私のプロフィールはこちら

子育て中のママナースの転職は経済的余裕より精神的余裕を選びたい理由

芝生に座り子どもを抱く母親

2人目の育休休暇が終わりまもなく仕事復帰。

 

夫の勤務は不規則で、子育ての援助をお願いしたい両親はまだ仕事をしていてあてにならず。

 

住宅ローンがあり、働かないと生活に余裕がない。

 

復帰したら夜勤も始まるけど、育児と仕事の両立を考えると不安。でも経済的に働かないと生活がきつい。

これから仕事と育児の両立を考えているあなた、不安でいっぱいですよね。

経済的理由がある場合、精神的にもきつい状態ですね。

特に、夫や両親などから育児の援助が期待できない場合は、ママにその負担が大きくのしかかってきます。

援助がないと続けていくのはかなり厳しいです。

 

経済的な理由で働かなくてはならないけど親からの育児への援助がない場合、子どもが大きくなるまでの一定期間、

■夜勤のない部署への異動

■パートへの変更、または転職

などママの負担の軽減を考える必要があります。

 

収入は減りますが仕事をセーブすることで、精神的には余裕が生まれます。

この記事では、子どもに手がかかる時期だけは金銭的余裕よりも、精神的余裕を選びたい理由を紹介します。

心に余裕がないと全てがうまくいかない

腕を組んでイライラしている女性

心に余裕がないとイライラする

朝は子どもに朝ご飯を食べさせて、保育園へ。その後職場へダッシュ。

 

仕事が終わると急いで買い物を済ませて保育園にお迎え。

 

家についたら夕食、片付け、お風呂。子どもを寝かしつけたら洗濯、やっと眠れると思って横になると、もう朝。

 

自分の時間なんてない。

 

毎日がただただあわただしく過ぎていく毎日。

仕事に復帰してからの毎日はきっとこんな毎日です。

 

仕事とママの両方をこなすのは並大抵なことではありません。

仕事が終わると気が休まる間もなく今度は育児。

 

もし、育児に協力的な夫や、両親がいたとしてもやっぱり育児は大変です。

それなのに、周りに育児を援助してくれる両親がいない場合はママの負担が重すぎます。

 

心に余裕のないママの毎日は、イライラして笑顔がなくなっているかもしれません。

今しか見れない子どもの成長を楽しむ

子どもは毎日成長していきます。このかわいいわが子の成長を見ていられるのは、実は限られた時間なのです。

 

今はそんなことを実感できないかもしれませんね。わたしは自分で経験したので、そのことを実感しています。

人生の時間は結構あっという間に過ぎていて、子育ての時間も過ぎてしまえばあっという間です。

 

その貴重な時間を心に余裕がない状態で、ただただ忙しく過ごすより、「思い切って数年だけは育児に集中しよう!」と割り切って楽しんでしまう考え方もあります。

 

心に余裕があると楽しむ余裕ができます。

今しか見れない子どもの成長を楽しむのもいいと思いませんか?

ママがイライラすると夫との関係も悪化

夫や両親からの育児への援助がない中、頑張って仕事をしていたら、ママの疲労はMaxになります。

いくら健康に自信があるママでもです。

 

子どもが熱を上げるといつも自分ばかりが早退したり、仕事を休んだり・・・。

疲れがたまってくると相手を思いやる気持ちがなくなるので、「いつもわたしばっかり、夫は協力してくれない」と思うようになります。

 

相手への不満がたまってくるとケンカになったり、夫婦関係もギクシャクしやすくなります。

子どもの前でケンカすることもあるかもしれません。

お互いを思いやることができなくなると、最悪離婚ということにもなりかねません。

子育て中は給料よりも働きやすい職場

クマのぬいぐるみを抱いて眠っている子ども

子どもは急に病気になる

1人目の子育ての時も大変だった思いますが、子どもは急に熱を出したり、病気になりますね。

熱が上がると保育園では預かってくれませんし、保育園から連絡がくるとすぐに迎えにいかなくてはなりません。

もし、どうしても仕事が休めないなら、ベビーシッターを頼まないといけませんがそれもお金がかかります。

普段でも忙しいのに、病気の時は子どもを病院に連れていったり、更に忙しくなります。

子どもが病気になるとママは心配事が増えるので、精神面での負担が重くなりますね。

 

明日は仕事。

 

明日まで熱が下がらなかったら、どうしよう

 

急には休めないし・・・。

 

その心配がストレスですよね。

今度は子どもが二人です。子どもの病気や仕事を休まないといけないことへのストレスは増えることが予想されます。

子どものことで休むのは肩身が狭い

同じような年代のママが働いている職場や、子育てへの理解がある職場ならいいですが、残念ながら子育てへの理解がない職場もあります。

急に休むとなると、申し訳ない気持ち、肩身が狭い気持ちになります。

何度もそういうことがあれば居心地が悪くなる可能性もあります。

 

でも子供に病気はつきものなので、夫や両親からの援助がないママは突然休むリスク、ストレスはつきものです。

子育て中は給料よりも働きやすさを重視して職場を選ぼう

特に夫や両親からの子育てへの援助がない場合は、ママの負担が大きくなります。

給料面よりも働きやすい職場を選ぶことでストレスを少しでも減らすことができます。

 

全くストレスをなくすることは厳しいですが、軽くなることで精神的にはずいぶん違います。

 

もし、今の職場で子育てをしながら働いていくことが厳しい場合、転職する方法もあります。

子育て中は経済的余裕よりも精神的余裕を

住宅ローンがあるし、共働きでないと生活が大変。

 

そんな経済的理由で働かないといけない状態だとしても、夫や両親からの援助がないとなると、ママの負担だけが大きくなってママがつぶれてしまいます。

 

忙しい毎日にイライラしてきて「子育てなんて大変なだけ・・・」そんな風に思うようになるかもしれません。

そうなると育児は楽しくなくなります。

 

働くことで、経済的に余裕はあるかもしれませんが精神的には全く余裕がありません。心はいつもイライラ、ギスギス。

せっかくの今しか経験できない育児の楽しさを感じないまま子どもが大きくなってしまいます。

 

それよりも例えば今だけは残業のない職場への異動や、パートになる、転職するという選択肢もあります。

仕事をセーブすると給料は今よりは減少します。

 

でもその分時間はあるので、子どもと関われる時間が増えて精神的余裕がうまれます。

子どもの成長を楽しむ心の余裕がうまれます。

 

「寝返りが打てた瞬間を見れた!」など、毎日のちょっとした成長に気がつくこともできて子育てを満喫できます。

収入は減るので生活は大変になりますが時間はあるので、節約をゲーム感覚で楽しんでみるのもいいでしょう。それも今だけの経験です。

 

そのうちに両親の環境が変わり育児に協力を得られるようになるかもしれません。

夫とも話し合い、経済的に厳しい状態の数年を一緒に乗り切るために、協力できるところは協力してもらいましょうね。

 

あなたの職場は2人の子育てをしながら働ける職場ですか?

 

もし「残業が多く定時で帰れない」という職場なら、あなたの疲労は日に日にたまっていきます。

疲れてヘトヘトになる前に、今のうちじっくり働きやすい職場を探す方法もあります。

 

体を壊したりして急いで探すと、妥協して決めてしまうことになりかねません。

今のうちに転職サイトに登録してじっくり探す方が希望通りの職場を見つけることができます。

 

おわりに

花畑で花をつむ少女

2人の子どもを育てながらナースをするのは、本当に大変です。

今不安になっているあなたの気持ちはよくわかります。

1人目のときもきっと頑張ってきたんですよね。本当にお疲れ様でした。

 

今度は子どもが二人です。今までよりも大変になるのは間違いありませんが、その分喜びも2倍になります(*^_^*)

経済的な理由があり働かないといけないとはいえ、育児への援助が得られない場合はあなたの負担が増えるだけです。

 

ママが元気で太陽でないと家族はうまくいきません。

 

育児への協力が得られる時期までは経済的余裕よりも精神的な余裕を選んで、この際割り切って育児を思う存分楽しんでしまいましょう。

 

シャボン玉をしている女の子
看護師の仕事と育児の両立が忙しすぎて子どもがかわいく思えない
悲しげな表情の女性
育児に協力してくれない夫と離婚したい!そんな時ママナースの取るべき行動とは