音声配信で稼ぎたいなら今すぐ始めないと手遅れかも?[3つ理由あり]

木から降ってくる大金

去年あたりから「音声配信の波が来る」とよく言われてきました。

その波は今、確実に来ています。

もし、音声配信の波にのって、将来収益を上げたいと思ったら今がギリギリの時です。

始めるなら今です。

この記事では音声配信を始めるなら今がギリギリの3つの理由を紹介します。

1.デジタル音声配信の広告市場が拡大している

デジタル音声配信の市場が拡大してきています。それに伴い、広告市場も拡大してきています。

2020年の日本のデジタル音声配信の広告市場は16億円でした。

2025年は420億円と推測されています。この先、数年で爆伸びが予想されています。

 

それには理由があります。

それはアメリカでの音声配信ブームです。

アメリカでは数年前からすでに音声配信がものすごく流行っています。

アメリカで流行したものは、必ず日本でも数年後に流行しています。

ということは数年後、音声配信が流行ることが予想されるのです。

 

すでに多くのインフルエンサーが「音声の波が来る」と口をそろえて話されています。

稼ぎたいなら、波に乗りたいなら今から始めないと間に合いません。

 

私自身も最近は音声を好んで聞くようになりました。

ながら聞きができますし、時間が有効に使えるので音声がとても便利で生活の一部になっています。

確かに音声配信の波は来ています。

2.すぐに上達しない

音声配信で稼ぎたいと思って配信を始めても、最初からうまく話せませんし、いいコンテンツもすぐにはできません。

時間がかかります。

 

たくさんのコンテンツをコツコツと積み重ねていかないと、収益につながるような配信はできません。

いいコンテンツを作り、誰かの元気や勇気になったり、ファンを作るのは簡単ではありません。

試行錯誤しながらじっくりと時間をかけてやっていくしかありません。

 

ブレークすると言われている2025年まであと4年です。

今から始めたらその頃には、今よりも話し方もコンテンツも上手になっていることでしょう。

3.流行が来てからだと乗り遅れる

2025年になり、音声配信が流行りみんなが音声に飛びついても、もう遅いのです。

音声は後から割り込めないという特性があります。

 

もうすでに好きな配信者がいる場合、後からその人から選んでもらうことはとても難しいです。

好きな配信者の配信を聞く時間はありますが、新しい配信を聞く余裕はもうなかったりします。

これは、音声は気に入った人の配信を継続して聞くという特性があるからです。

 

私もそうです。

この数ヶ月すっかりすきま時間に音声配信を聞く生活になりました。

毎日の配信を楽しみにしていますし、一度好きな配信者を見つけると新しい人を探すことはほとんどしません。

 

このことから2025年に音声配信の波がきて、その時始めたとしてもなかなか聞いてくれる人を見つけるのが難しくなります。

今、まだ参入者が少ない時から始めていないと間に合いません。

まとめ

・音声配信をやってみたい

・音声配信で収益をあげたい

もしこんなことを思ってるのなら今すぐ始めてみましょう。

スタンドエフエムなら簡単に始められます。

この記事を見たら、すぐにアカウントを作って自己紹介を投稿してみましょう。

すぐに動けるかどうかでチャンスをつかめるかどうかが決まります。