私のプロフィールはこちら

忙しすぎてイライラが止まらない!仕事と育児が楽しくなる為のママナースの転職

笑顔の赤ちゃん

育休明けで仕事に復帰したときは、あんなに張り切ってやる気があったのに、最近何だか疲れてきた。

 

仕事と育児でやることが多すぎて毎日があっという間。

 

いつも睡眠不足で、最近イライラが止まらない。

 

夫は協力してくれるけど仕事のストレスもあってつい当たってしまう。

 

最近楽しいと思うことはないし、笑ってないな・・・

こんな気持ちを感じているあなた。

育児と仕事の両立で疲れがかなりたまっていますね。

 

家に帰ったらホッと一息つきたいところですが、子どものことや家のことで、やることは山積み。

育児に忙しい時期は気の休まる暇がなかなかありませんね。

 

今、イライラが止まらないのはかなりストレスが溜まっている状態です。

つらいという心のサインです。

このまま頑張っていても子育てはまだまだ時間がかかりますし、今の職場のストレスは軽くなるのは難しい状態です。

 

イライラが続くと毎日が楽しくありませんし、夫や子どもに当たるようになります。

家族関係が悪くなり益々楽しくなくなり悪循環に陥ります。

 

せっかく授かったかけがいのない子どもの育児と仕事を楽しんで生きていくために、今は仕事をセーブしたり働きやすい職場への転職を考える時期です。

 

イライラするのはストレスがたまり過ぎているから

イライラしてこぶしを握っている女性

育児は体力勝負

子どもを育てることは体力勝負です。

病気になって熱を上げることもあれば、聞き訳がないときもありますし、大人の思ったようには、なかなかいかないことも多いです。

 

体力的にも、精神的にも余裕があればゆとりを持って育児ができますが、疲れているとそんな余裕はありません。

毎日を過ごすことだけで精一杯ですね。

 

ストレスが溜まっていてママに余裕がないと、つい子どもにイライラしてしまうこともあります。

子どもと過ごしている時、心の中がほんわかと温かくなっていますか?

もし、温かくなっていないとすれば、かなり精神が疲労している状態です。

夫への不満が爆発

夫が育児に協力的だとしても、やっぱりママの方が子どもの世話をする頻度が多いものですよね。

外でも責任ある仕事、家に帰っても食事の支度や後片付け。

 

夫は会社の飲み会や仲間との飲み会で時々帰りが遅い。でもママはほとんど飲み会には参加せずにまっすぐ帰宅。

 

夫は会社と家の他に友人との時間で気分転換がはかれていますが、ママはなかなか家事育児から全く解放されることはありません。

その分ストレスをためやすい状態です。

 

そうなると協力的な夫にも段々と不満が出てきます。「あなたはいいわよね・・・」って。

 

つい、夫への不満をぶつけてしまいケンカになったり雰囲気が悪くなりますますイライラしてしまいます。

その状態が続くと夫婦関係も段々冷え切ってしまう危険性があります。

悲しげな表情の女性
育児に協力してくれない夫と離婚したい!そんな時ママナースの取るべき行動とは

 

イライラを放っておいてはいけない

子どもと手をつなぐママパパ

今の忙しい毎日が続く限りそのイライラが自然に消えることはありません。むしろもっとイライラが強くなる可能性が高いです。

もし、このまま放っておくとどうなるのでしょうか・・・

虐待してしまうかもしれない

子どもはなかなか親の言うことを聞かないときもありますし、聞き訳がなく機嫌が悪く泣くことも多いものですよね。

そんな時に親に余裕がないとイライラがMaxになり、つい手を上げてしまうかもしれません。

 

自分の具合が悪い時の子どもの泣き声って、いくら親でもイライラするものなのです。

心に余裕があればそんな泣き叫ぶ子どもを気長にあやすこともできますが、ストレスMaxな状態だとそんな余裕はありません。

 

最近の虐待のニュースを見て若い母親の虐待が多いと感じませんか?

 

昔は2世代や3世代同居の家庭が多く、子どもが泣いても祖母や曾祖母があやしてくれました。

子どもの世話を周りの家族が協力していました。

 

母親は自分だけで育児をしているわけではなく、つらい時に助けてくれる人が身近にいました。その分育児のストレスは軽減されていました。

 

でも、最近は核家族化が進み、子育ては夫婦で行う家庭が増えました。特に初めての育児だと手探り状態で緊張もしています。

子どもが泣いてもママしかいないとママは必死にあやしますが、子どもは泣き止みません。

 

初めての子育てで心も体も疲れていると余裕もなく、いつまでも泣いている子どもに腹を立てるようになります。

大家族だとそんな時、周りの家族が助けてくれるのですが、核家族だと全てママ。

 

仕事と育児で疲れているママは心に余裕がないので、いつしか子どもを可愛いと感じなくなってしまったり、子どもに大声をあげたり、手を上げてしまう危険性もあります。

 

暴力だけが虐待ではありません。

 

■無視する

■世話をしない

■食事を与えない

 

というのもネグレクトと言って立派な虐待です。

夫との関係は冷え切ってしまう

夫へ不満をぶつけていると夫と言い争いになることも増えてきます。

 

夫にしてみたら協力しているのですから、いつも不満をぶつけてきてイライラしている妻のことが嫌になってきます。

そうすると帰りが遅い日が増えてきたり、今よりも協力してくれなくなるかもしれません。

 

いつのまにか夫婦の関係は冷え切ってしまい、離婚という最悪の結果になる危険性もあります。

夫へはイライラをぶつけるよりも、日頃の感謝の気持ち、自分の素直な気持ち、もっとこうして欲しい、ことなどを柔らかく伝えていきましょうね。

大切なものを失ってしまうかもしれない

今、あなたの大切なものは何ですか?

好きな人と結婚して、子どもが生まれたときはどんな気持ちでしたか?

それが、忙しく心も体も疲労して余裕がないと、お互いを思いやる気持ちも薄れ、ぶつかり合い、大切なものが壊れてしまうかもしれません。

 

一度壊れてしまったら関係を修復するのは難しいです。

 

夫とは離婚。子どもはママが引きとったものの、今度は一人で全部やらないといけない。

子どもとの生活がかかっているので、仕事も簡単には転職できません。

今よりもストレスが多い生活になる可能性は高いです。

 

育児中は働きやすさで職場を選ぼう

赤ちゃんを抱いてキスするママ

育児中はママの負担を減らす

育児中だけ心に余裕をもてるように仕事をセーブする方法があります。

 

夜勤を免除

残業を免除

パート

 

など、勤務時間を減らす方法があります。

 

場合によっては給料が今よりも下がるかもしれませんが、時間にゆとりができると精神的に余裕が生まれます。

 

経済的に大変かもしれませんが、子どもが大きくまでの数年です。

節約生活をゲーム感覚で楽しんでみるというのもあります。

 

子どもが大きくなったらまたバリバリ働けばいいのです。

子どもが大きくなるまでの数年は、今は育児を第一に考えましょう。

芝生に座り子どもを抱く母親
子育て中のママナースの転職は経済的余裕より精神的余裕を選びたい理由

 

ママが働きやすい職場に転職する

今の職場よりも、ママにとって働きやすい職場に転職する方法もあります。

働くママにとって働きやすい職場とはどんな職場でしょう?

・同じように子育てしている年代が多い

 

・残業がなく定時で帰れる

 

・有給休暇が取りやすい

 

・子育てへの理解がある

 

・休みやすい

こんな職場だと働きやすいですね。

 

働きやすい職場で休みがきちんと確保されている職場なら、パートでなく正社員でも働いていけると思います。

これから2人目を考えているとしたら子育てはまだまだ続くので、今のうちに働きやすい職場をじっくり探ししましょう。

携帯電話で笑顔で話している女性
あなたの望む未来に近づく!輝く自分になれるナースのための転職サイト3選

 

おわりに

一輪のピンクのバラ

最近疲れてついイライラしているあなた、ちょっと立ち止まってこれからのことをゆっくり考えてみませんか?

 

人は変化を好まない生き物です。あなたの心は疲れ果てていますが、「まだ大丈夫、まだやれる」と頑張ってしまいがちです。

でも、このまま頑張ってももっと疲れていきます。

「イライラして夫とうまくいかなくなった」

「子どもなんか産まなきゃよかった」

と取り返しのつかないことになる前に一歩踏み出しましょう。

 

子育てはまだまだ続きますし、これから2人目ができると今よりもっと忙しくなります。

あなたの幸せ、家族の幸せのために心と体に余裕をもてる職場で、仕事も育児も楽しんでいきましょう!