いじめがある職場に未来はない!今すぐやめた方がいい理由[看護師いじめ]

シンママナースの 転職 働きやすさを判断するため必ず確認したいことは

こどもの寝顔

シンママナースが転職するときに、その職場が働きやすい職場かどうか判断するために確認したいことは何だと思いますか?

それは有給取得率です。

シンママナースの働きやすさは、休みやすさです。子どもの病気でも気兼ねなく休める職場が理想的です。

 

子どもが病気になると、休みずらくて気を遣い、でも休まなくてはいけなくて・・・。シンママは子どもの病気で、突然休まないといけないことも多いもの。

あなたの毎日はきっとそんな毎日ではありませんか?わたしもそうだったからよくわかります。

 

有給取得率の高い職場は職員が気軽に有給休暇を取れている職場です。だから、もし子供が病気のときには休みやすい職場なのです。

 

シンママナースは子どもとの時間を大切にしたい

ベットに横たわる二人の幼子

子どもの体調不良は突然やってくる

子どもを一人で育てながら、お仕事をしているシンママナースの一番の悩みは、子どもの体調不良のとき急に仕事を休まなければならないことです。

子どもは急に熱を上げることもありますし、保育園で病気をもらってしまうこともあります。いつ何が起きるかわかりませんね。そして、病気になると保育園では預かってくれません。いつも自分の親に何とか見てもらい助かっているけど、親だっても都合が悪い時もあるし、いつもハラハラ…。

子どもの体調不良には敏感になってしまいます。夕方少し熱っぽいと、「明日は大丈夫かな?」と不安。

わたしもシンママなので、その不安はよくわかります。子どもが体調不良になると、仕事を休まないといけないので、朝まで治るのかいつもハラハラしていました。

多分、その不安は子どもになんとなく伝わっているはず・・・。本当は体調が悪い時はゆっくりした気持ちで子どもを見てあげたいですよね。

子どもを育てている時は、そんな不安とずっと付き合っていかなければなりません。子どもが小学生になっても、一人で留守番させるのは心配です。病気の時は、そばにいてあげたいもの。

でも、シンママは働かないと食べていけません。専業主婦とは違います。

それに、今親にみてもらっているとしても、親の健康を考えると、ずっとお願いできるとは限りません。その時に焦らなくてもいいように、親が元気なうちにシンママナースが働きやすい、ずっと働ける職場を探すべきです。

 

子どもとの時間は今だけのもの

子どもを育てていると保育参観や運動会など、いろいろな行事があります。行事は子どもの成長を見れるいい機会で楽しみです。子どももとっても楽しみにしています。

そんな行事の度に休みをもらうのが何だか都合が悪くて、言い出しにくい・・・。「今回は自分の親にお願いしようかな」なんて思ったり。

でも、子どもとの時間て長いと思っても、案外あっという間なんですよ。

わたしも二人の子どもを育ててきて、子育て中は「とにかく忙しくて時間がない」と思っていましたが、時間は止まっていません。過ぎていくものです。少しづつ手が離れていって、いつか、子どもとの思い出が懐かしくなるのです。今のわたしがまさに、それ!

だから、子どもとの時間をいっぱい楽しんで欲しいの!行事や参観日には参加して子どもの成長を感じて欲しい。子どもだってお母さんくると、と~っても嬉しいもの。

私のおすすめの有給休暇の使い方は、特に用事がなくても、有給休暇を一日もらい、子どもと過ごす日を作ること。とっても贅沢ですね。

ただただ、家でゆっくり一日ビデオを見てのんびりするのもよし、お弁当を持って動物園に行くのもいいですね。平日の動物園はすいています。お弁当をもって、楽しい時間を過ごせるでしょう。特別遠くにいかなくても、近くの公園でも行くのも素敵。

そんな一日が過ごせたら、子どもも喜びますし、いい思い出になります。そしてあなたのこころも穏やかになり、明日からまた仕事を頑張れますよ。そんな息抜きデーを有給休暇で作りましょう。

 

転職するなら有給取得率の高い職場

青い花びらに水滴

有給休暇は職場の就業規則に決められていて、労働者は取る権利があります。しかし、現実は思うように使わせてはくれず、退職するときでさえ、使えないところが多いもの。

月の休み以外にはなかなか休むことが出来ず、職員は不満をもちながらも転職する勇気もなく、そんな職場にしがみついている人が多いのです。

転職すると、もっといい職場に巡り合えると思ってはいても、人は今の環境からはなかなか離れられずにいるものなのです。

特に、年齢を重ねるとこれまでのその職場でのキャリアが邪魔をして、離れられなくなるのです。もっと、働きやすい職場があるのに・・・。

今、子どものことや休みやすさを考えて、転職を考えているならそれはとてもいいタイミングです。転職しようかなと思った時が転職する時です。

親が病気になってもしもの時に、子どもをみてもらえる人がいなくなり、慌てて仕事を探すより、余裕をもって探す方が気持ちが楽ですし、じっくりいい求人を探すことができます。

自分で聞きにくい条件は担当者にあいだに入ってもらおう

女性が女性に相談している

面接で、給料や休みについて確認した方がいいのはわかっていても、なかなか交渉しずらい繊細な部分ですよね。

もし面接で確認した条件と、いざ働いてから条件が微妙に違っていたらあなたはどうしますか?職場に「条件が違います」って言えますか?なかなか言いずらいですよね。

じつは、そんな繊細な部分の質問や交渉は自分で確認するよりも、第三者があいだに入ってもらう方が確実です。第三者とは転職サイトの担当者です。担当者は、病院側に聞きたい給料のことや休みのことなど、あなたが自分では交渉しずらい点も交渉してくれます

もし、転職サイトを通じて確認した条件が最初とは違っていたら、転職サイトの病院への評価は下がります。そうすると、これから人材を紹介してもらえない場合もあります。そうなれば病院側はいくら転職サイトに登録していても、人を紹介してもらうことができません。信用を失ってしまうからです。

転職サイトに登録している病院は信用を失う行為はしたくないのです。

転職サイトの担当者にあいだに入ってもらい条件を確認・交渉してもらう時に、有給休暇取得率を確認してもらいましょう。人材が集まる働きやすい職場をめざして、有給休暇取得率に力を入れている病院が増えています。

これから転職するのなら、自分のため、子どものために有給休暇を取りやすい職場をさがしましょう。目安は有給休暇取得率ですよ!

 

「あなたの望む未来に近づく!輝く自分になれる転職サイトランキング」の記事では、おすすめしたい転職サイトを紹介しています。

転職サイトを選ぶときに参考にしてくださいね。

 

おわりに

ピンクのバラ

毎日頑張っているシンママナースのあなた、お疲れ様です。子育て、仕事に大忙しの毎日ですが、この生活はず~っと続きません。いつか子育てが一段落する日がきます。

その日が来るまではまだまだ遠いですが、その日々を楽しみながら頑張るには、働きやすい職場であることが大切です。子どもが病気でも安心して休める職場だとあなたの精神的な負担はかなり減ります

親もずっと元気でいてくれる保証もありません。その時に慌てないように、今からずっと働いていけるいい条件の職場をじっくり探しましょう。

今あなたが転職に悩んでいるのなら、今が行動する時です。人はなかなか現状に不満があってもよっぽど何かがないと動き出しません。そういうものなのです。

子どものこと、休みのこと、親のことを考えて転職に悩んでいるのなら、今がその時です。そして、自分で交渉しずらい条件は転職サイトの担当者にあいだに入ってもらいましょう。

転職は自分で探すより、転職サイトを利用した方が条件のいい職場を探すことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です