いじめがある職場に未来はない!今すぐやめた方がいい理由[看護師いじめ]

[看護師]いじめから自分を守るための退職は常識なんて気にするな!

ベットに横になる女性の髪

いじめに遭い毎日がつらくて、でも頑張ってきたけど心はもう限界・・・辞めることを決めたものの、退職は1か月以上前に申し出るのが常識・・・?

でも・・・「つらくて1か月働くのは無理。今すぐこの職場から消えてしまいたい。」そう思っていませんか?

その気持ちわかります。わたしも経験がありました。

そんなに心がギリギリの状態まできているのなら、常識とか言っている場合ではありません。常識なんかより自分を守るために1か月も待たないで、退職する方法を考えましょう。

わたしは以前いじめに遭い、計画的に突然退職しました。

その時のことについては「いじめで心が限界に。突然退職するしかなかった私の体験談」の記事に書いています。

 

まず常識という考え方をやめよう

いろいろ考えている男性のシルエット

退職する時には1か月以上前に、その意志を上司に伝え、受理されてから退職となるのが常識と思われています。

その1か月の間に後任の人を探したり、引き継ぎが行われます。急に「もう行きません」といい退職するのは「世間を知らない」「常識がない」と言われるかもしれません。

でも民法では2週間前までに退職する旨を伝えること、と規定されています。

 

でもあなたが職場でいじめに遭い、毎日つらい思いをしていてもう辞めたい程悩んでいるのなら話は別です。

そもそもいじめがある職場はあり得ない職場ですし、それを改善できないことにも責任があります。

職員がいじめで苦しくて心を病んでいても、改善できない職場に尽くす必要はないと思います。

もし、あなたが「辞める」と言ってから1か月働けるようであればそれでもいいかもしれませんが、もう無理だと感じたのなら常識なんて気にする必要はありません。

 

自分を守るための退職ステップ

歩いている女性のシルエット

ここでは、辞めるということを当日まで言わない自分を守るための退職方法を紹介します。

いつで退職するか決める

辞めるという決断をしたら、いつで辞めようか決めましょう。わたしも経験があるのですが、辞める日を決めたら心がちょっとスッキリして辞める日までなんとか頑張れるものです。

 

もし、1か月働いていけそうなら、自分が辞めたい日の1か月前に上司に伝えることもアリです。

ただ、すんなり承諾してくれるかはわかりません。辞めないように説得されたり、退職日を延ばされるかもしれません。

 

少しづつ私物を持ち帰る

自分で決めた退職日が近づいたら、少しづつ私物を持ち帰りましょう。

後から取りに行けるのならそれもいいですが、突然の電話で辞める退職方法の場合、気まずくなるかもしれませんので、事前に持ち帰ったほうがいいでしょう。

私物を処分してもらってもいいのなら持ち帰らなくてもいいですが、もしかして「自分で取りに来て捨てて下さい」と言われるかもしれません。

あとから面倒になるなら自分で持ち帰ったほうがいいでしょう。

 

朝電話で退職を伝える

これは緊張しますが、頑張りましょう!

もう最後です。もう行かなくていいのです。どんなことを言われてもスルーしましょう。もう気に入られようとしなくていいのです。

淡々と「〇月〇日付けで退職します」と伝えます。

もし有給休暇が残っているのならこの時、口頭で有給休暇を使うことも伝えます。

 

相手が承諾してくれない場合は、内容証明郵便(配達証明付)で退職の意志を伝えましょう。

 

退職の手続きは郵送にしてもらう

退職の手続きに行けそうなら行きましょう。手続きは現場ではなく事務が行うので、職場の人達とは会わなくても済む場合があります。

でも、その職場にもう行きたくないのなら手続きは全て郵送で行うこともできます。

顔を合せなくても済むなら気持ちがラクですよね。

 

退職代行サービスを利用して退職する方法もある

 

ビジネスパーソンのシルエット

退職代行サービスって聞いたたことありますか?

あなたが職場に退職の旨をつたえなくても代行サービスが代わりにやってくれるサービスです。

あなたは退職代行サービスにお願いすれば、あとは書類を郵送するだけなんです。

 

いじめが理由で退職するときは、辞めることを伝えてからより一層いじめがひどくなる可能性があります。

また、退職の意志を表明しても、人手不足を理由にすんなり退職を認めてくれない場合もあります。

「退職する3か月前、または1か月前に言うのが常識」と言われ退職を延ばされる可能性もあります。

 

 

でも、いじめが理由の場合は常識的とよばれる退職方法をとる必要はありません。まず大事にするのはあなたを守ることです。

辞めることを伝えてから退職する日まで、針のような職場で我慢する必要はありません。

 

あなたを守るための退職方法として、退職代行サービスを利用することをオススメします。

退職するとき一番いやなのは退職する旨を職場に伝えることではありませんか?

あなたはいじめで心がズタズタな状態で、さらに退職を伝えることはストレスがかかりすぎて危険な状態です。

退職代行サービスでは、退職をする旨をあなたに代わって職場に伝えてくれます。あなたはもうそのゴミのような職場へは連絡しなくていいのです。

退職代行サービスに連絡を取ってもらい、あとは書類を郵送するだけで退職することができます。

もし、有給休暇が残っていて消化したいなら、その旨も退職代行サービスが交渉してくれます

 

わたしがオススメしたいのは退職代行サービスSARABAです。

SARABAの利用料は30000円で、追加料金は一切ないので安心です。

 

退職代行 を利用していじめのあるゴミのような職場とおさらばしましょう。

 

おわりに

微笑んでいる女性の横顔

「辞めよう」と自分の気持ちがハッキリ決まったらあとは行動するだけです。

退職の意志を伝えている場合、職場ではそれを断ることはできません。ただ、「今すぐは困る」「もっと頑張れ」「もう少し延期して欲しい」と言われる可能性はあります。

あるいは「常識がない」とあなたを責めるかもしれません。

いじめに遭い心がつらくなっての退職は自分の体のことを一番に考えましょう。体を壊したら元も子もありません。

いじめが原因の退職は常識なんて気にしなくていいのです。自分を守るための退職方法を選びましょう。

自分らしく楽しく働くことができる新しい職場を探しましょう。

 

退職代行サービスSARABAはこちら→退職代行