[仕事を今すぐ辞めたい]ストレスなく確実に辞められる3つの方法

手を顔に当てて泣いている女性

仕事を今すぐやめたいけど、今すぐっていうのは難しいのかな…?

今すぐやめる方法はないのかな?

と悩んでいるあなたに、今すぐストレスが少なく確実にやめられる3つの方法を紹介します。

今すぐやめる3つの方法とは、以下の3つです。

しかもこの方法は、通常のやめ方よりもストレスの少ないやめ方です。

1.2週間前に退職を伝える(有給消化)

 

2.もう行かない

 

3.退職代行サービスを利用する

ととま

これまで、11か所の職場で働き、6回の転職経験のある私が一つずつ解説していきます。

2週間前に退職を伝える(有給消化)

スーツを着てビジネスの話をしている二人の女性

退職は一ヶ月以上前に言うべきって思っていませんか?

社内の就業規則ではそのように書かれているところが多いと思います。

 

でも法律では、「2週間前に申し出る」と明記されています。

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

 

民法627条ではこのように明記されています。

つまり、期間の定めのない雇用の場合は最低2週間前に申し出ると退職できるのです。

 

会社で「1ヶ月以上前に申し出ること」と決められていても、法律で決められている方が優先されます。

2週間前に退職を申し出てやめる場合に、ストレスの少ないやめ方があります。

それは、その2週間は有給休暇を使うことです。

そうすればもう会社に行かなくてもよくなります。

 

申し出るときは勇気がいりますが、もう行かなくていいのです。

その日が最後の勤務にできます。

その日だけ我慢すればあとはやめられます。

 

でも…

有給休暇を使わせてもらえないのでは…?

 

これまで誰も使っていないし…

このような心配をしているとしたら、心配いりませんよ。

 

会社は有給休暇を請求されたら与えなければならない決まりになっています。

私たちは有給休暇を使う権利があるのです!

 

なかなか言い出しにくいかもしれませんが、でももうその職場とはもうおさらばです。

ここは勇気をもって、自分の権利を主張して有給休暇をもらいましょう。

そうするともう、明日から行かなくてもよくなります。

 

でも、上司がどうしても認めてくれない場合は「内容証明郵便」で「退職届」を郵送しましょう。

その時、有給休暇を何日間使うのかをはっきりと明記しましょう。

注意
退職届に記入する退職日は有給休暇を取得後の日にちにしましょう

※契約社員や期間の定めのある雇用の場合は注意が必要です。

もう行かない

ストレスを感じている女性

今すぐやめたい場合には、もう行かないという方法もあります。

前もって退職の申し出をしても、たいていは引き留められてもめることが多いです。

そこでやり取りをするのはかなりのストレスです。

それならば、もう行かないというやめ方が確実です。

 

出勤する日の朝、会社に電話をしてやめることを伝えます。

でも会社から、以下のことを言われるかもしれません。

 

電話では受け付けられない

 

まず話し合おう

でも、毅然とした態度で、「もう行きません」と伝えましょう。

 

ここで、会社の言いなりになって出社してしまうと最高のストレスが待っています。

大切なことは、

もう会わない

 

電話で済ませる

 

書類は郵送で

 

とにかく毅然とした態度で

これらがポイントです。

 

退職の手続きは郵送でもできます。

もう会社に行かなくてもいいように、郵送にしてもらいましょう。

 

ただ注意点があります。

無断欠勤はやめた方がいいです。

その理由については、最後の方の「今すぐやめるときの注意点」の項目で詳しく書いています。

退職代行サービスを利用する

もう会社に行くのも、退職の意志を伝えるのも無理な場合は退職代行サービスを利用する方法もあります。

会社とのやり取りなど、嫌な思いをすることなくやめることができます。

退職代行SARABA

 

27000円で確実にやめられる

 

言いにくい「やめる」という意思表示をしてくれる

一番勇気のいる「やめます」という意志表示も、あなたの代わりに退職代行が行ってくれます。

なので、あなたはもう会社とは連絡を取り合うことはありません。

嫌な上司に勇気を出して言わなくてもいいのです。

 

失礼なやめ方かな?

 

強行手段だな…

って思うかもしれませんが、やめる時のストレスは少なく済みますよ。

 

実際、最近は退職代行サービスを利用してやめる方が増えています。

退職代行サービスを利用してやめる時代になってきています。

本当にやめたい場合はこの方法がオススメです。

でも、もしかしてどこかで会社の人にばったり会ったりしたら気まずいかもしれません。

 

でも今すぐやめたい!と言う場合は我慢できない理由があると思うので、仕方ないという割り切りが必要です。

今すぐやめるときの注意点

ノートに勉強をしているところ

今すぐやめるときの注意点を紹介します。

無断欠勤はダメ

もう行きたくない場合、無断欠勤するのはオススメできません。

なぜかと言うと以下のような可能性があります。

離職票を発行してもらえない

 

給料がもらえない

 

損害賠償を求められる

このような可能性があります。

 

無断欠勤をすると、離職票を発行してもらえない可能性があります。

すぐに次の就職先が決まっている場合はいいのですが、これから就職活動をする場合は失業保険をもらうために離職票は必要です。

 

どうしても離職票を発行してくれない場合は、ハローワークに相談する方法があります。

そうするとハローワークから会社に指導が入ります。

その結果、離職票は発行してもらうことができます。

 

でも、無断欠勤した場合、離職票の退職理由に「重責解雇」と書かれる可能性があります。

「重責解雇」と書かれてしまったら、転職活動に影響してしまいます。

 

会社の規則を破り、無断欠勤をした場合、給料や退職金ももらえなくなる場合もあります。

場合によっては損害賠償を求められることもあるので、無断欠勤、バックレだけはやめておきましょう。

どうしても、上司に言い出しにくいなら退職代行サービスを利用しましょう。

計画的に私物を持ち帰る

やめることが決まった後に、無駄に会社に行かなくてもいいように会社にある私物をまとめておき、少しずつ持ち帰りましょう。

気がつかれないように少しずつです。

 

もし、私物を会社に置いたままにしてしまい、処分をお願いしたとします。

処分を会社にお願いしても、処分を拒否される場合もあります。

そうなると取りに行かざるを得なくなります。

会社に置いてある私物を後から取りに行くのはストレスです。

あらかじめ計画的に持ち帰りましょう。

ととま

実は私は「もう行かない」というやめ方を1度経験しました。

朝、上司に電話するときは最高に緊張しました。

でも、これさえ乗り越えたらやめれる、と思い毅然とした態度でやめることを伝えて無事退職に成功しました。

 

電話するのも、退職の意志を伝えるのも無理な場合は退職代行サービスがオススメです。

やめてしまえば今のストレスがなくなりスッキリしますよ。

退職代行SARABA

 

27000円で確実にやめられる

 

言いにくい「やめる」という意思表示をしてくれる