いじめでつらい!毎日が憂鬱!いつまでそんな職場で我慢するつもりですか?

33歳ママは看護学生!勉強・家事・育児と大忙しの5年間


洗濯のイラスト「洗濯カゴ・お母さん」

33歳の看護学生って聞いてどう思いますか?

えっ?と思われた方もいるかもしれませんね。普通は学生といったら20歳くらいですものね。

じつはわたしは33歳の時に看護学校に入学しました。でもね、わたしより年上の方もいたんですよ。当時40代の方も・・・

社会人になってから資格のある仕事を求めて看護学校に入学する人は多いんです。やる気があれば何歳からでもはじめることができるということですね。

わたしが看護学校に入学したころは夫がいて(まだ離婚していなかった)長男は小学校3年生、二男は小学校1年生でした。

二男が小学校に入学するときにわたしも入学、親子そろってピカピカに1年生に。

その時の大忙しの5年間のことを書いてみようと思います。もしかしてこれから看護学校に通うママの参考になったら嬉しいな。

 

 

看護学校の5年間

フラットデザインのアイコン ノートのアイコン素材
まず5年間も学校なのって思いませんか?5年て長いよね・・・。

看護師になるにはいくつか方法があって大抵は4年制の大学か、3年制の専門学校に通い資格を取る人がほとんどです。

この2つの学校は昼間の全日制の学校です。

そのほかに准看護師になるための学校や、准看護師が正看護師になるための学校がありますが、それらは授業が半日なので仕事やバイトができます。

私たちが普段「看護師」と呼んでいるのは正看護師のことです。

看護師には国家試験に合格してもらえる正看護師(看護師)と、都道府県の試験に合格してもらえる准看護師という資格があります。

 

わたしは経済的に厳しくて仕事をしなければ進学できない状態だったので、准看護学校に通いそれからまた半日の正看護師になるための学校に通いました。

准看護学校に2年、その後さらに正看護師になるための専門学校に3年通っていたので、合計5年間ママをしながら看護学生の日々を過ごしていました。

遠回りしたのはお金がなかったからです。お金があったら最短の3年生の看護師に通いたかった。

現在は時代の流れで准看護学校の養成施設は全国でかなり減少してきています。わたしの卒業した准看護学校も今では全日制の3年生の専門学校にかわりました。

 

准看護学校の2年間と正看護師になるための3年間をそれぞれ紹介したいと思います。

 

准看護学校の2年間

フラットアイコン素材

准看護学校1年生

学校は午後から始まります。わたしの通っていた学校は月曜日から金曜日まで午後1時30分から5時までが授業でした。

学校は午後からでしたので、午前はバイトをしてる子がほとんどでした。病院の看護助手をしている人が多かったです。

そんな中わたしはスーパーでバイトをしていました。看護助手のほうが給料はよかったのですが、夜勤があったり授業が終わってからも夕方から仕事があり、ママのわたしには無理でした。

 

1年生は学科だけで2年生になると病院での臨地実習が始まります。

学科は解剖生理や病気のこと、それぞれの病気別看護について、その他、哲学、国語、英語、体育など・・・様々な教科があります。

 

33歳のわたしは「体育」の授業が新鮮でした。バレーボールや卓球、バスケットボールなど・・・体育はいい汗かいて楽しかった~!20代の子たちと混じって楽しんでました。

 

授業の合間に演習も行います。演習とは実際に患者さんや看護師の役割になり体験することです。

学生同士でペアになり実際にお互いの体を拭いたり、洗髪をおこなったり、シーツ交換をしたり・・・。

ベットから車いすへの移乗も行ったり、特殊な装備をして高齢者や妊婦さんの疑似体験もしました。患者さんの立場になれる演習って大事なんですよね。とても勉強になりました。

 

准看護学校2年生

2年生になると病院での臨地実習が始まります。

実習は4月から11月まで(学校の夏休み約1か月はお休み)で、週に3~4日の朝から夕方までびっしりです。

1年生で学んだことを現場に行って実習します。実習がない日は学校で授業がありました。

病院での実習以外にも保育所での実習があるんですよ。わたしの時代はありませんでしたが現在は保健所への実習もあります。

 

臨地実習

朝8:30まで実習場である病院へ向かいます。

朝は学生担当の看護師に今日の行動予定を伝えます。

例えば、「受け持ちの患者さんの洗髪を行いたい」「足浴(足を洗いたい)をしたい」など・・・。

だいたいは看護師さんと一緒に受け持ち患者さんのケアを行います。

体温測定や、血圧測定、食事介助、清拭(体を拭く)、シーツ交換、検査に同行もします。ベットサイドで患者さんとコミュニケーションを深めます。受け持ちの患者さんを主にケアします。

カルテから情報収集をして記録をしたり、受け持ち以外の患者さんの検査も同意をもらい、見学させてもらうこともあります。学生として見学できるものは積極的に見学させてもらいました。

毎日夕方のは担当の看護師さんと反省会が行われ一日が終わります。

ほぼ一日立ちっぱなしで足も疲れ、緊張感で毎日くたくたでした。病院での臨地実習は緊張感もありなかなか厳しいものでした。

 

高等看護学校の3年間

フラットアイコン素材

高等看護学校1.2年生

高等看護学校の1.2年生は准看護学校の1年生と同じように学校での学科の勉強です。

学科は准看護学校の時よりもさらに深く勉強します。

 

高等看護学校の3年生

高等看護学校の3年生は准看護学校の3年生の時と同じように、4月から11月まで病院での臨地実習が始まります。

准看護師の免許を持っている人が進学する学校なので、この学校の3年間は病院に准看護師として働きながら通っている人がほとんどでした。

わたしもスーパーでのバイトをやめて病院に勤務しながら、通学していました。普段は半日しか勤務していなくても週末や長期休みには朝から勤務できますし、学生を応援する病院もたくさんありました。

スーパーでのバイトの時よりも給料が上がったので助かりました。

 

 

看護学生だった私の一日

フラットアイコン素材

准看護学校1年生と高等看護学校1.2年生のとき(学校での授業)

学校での授業だけの時の毎日のスケジュールは、准看護学校も高等看護学校もほぼ同じです。

・6:00   起床

 

・7:00   朝食

 

・7:30   子ども登校

 

・8:30   仕事

 

・12:30  仕事終了・学校へ

 

・13:30  授業開始

 

・17:00  授業終了

 

・18:00  帰宅

 

・19:00  夕食

 

・20:00  家事

 

・21:00  入浴

 

・21:30  勉強

 

・22:30  就寝

准看護学校の時は、毎日は勉強していませんでした。試験の前だったり課題があるときだけ勉強していましたので、比較的早く眠ることができました。

 

准看護学校2年生と高等看護学校3年生の時(臨地実習)

臨地実習の時の毎日のスケジュールは学校での勉強の時とはかなり変わります。

・6:00  起床

 

・6:30  朝食

 

・7:30  子ども登校

 

・8:00  臨地実習

 

・17:00 実習終了

 

・18:00 帰宅

 

・19:00 夕食

 

・20:00 家事

 

・21:00 入浴

 

・23:00 実習の記録

 

・24:00 就寝

実習のときは毎日、実習の記録を書かなければなりません。自己学習もあるので、睡眠時間が減りました。

 

 

おわりに

フラットデザインのアイコン シンプルな時計のアイコン

このブログをみているということは、もしかしてあなたは今看護師になりたいと思っているのですか?

子どもがいるママさんにとっては学校と育児の両立は簡単ではありません。でも自分の強い気持ちと、協力してくれる家族がいれば頑張れると思います。

看護学校の3年間をなんとか頑張れたら看護師になれます。(試験に合格しなくてはなりませんが)

わたしは看護学校の5年間はとても充実した時間でした。つらいことも多かったですがとてもいい経験だったと思います。

社会人になってから、そしてママになってから看護師をめざす人はそう多くはありません。そんな中、看護師をめざしたいと思ったあなたを応援したいです。

大忙しだった5年間でしたが、今人生を振り返ってみると挑戦してよかったな!と思っています。

あなたも夢をめざしてみようと思ったのなら頑張って!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です