私のプロフィールはこちら

看護師のスキルアップにケアマネは必要か?ケアマネを取った方がいいのはこんな人

パソコンをいじる看護師のイラスト

こんにちは。

50代の看護師、ととまです。

わたしはケアマネージャーの資格を持っています。

 

看護師として働いているけどスキルアップを考えて、ケアマネの資格を取ることを考えている。

 

ケアマネの資格はこの先活かせることがあるのかな?

 

と悩んでいるあなた。

 

苦労してケアマネの資格を取ったわたしがその悩みにお答えします。

 

ケアマネの資格は、これから看護師としてどう働いていきたいかによって取った方がいいのかが変わってきます。

もし、病棟勤務の看護師でずっと働いていこうと思っているのなら、ケアマネははっきり言って必要ありません。
ケアマネの資格を取った方がいいのは次のような人です。

 

将来訪問看護で働きたい

将来訪問看護ステーションを立ち上げたい

転職の幅を広げたい

 

上記のような場合はケアマネは今のうちに取っておいた方がいいです。

 

この記事では、看護師の場合どんな人がケアマネを取った方がいいのかについて、実体験をもとに紹介しています。

 

将来訪問看護で働きたい

聴診器

将来、訪問看護で働きたいと思っている人はケアマネの資格は取っておいた方がいいです。

 

在宅で生活している人を支える訪問看護の仕事は、病棟の看護とはまったく違います。

在宅で生活している訪問先の療養者さんは、訪問看護師だけでなく、いろいろな職種の人に支えられて生活しています。

 

たとえば、

 

ケアマネ

ヘルパー

訪問リハビリテーション

デイサービス

福祉用具の担当者

 

などなど、たくさんの職種に支えられて生活しています。

 

訪問看護師は看護のスペシャリストで看護を担当。

他の職種の人と連絡を取り合い情報交換をしたり、療養者の状態によっては、すぐにケアマネに連絡をします。

 

療養者さんを支えるために中心となるのは、なんと言ってもケアマネ。

もちろんケアマネが中心になり、療養者を支えるために調整するのですが、看護師もケアマネの知識があった方がいいです。

 

なぜ、看護師もケアマネの知識があった方がいいかといいますと、その方がスムーズにいくから。

療養者さんのサポートがスムーズにいきます。

訪問看護師も介護保険を取り巻く法律やサービスなども知っていた方が絶対スムーズです。

 

だってもし、介護保険のことなどがさっぱりわからなかったら、問題に直面してもどんな解決法があるのかわかりません。

その度に一つ一つのことをいちいちケアマネに相談・確認しなくてはなりません。

だから解決するのに時間がかかります。

看護師も介護保険などの知識があった方が、スピーディーに進みます。

 

ケアマネからの一方的な話にただ従うのではなく、どんな方法があるのか一緒に考えたり、提案をしたり…対等に意見を言うことができます。

こちらが知識があるのかどうかで話し合いのレベルはまったく違います。

 

わたしはケアマネの資格を持っていて、訪問看護で働いたことがありますが、そのことを実感しています。

 

特に介護保険の場合、

 

介護保険の認定調査って何をするの?

介護度が決まるまでどれくらいかかるの?

それまでサービスは使えないの?

この人の場合、どんなサービスが使えるのかな?

困難な問題にぶつかり解決策がない

こんな場合どうしたらいいのか?

 

などなど…

たくさんの疑問が出てきます。

 

こんな時いちいちケアマネに聞かなくても、自分に知識があるとイメージできます。

不安に感じている療養者さんにアドバイスができます。

解決策を想像できるかどうかで動き方は違ってきますし、対応の速さが違います。

 

それに働いている看護師の充実度も違います。

自分である程度考えられると働いていて、充実感を感じたり自信につながりますよ。

なんでもケアマネに聞かないと動けないよりも知識があった方が絶対いいです。

 

わたしは訪問看護で働いたことがあります。

その時にケアマネの知識がかなり役にたちました。

わたしの場合、訪問看護をやるために、ケアマネを取ったわけではなくたまたまだったんですけどね。

でもたまたまだったけど、ケアマネの資格取っておいてよかった~。

 

どんな時によかった~って思ったかと言いますと、

 

療養者さんやその家族から介護保険について質問された時

療養者さんに使えるサービスがわかる

介護度にサービスのよって使える限度がわかる

相談を受けた時にだいたいの費用がわかる

 

などなど…

 

詳しいことは後からわかるとしても、とりあえず疑問に思ったことにはすぐに答えることができます。

まだ介護保険を使わない人にも聞かれた時、すぐに答えられることは、相手にとってもいいことですし、自分も気持ちがいいものですよ。

 

多分、ケアマネの知識がなくても訪問看護はできますが、本人の自信や充実感が違うと思います。

ケアマネの資格がある方が自信をもって仕事ができます。

それはどんなことが起きても、そんな時どうすればいいのかを考えられるから。

 

将来、訪問看護で働きたい人は取っておいた方がいいです。

 

将来訪問看護ステーションを立ち上げたい

チャンスの波に乗る人のイラスト

訪問看護ステーションは看護師の資格があれば立ち上げることができます。

看護師が2.5人いれば訪問看護ステーションを立ち上げることができるので、友達同士などで立ち上げる人もいます。

 

高齢化社会が進む

在宅での看取りの増加

 

以上の理由から訪問看護の需要はこれから増えていくことが予想されます。

 

在宅はやりがいも大きいですし、いつか自分で訪問看護ステーションを立ち上げたいと思う人もいます。

 

訪問看護ステーションは療養者さんを獲得できれば、病院に雇われていた時よりも収入をアップさせることも可能です。

なにより自分たちの頑張りがそのまま数字に反映されるので、やりがいをもっと感じることができるでしょう。

 

訪問看護ステーションを立ち上げる目標がある人はケアマネは絶対必要です。

訪問看護師ならばケアマネの資格は取っておいた方がいいレベルですが、ステーションを立ち上げるのであればケアマネの知識は必須です。

介護保険の知識も必要ですし、取り巻く法律やサービス、時代の変化など知っておかないと運営ができません。

自分で運営するとなればそこら辺の情報を知っておかないといけません。

 

転職の幅を広げたい

スーツを着てビジネスの話をしている二人の女性

転職する時、看護師だけでなく場合によってはケアマネの資格があれば転職の幅が広がります。

看護師の求人はたくさんあるので、転職に困ることはありません。

 

でももし、思うような条件の職場がなかったりした場合はケアマネの仕事をするのもアリですね。

選択肢を増やしておくと、何かの時にチャンスが増えます。

今はケアマネとして働くつもりはないけど、将来はまだわからない場合は取っておくこともいいと思います。

 

でも、注意して欲しいのですが、看護師として働くよりもケアマネの給料は低いことが多いです。

これは職場によります。

 

でも、わたしの経験ではほとんどの職場ではケアマネよりも看護師の給料の方が高いです。

なので、看護師は給料面でケアマネを選ぶことはあまりありません。

 

でも看護師の仕事に疲れたり、例えば夜勤をしたくない場合などはケアマネの仕事もいいかもしれません。

いろいろな経験をつむことで、今後さらにチャンスが増えますしね。

その経験が人生のどこで生きるかもわかりませんしね。

将来を自由に考えている人は取っておいてもいいかもしれません。

 

ずっと病棟で働くなら必要ない

病院のベット

たとえばこれからもずっと病棟勤務をしていきたい人は、はっきり言ってケアマネの資格は必要ありません。

病院での看護にはあまりケアマネの知識はいかせません。

 

患者さんが退院し、在宅で介護保険のサービスを使う時は、事前に病院の相談室の担当者やケアマネなどが動きます。

その時に看護師が出る幕はあまりまりません。

知識がないよりはあった方がいいのでは?と思うかもしれませんが実際はあまり意味がありません。

 

ケアマネの資格を取っても普段から知識を活用できる現場にいないと忘れてしまいます。

クァマネの資格は取ってからは5年ごとの更新が必要です。

更新研修は10日間びっしり行われますし、更新料もかかります。

 

わたしは去年更新研修を受けましたが、10日間も有給をもらうのはなかなか大変でした。

 

給料面ではケアマネの資格を持っているだけでは給料には反映されません。

現在ケアマネの仕事についている場合でなければ資格手当などがつかない職場がほとんどです。

病棟で働いていくつもりの場合は、スキルアップのためにケアマネは必要ありません。

 

おわりに

ピンクの花びらの上の水滴

看護師のスキルアップにケアマネは必要かどうかは将来の目標によって変わってきます。

 

将来訪問看護で働きたい

将来訪問看護ステーションを立ち上げたい

転職の幅を広げたい

 

このような人ならケアマネの資格はあった方がいいです。

でもそうでないならあまり必要な資格ではありません。

 

でも勉強が好きな人、いずれ家族が介護保険を使うときに知識があった方がいいかも、と思われる人は勉強してみるのもいいかもです。

勉強したことがどこで生きるかはわかりませんしね。