私のプロフィールはこちら

育児に協力してくれない夫と離婚したい!そんな時ママナースの取るべき行動とは

悲しげな表情の女性

夫は仕事に忙しくて不規則な勤務。

 

子どもの保育園の送迎も家事育児もわたしばかり・・・。女ばかり忙しいのって不公平。

 

わたしだってたまにはゆっくりしたい。美容院にもしばらく行ってないな・・・。

 

何だか疲れてきた。あんな思いやりのない夫とは離婚したい!

自分ばかり忙しくて夫からの協力がないと、そう思うようになりますよね。

わかります。わたしも経験があります。

 

あれこれ家事育児に追われていて、自分の食事もとれていない時、夫はゆっくりテレビを見ながら晩酌をしていたことがありました。

あなたも今、夫への不満が爆発しそうなのではありませんか?

 

そんな今、あなたが取るべき行動があります。

その行動をとることでこれから先、今よりずっと幸せな毎日を過ごすことができます。

 

その行動とは、

・今のあなたの心の中の声とじっくり向き合うこと

・今のあなたの仕事の負担を減らすこと

この2つです。

 

自分の心の中の声をじっくり聞こう

山頂で手を広げる女性

夫への不満は何ですか?

夫の仕事が不規則で育児にはあまり協力的ではない夫。

あなたは夫への不満は何ですか?

育児や家事を手伝ってくれないこと?

 

もし、育児や家事をもう少し手伝ってくれるとしたら、離婚したい気持ちは少しは消えますか?

答えがYESなら、あなたは自分ばかり忙しく追われる毎日に不満が募っている状態です。そのためイライラしています。

 

例えば、夫から「いつもありがとう」と言われたら、きっと「夫も忙しんだ」って優しい気持ちになりますよね。

お互い忙しさのあまりお互いを気遣うことができなくなっています。

夫に手伝って欲しいことは何ですか?

あなたも職場に行けば緊張感の中、責任ある仕事をしていますよね。

職場に行ったらあなたは命と向き合う厳しい現場です。

でも家に帰るとパパより、ママの方が忙しい。

あなたは夫になにを手伝って欲しいですか?

 

ママが取るべき行動

手を握り合う夫婦

夫に心の中を伝える

毎日に追われていると夫婦の会話が少なくなっています。

仕事から帰るとやることが山のようにあり、クタクタです。

子どもを寝かしつけるつもりが、自分も朝までぐっすり眠ってしまうこともありますね。

 

夫婦でもお互いの心の中は伝えないとわかりません。

興奮したり、感情的にならないであなたのつらい気持ちを話してみましょう。

夫に協力して欲しいことを穏やかに話してみましょう。

 

心の中の思いを伝えることで、さらに絆が深まります。

決して感情的に相手を責める言い方はせずに、今不満がたまっていても相手の忙しさも気遣う言い方をしましょう。

仕事を休んでゆっくりする

自分のために休みをとり気分転換をはかりましょう。

子どもはいつも通りに保育園に預けて、その間一人の時間を作りましょう。

 

MEMO
保育園には「今日は研修があるので、何かあったら携帯に電話下さい」と話しておきましょう。そうすると何かあっても、職場へは電話はいきませんので安心です。

 

友達とランチ

一人で買い物

久しぶりに美容院へ

 

など・・・一人の時間を自由に使いましょうね。

 

自分が休んでいるのに子どもを保育園に預けることに罪悪感を感じるかもしれませんが、たまにはママが一人の時間をもたないとつぶれてしまいます。

 

気分がリフレッシュできると子どもにも、夫にも優しくなれますよ。ずっと一緒にいてイライラしているより100倍いいです。

たまには気分転換をしましょう。

 

働き方を考えてみよう

夕日に両手を挙げている女性の後ろ姿

これから育児はまだまだ続きます。

夫から今よりも協力を得られたとしてもやっぱりしばらくはママの負担が続きます。

心と体に余裕がないと育児はつらいだけなので、今、ママの負担を減らす働き方を考えてみましょう。

今よりも働く負担を減らす

パートになって今よりは仕事の負担を減らす方法もあります。

残業のない職場への転職も考えられます。

今より負担が減ることで、子持ちの余裕がうまれます。

ママでも働きやすい職場を探す

働くママにとって働きやすい職場とはどんな職場でしょう?

・同じように子育てしている年代が多い

 

・残業がなく定時で帰れる

 

・有給休暇が取りやすい

 

・子育てへの理解がある

 

・休みやすい

こんな職場だと働きやすいですね。

働きやすい職場で休みがきちんと確保されている職場なら、パートでなく正社員でも働いていけると思います。

今のうちに働きやすい職場をじっくり探ししましょう。

笑顔の赤ちゃん
忙しすぎてイライラが止まらない!仕事と育児が楽しくなる為のママナースの転職

 

家事の負担を減らす

フライパンと鍋

子どもが小さくて手がかかるうちは家事の負担を少しでも減らすことで、気持ちに余裕がうまれます。

なんでも自分でやろうと思わないで、うまく手抜きをしましょう。

時間に余裕がうまれると心にも余裕がうまれて、子どもや夫へも穏やかな気持ちで接することができます。

 

そのために家電でも出来ることは家電に任せてしまいましょう。

食洗器

食事の支度が終わって食べたら、今度は食器を洗ってしまわないといけませんね。

洗濯もありますし、やることは山積みのママ。

食洗器があればだいぶ楽です。

 

 

掃除機ロボットルンバ

掃除機は誰もいない日中にルンバにやってもらいましょう。

わたしも使っていますが、掃除機を出したりしまったりという手間がないので超ラクです。

ただいつも床は何もない状態にしておかなくてはいけません。

最初慣れるまでは大変でしたが、今は掃除を自動でやってもらえるのが楽ですし、床に何でも置かなくなり部屋がスッキリしました。

 

食材の宅配

食材の宅配も利用すると便利です。

わたしは看護学校に入学していた時、忙しかったので家事の負担を減らすために利用しました。

献立が決まっていて毎回必要な食材が届くので、

■買い物の負担が減った

■無駄なものを買わなくなった

などのメリットもありました。

ヨシケイの公式サイトを見る
1週間お試しは最大46%オフで利用できます

夫が不規則な勤務でどうしても家事への援助が難しい場合は、家電などをうまく利用して少しでもママの負担を減らしてくださいね。

 

ママが働きやすい職場を転職することも考えておこう

たくさん咲いている白い花

転職サイトは医療業界に詳しいので、あなたの知りたい情報も手に入ります。

それに心強いのは転職サイトのキャリアコンサルタントがあなたを親身になって応援してるところです。

キャリアコンサルタントを味方につけて働きやすい病院を紹介してもらいましょう。

チェックしたいポイント

1.職員の年齢層

 

2.有給取得率

 

3.離職率

 

4.離職理由

 

5.くるみんマークを取得しているか

などがあります。

この中でママが特に注目したいのは、「1」と「5」です。

「1」の職員の年齢層に注目したい理由は、いろいろな年代がいることで職場のバランスがよくお互い協力しあえるからです。

20~30代の子育て世代の職員が多いということは、同じように働きながら子育てをしている人が多いということです。

なので、働きやすい職場の可能性が高くなります。

各年代がバランスよくいることで、休むときはお互い様という気持ちで協力しあうこともできます。

「5」のくるみんマーク取得も子育て中のママには重要視したいポイントです。

くるみんマークって知っていますか?

くるみんマークとは、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣からの認定を受けている職場のことです。

男女の育児休業の取得率、終業時間変更について、労働時間などについての9つの基準がありそれを満たすと、くるみんマークが取得できます。

育児しながら働きやすい職場かを知る目安になります。

わたしの職場はくるみんマークを取得しています。そのためか20~30代の育児世代の人たちが多く働いています。

もちろん働きやすい職場です。

 

この5つの項目はどれも気になりますが自分ではなかなか確認しずらいですよね。

 

転職サイトの一番の利点はあなたと職場の間に入って、あなたの聞きたい情報を聞いてもらったり、給料などの条件を交渉をしてもらえるところです。

このサービスはハローワークではありません。

面接するかどうか決めるまえにキャリアコンサルタントに5つの項目を確認してもらいましょう。

 

慌ててさがすと希望通りの条件でなくても妥協して決めてしまう場合もあります。

今じっくり探すことで希望通りの職場を見つけましょう。

携帯電話で笑顔で話している女性
あなたの望む未来に近づく!輝く自分になれるナースのための転職サイト3選

 

おわりに

ピンクのバラ

夫と離婚したい気持ちが芽生えるほど追い詰められているあなたは、今かなり疲れている状態です。

一人で我慢して「もう無理!」となる前に、

・今のあなたの心の中の声とじっくり向き合うこと

 

・今のあなたの仕事の負担を減らすこと

この2つの行動をとりましょう。

 

人は変化を好まない生き物です。あなたの心は疲れていて夫への不満をかかえていますが、「まだ大丈夫、まだやれる」と頑張ってしまいがちです。

でも、このまま頑張ってももっと夫への不満が募っていきます。

「イライラして夫とうまくいかなくなった」

「もう、ホントに無理!」

と取り返しのつかないことになる前に一歩踏み出しましょう。

子育てはまだまだ続きます。あなたが幸せに生きていけるために心と体に余裕をもてる職場で、仕事も育児も楽しんでいきましょう!

赤ちゃんを見つめている母親
[育休明けナース]夜勤なしだと契約社員|そんなクズな職場をやめるべき4つの理由