私のプロフィールはこちら

[借金返せない]その借金、条件を満たせば時効になるかもしれません

上司と部下が会話しているシルエット

借金が返せない

 

逃げ回る生活に疲れ果てた

 

借金に時効があることを知っていますか?

 

条件を満たせば返済が免除される場合もあります。

もしかしてあなたの借金は時効になっていて、返済しなくていいかもしれません。

 

この記事で借金の時効信用情報削除についてわかりやすく解説しています。

時効援用とは

時効援用とは借金を放棄する意志表示のことです。

 

借金を返済しないまま、ある一定の期間が過ぎると時効が成立します。

時効が成立した時に、「時効援用」することで返済する必要がなくなります

時効期間

時効になる期間は下記の通り

期間
消費者金融 5年
クレジット会社 5年
銀行 5年

 

期間
信用金庫 10年
公庫 10年

どこから借りたかによって時効になる期間が違います。

意志表示が必要

借金を時効にするには、借金を放棄するという意志表示が必要です。

時効になるための期間が過ぎているからといって、勝手に返済義務が消えることはありませ

 

黙っているといつまでたっても時効は成立せず、クレジットカードも使えない状態のままです。

せっかく時効になっていても、借金を放棄する「時効援用」をしないと意味がありません。

条件

借金を時効にするためには条件があります。

 

最後の返済から5年以上経っている

 

時効期間に債権者より裁判を起こされていない

このような条件があります。

 

このような条件を満たしているとあなたの借金も時効になるかもしれません。

時効援用の方法

借金を時効にするには、借金を放棄する意志表示(時効援用)をしなくてはなりませ

時効援用することで借金を時効にできる可能性があります。

 

借金を時効にできるかどうかの相談は弁護士が行っています

信用情報削除の相談はこちら

時効になった時の注意点

もし、あなたの借金が時効により返済しなくてもいい場合、一つ注意点があります。

それは信用情報についてです。

信用情報とは、クレジットカードなど、お金の取引をする時に必要な「信用」を客観的に判断する情報のことです。

 

主に信用情報機関によって管理されています。

 

クレジットカードの支払いなどが延滞すると、事故情報が登録されて信用がない状態になってしまいます。

世間では「ブラックリストに載る」などと言われています

 

もし、時効により借金を返さなくてもよくなった場合、借金はないのにまだ借金がある状態として登録されています。

いわゆるブラックリストに載っている状態です。

 

このときに必ずしておかないといけないのが「信用情報削除」という手続きです。

信用情報削除をしていかないとせっかく借金がなくなっているのに、まだ借金がある状態として記録されているからです。

 

信用情報が自然に回復するには5年かかると言われています。

しかし、5年経っても信用情報が削除されていない場合も多いのです。

信用情報の記載は真実を反映していない場合も多いのが現実です。

 

もし借金が時効になっているのに、そのままにしていると5年間はクレジットカードが使えない可能性があります。

車のローンが組めない場合もあります。

 

5年経っても信用情報が削除されない可能性もあります。

 

借金が時効になった場合、信用情報削除についても確認した方がいいです。

信用情報を削除・訂正するには、交渉力や法的知識も必要になり、素人が行うにはとても難しいです。

 

信用情報削除・訂正の手続きは弁護士に依頼した方が確実で安心です。

信用情報削除の実績があり、全国対応している弁護士事務所はこちら▼

信用情報削除の相談はこちらから

 

まとめ

借金があるけど返済することができない

金融機関から逃げ回る生活に疲れた

 

もしかしてその借金は、時効が成立しているかもしれません。

一度専門家の弁護士に相談してみませんか?

 

法的な手続きは素人にはとても難しいので弁護士に依頼した方が確実で安心です。

信用情報削除の相談はこちら