私のプロフィールはこちら

上あごのやけどがなかなか治らない時の対処法

暗い表情の女性の横顔

上あごは口の中でもやけどをしやすい場所です。

でも、口の中のやけどは唾液のおかげで比較的はやく治りやすい場所です。

たいていは数日で治ることが多いのですが、数日たっても治らない場合は痛みのため、食べるのもつらくてきついですよね。

あなたのやけどがなかなか治らないのは、やけどが重かったことも考えられますし、体の免疫力が低下していることも考えられます。

まずは適切な処置をしてやけどを治しましょう。そして、この機会に自分の体の免疫力について考えてみましょう。

上あごのやけどの治し方

透明な薬の錠剤

薬を使う

これまで、数日たってもなかなか上あごのやけどが治らないということは、このまま放っておいても自然に治るには時間がかかります。

その間、痛みが続くのはつらいので、薬を使って少しでも早く治すようにしましょう。

 

塗る軟膏タイプの薬

 

スプレータイプの薬

 

貼るタイプの薬

 

注意
薬をつける時は、手をきれいに洗い清潔な状態でつけましょう

口の中は清潔に保ちましょう

食事のあとの歯磨きや、時々うがいをして口腔内を清潔に保ちましょう。

唾液には殺菌作用があるので、口腔内を清潔に保つことで、治りが早くなります。

粘膜の再生に効果的な食べもの

粘膜の再生にはビタミンB群です。ビタミンB群を含む食品を意識して摂るようにしましょう。

 

★ビタミンB群を多く含む食品は

豚肉

 

レバー

 

納豆

 

 

乳製品

 

まぐろ

などです。

 

これ以外にも、普段から免疫力をあげる食事を心がけましょう。

★免疫力を上げる食べ物は

きのこ

 

発酵食品

など、積極的に摂るようにしましょう。

それでも治らない場合は病院へ行こう

なかなか治らない場合は病院を受診しましょう。

歯科や皮膚科などで、受診可能です。

消毒薬
上あごをやけどしました|口の中のやけどを繰り返すと口腔がん・舌がんになるってホント?

上あごのやけどが治りにくいのは免疫力が低下しているのかもしれない

ストレスを感じている女性

免疫力が下がる原因

あなたは、

・なんとなく以前と違う

・疲れやすい

・風邪をひきやすい

・傷が治りにくい

など、感じることはありませんか?

もし感じることがあるなら、免疫力が低下しているのかもしれません。

 

★免疫力が下がる原因

①加齢

 

②ストレス

 

③運動不足

 

④睡眠不足

 

⑤栄養不足

 

⑥不規則な生活習慣

などがあります。

心当たりはありますか?

 

生活習慣や、運動など自分の努力でなんとか改善できることもありますが、加齢だけは止めることができませんね。

老化現象は遅らせることができる

加齢は避けられないどうしようもないものですが、でも努力次第で遅らせることはできます。

老化防止の鍵となるのは体の中の活性酸素です。

この活性酸素は体をさびつかせていろいろな病気を引き起こします。この活性酸素を除去する働きをするのが抗酸化酸素です。

でも、この頼もしい味方の抗酸化酸素ですが、加齢とともに減ってしまうので、年をとると活性酸素が増えて老化現象がでてくるのです。

抗酸化酸素を活性化させることができれば、老化は遅らせることができるんですよ!

そのためにはアスタキサンチンが効果的です。

あなたはアスタキサンチンって聞いたことがありますか?

アスタキサンチンとは強い抗酸化作用を持つ物質で、免疫力をアップさせる効果もあるのです。

アスタキサンチンとは

エビ

アスタキサンチンとはカルチノイドの一種で鮭、いくら、エビなどに含まれる赤い色素のことです。

鮭は強烈な紫外線などのダメージやストレスを受けながら遡上しますが、その過酷な環境を乗り切れるのはアスタキサンチンを多く含むオキアミを餌にしているからです。

アスタキサンチンでスタミナを温存しているのです。

鮭は白身魚で生まれますがそのため身が赤くなるのはアスタキサンチンの色素の為です。

アスタキサンチンのパワー

アスタキサンチンの効果は何と言っても強い抗酸化作用です。

抗酸化パワーは最強です!!どれくらい最強なのかと言いますと・・・

・ビタミンCの6000倍

 

・ビタミンEの1000倍

 

・コエンザイムの800倍

すごいパワーですね。

 

免疫力を上げる効果のあるアスタキサンチンは、抗酸化酸素を活性化させる効果も高いので、アンチエイジングにも効果的です。

アスタキサンチンで免疫力をアップさせて、いつまでも健康で、若々しく過ごしたいですね。

アスタキサンチンを多く含む食べもの

アスタキサンチンを食べ物で摂るとなると、毎日6mgは必要になります。この量を食べ物で摂るとなると・・・

・紅鮭・・・4切れ

 

・いくら・・どんぶり4杯

 

・たらこ・・12腹

を毎日食べないといけません。

一つの食材から栄養素を摂るとなると過剰摂取になり健康を害する可能性もあります。

それに毎日これだけの量を摂るためには経済的にも大変です。

健康の面からも、経済的な面からもサプリメントの方が手軽です。

サプリメントはアスタブライト

アスタブライトスクショ

わたしは傷の治りが遅いことが気になっていました。調べてみたら治りが遅いのは加齢によるものだとわかったんです。

少しでも加齢現象を遅らせたい、いつまでも若々しくいたい気持ちからアスタキサンチンのサプリメントを飲むようになりました。

わたしが飲んでいるのは、アスタブライトです。

アスタブライトを飲んでから、体の中から元気が湧き出てくるような感じや肌の調子が良くなったことを実感しています。

アスタブライトの公式サイトを見る
食べ物よりサプリメントの方が手軽で続けやすいです

サプリメントも食べものと同じで、体にずっと取り入れていかないと効果は期待できません。

ある期間飲んで効果を感じてやめてしまっては意味がありませんので、長く続けることが大切です。

おわりに

コスモス

なかなか治らないやけどを治すための対処法を紹介しましたが、治りが遅いのは免疫力低下も考えられます。

生活習慣や、食生活に気をつけて免疫力アップを目指しましょうね。

食生活に気をつけることは大切ですが毎日となると、続かないのも事実です。

食べもので摂るよりも、サプリメントの方が手軽に確実に摂ることができるので続けやすいです。

アスタブライトの公式サイトを見る
女性に嬉しいアンチエイジング効果も期待できます

 

お風呂でリラックスしている女性のイラスト
お風呂は心と体にいいことだらけ。湯船に浸かって免疫力をアップさせよう!