私のプロフィールはこちら

上司が嫌いで仕事に行きたくない!心を楽にする4つの方法[今すぐできる]

スーツを着た男性

上司が嫌い仕事に行きたくない…

毎朝ゆううつ…

 

こんな気持ちで悩んでいるあなた。

毎日が憂鬱で、どんどん気持ちが落ちていってしまいますよね。

上司のことが嫌いだと毎日、仕事に行くのが憂鬱になりますよね。

 

上司にもいろいろなタイプに人がいて、人間的にどうなのかな…?と思う上司も少なくありません。

しかし、仕事をしていくには何かと上司との関わりが多く、切ることのできない関係です。

嫌いな上司と毎日顔を合わせるのは、かなりのストレスになりますし、段々と仕事もつまらなくなってしまう可能性もあります。

仕事を快適に進められるかどうかは、上司との関係にかかっているといっても過言ではありません。

 

今、上司が嫌いで仕事に行きたくないと悩んでいるあなたに、心を楽にする4つの方法を紹介します。

今すぐできる方法です。

 

私も過去にどうしようもなく、嫌な上司がいて毎日が憂鬱でした。

私はこの方法で気持ちが楽になったので、あなたもぜひ試してみて下さい。

 

その方法とは、

上司に必要以上に関わらない

 

自分の意見を主張しない

 

異動を希望する

 

転職する準備をする

それでは一つ一つみていきましょう。

上司に必要以上に関わらない

耳を塞ぐ人と、目を覆う人と口を覆う人

上司とは必要以上に関わらないと気持ちが少し楽になります。

ポイントは「必要以上関わらない」ということろです。

 

仕事上では、上司との関わりは切ることができません。

関わりは切ることはできませんが、その機会を減らすことはできます。

接点をなるべく減らすようにしましょう。

 

それはそういうことかと言いますと、必要なこと以外話かけたりせず、仕事以外の話を極力しないということです。

例えば、プライベートの話や仕事とは関係のない話は、なるべく自分からしないということです。

必要な時の話は仕方ありませんが、自分から積極的にコミュニケーションを取ろうなどと思わない方がいいです。

プライベートの話も必要ありません。

 

コミュニケーションを取ろうとしない方がストレスが少なくて済みます。

向こうが勝手に話してくるのなら仕方ないので、聞いてあげるしかありませんが、最小限レベルの聞き方にしておくのがベスト

最小限レベルの聞き方とは、話は聞きそれなりの反応はしますが、積極的に質問したり話を盛り上げようとしないことです。

話の聞き方があまりにも素っ気ないとダメですが、それなりの反応をしているので、問題ありません。

話をしていて、相手の機嫌をとろうとか、気に入られようと思わないと楽になりますよ。

 

私は自分から仕事以外の話はなるべく上司と話さないようにしました。

上司との関わりを最小限にしました。

なるべく自然に避けるようにしました。

関わりが少なくなるだけで気持ちが少し楽になりますよ。

自分の意見を主張しない

リーダーシップを表現しているイラスト

カンファレンスやミーティングで、意見を言って気まずくなったことはありませんか?

職場のことを思って話したのに、わからずやの上司から反対された時がありませんか?

 

仕事のことを考えて発言したのに、頭から反対されたり、嫌な気分にさせられたりすることもあります。

風通しのいい職場なら上司も部下も意見を言い合うことができます。

対等に話し合いができて、お互いの話を尊重できる相手なら意見は言ったほうがいいです。

 

でもわからずやの上司のいる職場なら、意見を強く主張しないほうがいいです。

熱い思いでぶつかっていってもあなたが疲れるだけです。

部下の話を聞かない上司なら話すだけ無駄。

当たらず触らずがいいでしょう。

 

どれだけ熱い思いで話をしても、認めてはくれず一生懸命話をした分悲しくなります。

そうなると「ぶつかるだけ疲れる、嫌な思いをするだけだし」だと感じるようになってきます。

そして、いつの間にか仕事に対する意欲も落ちていってしまいます

 

私がそうでした。

わたしが以前働いていた職場の上司は、とにかく融通がきかない「四角いものは絶対四角!」というタイプの人でした。

主任やスタッフが意見しても、顔つきが変わり絶対聞き入れません。

カンファレンスでスタッフがいろんな意見を自由に話していても、結局は自分の意見で決めてしまいます。

 

その頃わたしはまだ新人だったので、積極的に自分の意見は言うことはありませんでした。

周りのベテランたちが意見を言っては、毎回嫌な思いをしているのを見ていました。

わたしはこの環境の中、平穏に暮らしていくには、主張せずに流れに身を任せているほうが賢明だと学びました

 

とことんぶつかって認めてもらう方法もあります。

でもその方法はそれはかなり疲弊しますし、実際このような上司の場合改善は難しいのです。

ならば今は、当たり障りなく働いていた方ががいいと思います。

異動を希望する

プレゼンする上司

異動を希望する方法もあります。

異動願いが出せる職場だったら、希望を出してみましょう。

「もっと他の部署で勉強したい」等の理由にして、異動を希望してみる方法もあります。

異動できるとその上司から離れることができるので、ストレスから解放されます

 

上司が異動するのをひたすら待つ方法もあります。

でも、わたしの経験上、役職者は簡単には移動しないので、そのチャンスはなかなか来ないかもしれません

転職する準備をする

歩くビジネスマンのイラスト

最後の手段は転職です。これしかありません。

上司が嫌いで仕方ない場合は、転職もありです。

上司が変わると働きやすさは全く違います。

働きやすい職場かどうかというのは人間関係で決まると言っても過言ではありません。

いくらいいお給料をもらっても、上司が最悪で仕方がないのなら物凄いストレスになります。

毎日が憂鬱になり、仕事に行きたくなくなります。

嫌いな上司のもとではあなたの実力は発揮できませんし、正しい評価もしてもらえません

 

今のうちに転職の準備をしましょう。

どんな求人があるのかを知るだけでも心は楽になります

 

もう限界になってから仕事を探すと時間も気持ちの余裕もなく、急いで仕事を探すことになります。

急いで探すと失敗する可能性が高いです。

まだ切羽詰まっていない今からゆっくりと転職に準備をしておくことをおすすめします。

 

まだ切羽詰まっていないので、転職の準備はゆっくりすることができます。

気持ちに余裕があるので、冷静にじっくりと探すことができます。

じっくりと探すことで、自分の希望の職場を見つけることができるかもしれません。

転職先を探すときに、気持ちの余裕は大事です。

 

転職先が見つかったからといって、すぐに転職しなくてもいいですし、もし希望通りの職場が見つかったら転職を真剣に考えてもいいです。

もし、すぐに転職しなくても転職先があると思うだけで気持ちがとても楽になります

嫌ならやめればいいさ…という心の余裕が生まれるからです。

それにもしかして、転職の準備をしている時に、自分や上司が異動になるかもしれません。

 

もう無理…

となる前に転職活動をしておくのもいい方法です。

転職しなくても転職先があることがわかると、気持ちが安心します。

まとめ

ビジネスマンのイラスト
上司が嫌いで仕事に行きたくないときに、今すぐできる心を楽にする4つの方法を紹介しました。

 

4つの方法とは、

上司に必要以上に関わらない

 

自分の意見を主張しない

 

異動を希望する

 

転職する準備をする

この4つです。

 

私がとくにお勧めしたいのは、「必要以上に関わらないようにする」と「転職する準備をする」の2つです。

私はこの2つを実行することでストレスが少し少なくなり、気持ちが楽になりました。

 

上司が嫌いで仕事に行きたくないのは、私も経験したことがありました。

毎朝憂鬱でした。

上司を変えることはできないので、私は自分のストレスを最小限にすることを考えました

必要以上に関わらないことを意識するだけで、とても楽になりましたよ。

 

上司が嫌いでも仕事をしていくには、どうしても関わりは必要です。

上司と関わらずに仕事をすることは不可能です。

上司が嫌いで仕事に行きたくないならこの4つの方法を試してみてください。

4つの方法でなるべくストレスの少ない毎日を過ごしましょう。