私のプロフィールはこちら

子持ち看護学生だけど学費の為にバイトがしたい|負担の少ないバイトの方法とは

パソコンの画面が黒板になっている

こんにちは。ベテラン看護師のととまです。

わたしは33才の時、2人の子どもがいましたが看護学校に入学しました。

 

看護学生をしている子持ちのママさん。

学費にお金がかかりますしできればアルバイトでもしたいなって考えていませんか?

奨学金を借りてだいぶ助かっているものの、今までフルタイムで働いていた頃の収入とは違いますよね。

節約生活を送っているけど、もう少し余裕がある生活を送りたいと考えてしまうかもしれません。

 

でも結論から言いますと、子持ちのママの場合はバイトはやめておいたほうがいいです。

たたでさえ、勉強と家事育児の両立は大変です。

まずは3年間で看護師国家試験に合格することを第一に考えましょう。

でも、どうしてもバイトがしたい場合、負担の少ないバイトの方法があります。

それは夏休み、冬休みなどの長期休暇だけバイトする方法です。

 

ママでなければバイトはできる

テレビを触っている男のあかちゃん

はっきり言いますと、結婚していない独身の人や結婚していてもまだ子どもがいない看護学生の場合はバイトはできます。

 

看護学校の授業は夕方5時ころには終わります。

なので、例えば18時~21時くらいならバイトはできます。頻度としてはできれば週に3~4回位がいいと思います。

 

どうして週に3~4回位がいいのかといいますと、少し余裕があった方がいいからです。

授業で課題があったり、テストの前は勉強もあります。

毎日びっしりとバイトを入れてしまうと疲れてしまって、授業中眠ってしまったりすることになるかもしれません。

それだと勉強ができずに赤点を取ってしまい進級できない可能性もあるから。

 

わたしの通っていた学校は授業は午後からでしたので、学生は午前仕事をしてから学校にきます。

そして授業が終わると、そのまままた病院にいき働く人が多かったです。

看護師の資格はまだ持っていませんでしたが、介護の仕事として働いている人が多かった。

夜勤をしている人もいて、きつそうでした。授業はいつも寝ていました。

なんとか進級したものの、国家試験に合格できなかった人もいました。

 

勉強と仕事の両立はハードなので、余裕をもったスケジュールでバイトした方がいいです。

でもこれは独身の場合です。

 

子持ちのママの場合は学校が終わってから子どもを迎えにいったり夕ご飯の支度をしたり、やらなければならないことがたくさんありますね。

子どもだってママに甘えたいので、ベタベタしてくるかもしれません。

子どもがいる場合はバイトは無理です。

 

もし夫の協力が万全で週に数日ならバイトが出来そうな場合だとしても、平日のバイトはやめておいた方が無難です。

なぜなら、

 

子どもと過ごす時間が少なくなる

ママの余裕がなくなる

 

上記の理由からです。

 

ママと過ごす時間が減ると子どもは寂しい思いをしますし、精神的に不安定になるかもしれません。

 

あなたも、バイトをしてそれから帰宅して家事や勉強をする毎日だと疲れ果ててしまいます。

いくら夫が手伝ってくれたとしてもやっぱりママの負担は大きいです。

勉強の方も手を抜けないので、きつい状態になるのは間違いありません。

 

疲れてくるとイライラしてしまい子どもや夫に当たってしまうこともありますし、疲れ果ててしまうとそのうちに頑張れなくなってしまいます。

 

もし経済的に大変な場合でも今だけは節約を頑張って、ママは学校が終わったら育児や家事をする方がいいです。

今だけです。この3年頑張れば生活は楽になりますよ。

今はあまり無理はしないでおきましょうね。

 

もし祖父母と暮らしていたらバイトができるのか

おばあちゃんと手をつなぐ孫のイラスト

もし祖父母と同居していてママのあなたが家事をしなくてもいい場合、子どもの世話をしっかり手伝ってくれる場合はバイトはできます。

ただいくら祖父母が完璧に手伝ってくれても、子どもにとってママが一番です。

ママに抱っこして欲しいし、甘えたいのです。

 

祖父母が育児を助けてくれても、あなたは勉強とバイトと忙しくて心に余裕がありません。

心に余裕がないと子どもの話をゆっくり聞くことができませんし、ゆっくりと関わることもできません。

多分やることに追われてイライラしてしまうでしょう。

そうなると家庭環境が悪くなり家族の間でギクシャクしてしまうかもしれません。

 

でもどうしてもバイトをしたい場合は週に数日だけにしておいた方がいいです。

 

長期休みならバイトができる

カフェの店内

1年生、2年生の長期休み

看護学校には夏休みと冬休みが約1か月ずつあります。

例えば単位が危なかったり、試験を落としてしまったりした場合、補習や追試など学校に行かないといけない場合もあります。

 

でもそれらの理由がない場合は長期休みは学校に行く必要がないので、たっぷりと休めます。

その長期休みならバイトをすることもできます。

1か月でもバイトが出来たら少しは収入になりますね。

 

ただこれは看護学校の1年生と2年生の時の長期休みだけです。

3年生の夏休み

3年生のなると夏休みはありますが、実習で習ったことを復習したり卒論に向けてやらなければならないことが出てきます。

卒論とは自分が受け持った担当の患者さんのケースについて深く勉強して論文にまとめるものです。

論文を書くのは慣れていませんし、時間もかかります。

 

バイトをするとしても平日の毎日はやめておいた方がいいと思います。

もしどうしてもやる場合は週に数回にしておいた方がいいです。

3年生の冬休み

3年生の冬休みですが、今度は国家試験に向けて追い込みの最中です。

 

看護師の国家試験は2月の下旬です。

冬休みの1月はまさに追い込みの大事な時期です。

 

この国家試験を落としたらこれまでの苦労が水の泡です。

国家試験は1年に1回しかありませんので、また1年後まで試験を受けることができません。

 

もし国家試験に落ちてしまったら、内定をもらっていたとしても無効になってしまいます。

内定は国家試験合格が条件になっているので、国家試験を落としたら悔やんでも悔やみきれませんよね。

 

それに1月は時期柄インフルエンザが流行する時期でもあります。

人が集まる場所へはなるべく行かない方がいいです。

 

そういう理由から3年生の冬休みのバイトはやめておきましょう。

国家試験は一発で取る

これは余談ですが、国家試験の合格率が最も高いのは現役の看護学生です。

もし、残念なことに国家試験を落としてしまったら次の年合格できる可能性は低くなります。

 

実際わたしのクラスで国家試験に落ちた人が3人いました。

2人は次の年、合格できましたが1人はその次の年と、また次の年も受けましたが合格できずに結局諦めたと聞きました。

なので、あなたは一発で合格しましょう。

 

子持ちで看護学生だった私の場合

微笑んでいる女性の横顔

わたしは経済的な理由から、准看護師になってから看護師になりました。

准看護師になるための学校も、その後の看護師になるための学校も授業は午後からだったので、午前はバイトをしていました。

わたしには子どもが2人いて当時小学生だったので、日中のバイトはできました。

 

ただ学校が終わってからのバイトはしていませんでした。

学校が5時ころ終わってから学童保育に子どもを迎えに行って、買い物をして帰って、食事洗濯・・・・。

それだけでわたしはいっぱいいっぱいでした。

課題があるときもありましたし、気持ちはいつも忙しかったです。

 

例えば無理をして体調不良になると学校を休まないといけなくなります。

学校は授業が単位制で、欠席の数によっては進級できなくなります。学校は簡単には休めないと思っておいた方がいいです。

 

クラスの中で独身の人は授業が終わってからもバイトをしていました。

でもわたしのように子育てしている子持ちの看護学生は授業が終わったら、家に帰っていましたよ。

 

アルバイトを探すなら

厨房で料理を作っている料理人

アルバイトを探すためのサイトを紹介します。

マッハバイト

採用されたら最大ボーナス10000円、最低でも5000円もらえます。

マッハバイトを詳しく見てみる

 

ショートワークス

ショートワークスの特徴は、

■短期アルバイト

■1日だけのバイト

■高収入のバイト

■面接なし

 

上記の通りです。

急に明日1日だけのバイト探しだったり、短期のバイト探しができます。

ショットワークスを詳しく見てみる

ペコリッチ

東京都内の方向けです。

下見に行ける「タダ飯クーポン」をもらえるので、事前にバイト先がどんな雰囲気なのか知ることができます。

失敗のないバイト探しでできます。

ペコリッチを詳しく見てみる

 

おわりに

カゴに入っているバラ

わたしは自分の経験から、子持ちの看護学生は経済的にきつくてもバイトはオススメしません。

看護師になるための勉強は楽ではありません。

それに実習になると体力も消耗します。

どうしても経済的に大変な場合でも奨学金を利用したりこの期間だけは節約生活でなんとか頑張って欲しいです。

そして3年間で無事学校を卒業して看護師国家試験に合格して欲しいと思います。