るギフンたちを見て、びっくりするドクス。

 

その日の晩御飯はとうもろこしと水だけ。

就寝時間が近づく。ドクスたちの襲撃を恐れるギフンたちはバリケードをつくり、交代で見張りをつけることにする。

最初はサンウとアブドュル。

自分たちの身の上話をしながら、番をする2人。

次の番はギフンとおじいさん。

おじいさんの様子がおかしいことに気がついたギフン。

熱を出していたおじいさんにセビョクは自分の水をあげる。

おじいさんの代わりに番をするセビョク。

 

消灯時間になっても111番の医師の男が戻らないことにドクスは違和感を感じていた。

その頃、111番の医師の男はゲームで亡くなった人の臓器を摘出していた。

臓器摘出の仕事が終わっても、ゲームスタッフが次のゲームを教えてくれないことに腹を立てた医師の男はゲームスタッフを襲う。

もう一人のゲームスタッフから追われる医師は逃げ惑い、カルメ焼きの会場だった場所に逃げ込んだ。

ゲームスタッフが医師の男に控室に戻るように説得する。

 

しかし、その場所にオーナーが現れゲームスタッフも医師の男も銃で撃たれる。

刑事のジュノは29番のゲームスタッフになりすまし、臓器摘出の部屋に入る。

29番は潜水し摘出した臓器を船で待つ人に届ける任務だった。

 

一緒に行動していたゲームスタッフから怪しまれるジュノ。

マスクを取るように言われ、29番でないことがバレてしまう

その瞬間、ジュノは相手に銃を向けて参加者名簿のある場所を聞き出す。

名簿のある場所を聞きだしたあと、ジュノはそのゲームスタッフを銃で撃つ。

そして参加者名簿が保管されている場所に行き、参加者名簿をの中から2015年優勝者に兄の名前を見つける

イカゲーム5話感想

黒いマスクのオーナー

画像引用元:Netflix

綱引きゲームではギフンたちのチームは負けそうでした。

勝つ秘訣をおじいさんから聞いて一度は優勢だったのに、途中から逆転されて劣勢になってきていました。

でも、サンウのひらめいた方法でなんとか勝つことができました。

普通に考えたら相手は男だけのチーム。ギフンのチームには年寄り、女性がいるので勝ち目はありません。

なのに結果は、勝ちでした。

一瞬力が緩むことで相手が転ぶことを狙ったサンウ、さすがですね。

こんなときでも冷静に考えられるのはすごいですね(ドラマですが、尊敬しちゃいます)。

 

そしてギフンたちが控室に戻ったときに、驚いた表情をするドクスも印象的でした。

多分、綱引きゲームでは勝てるはずがないと思ったのでしょうね。

捨てたハズのミニョもいたので、何とも異様な雰囲気を感じました。

 

消灯時間が近づきます。

またドクスたちが乱闘を起こすのではないかと思ったギフンたちはバリケードを作り身を守ることにします。

ドクスはそんなギフンをあざ笑いますが、ギフンから言われた一言で自分の身が心配になります。

怖いものなしのドクスでしたが、ギフンの一言でもしかして自分も狙われるのではないかと思うようになります。

ギフンが言った言葉は本編で確認してくださいね。

ギフンが言った一言は本当にその通りだと思いました。

その結果、ドクスはその日は大人しく休むことにしました。

 

ギフンは借金だらけで、だらしなくてどうしようもない男ですが、回が進むごとにイケメンに見えてきました。

このゲームに参加する理由になった女スリ師のセビョクのことも守ってあげます。

おじいさんのことを心配したり、いい奴です。本当は人がいい、素敵な人なのだと思います。

人生のどこかで歯車が狂ってしまったのかもしれません。

 

29番のゲームスタッフのふりをして、どんどん危ない場所に踏み込んでいく刑事のジュノのハラハラします。

ゲーム会場のすべてに監視カメラがついています。

兄のことを探しにきたジュノで修羅場を難なく切り抜けてきましたが、今度ばかりは危ないです。

オーナーがジュノのことを怪しんでいて、部屋を探っています。

 

そんな中、兄のファン・イノがかつてゲームに参加して優勝していたことを名簿を見て知るジュノでした。

兄は無事なんでしょうか?

ゲームの参加者と同様に、ゲームスタッフの背景も気になります。

6話はこちら⇩

イカゲーム6話「カンブ」あらすじ・感想|ビー玉遊びでまさかの展開に