私のプロフィールはこちら

[ツイッター疲れの原因と解決法]心が穏やかに過ごせる毎日を手に入れよう

パソコンの前で落ち込む女性

何となくツイッターのタイムラインを見てしまう

「いいね」が少ないと気になる

反応のいいツイートをしようと思ってしまう

人のフォロワー数と比べてしまう

キラキラした人がうらやましくて嫉妬してしまう

 

ツイッターの反応が気になってしまったり、いつもタイムラインを追っている。

でも心は満たされない。

最初は楽しかったのに、最近はなんだか疲れてきた。

 

これはきっとツイッター疲れです。

私にも経験があります。

 

全然楽しくないのに、なぜかタイムラインを見てしまい、「いいね」の数を気にしたり嫉妬したり…

そんな気持ちになったりしませんか?

 

ツイッターに疲れてしまっているあなたに、ツイッター疲れの原因と解決策を紹介します。

ツイッター疲れの原因

フォローボタンを押す指

ツイッター疲れの原因はこの2つです。

多すぎる情報量

 

嫉妬心

いつもいつもタイムラインからはたくさんの情報が流れてきます。

情報が多すぎるのと、うまくいっている人を見て嫉妬してしまうことが大きな原因です。

その情報って本当に必要?

ツイッターでフォローする人が増えてくると自然にタイムラインが賑やかになってきます。

フォローしている人が「いいね」を押したり、リツイートすると自分がフォローしていない人の情報も流れてきます。

最初は新鮮にうつって見ていても、数が多くなってくると見ることにも疲れてきます。

 

毎日流れてくるその情報は本当に今、必要ですか?

 

自分に必要でない情報が毎日流れてくるといつの間にか疲れてきます。

 

自分が必要な情報ってそう多くはないんですよね。

その時その時、自分に必要な情報だけを仕入れていければいいのです。

タイムラインの情報はきっとほとんどが必要ないはず。

必要なのは自分が目標とする数人のツイートだけだと思います。

「いいね」をつけ合う関係って必要?

こんなことを言うと性格悪い!って思われるかもしれませんが、「いいね」をつけ合う関係って必要でしょうか?

私は数人いればそれで充分です。

 

いつもいいねをつけてくれる人にお返しのいいねをつけなくちゃ

そんな風に感じていませんか?

 

多分そう思っている人は多いと思います。

私もそうでした。

 

それも数が少なければ、まだいいのかもしれませんが、数が多くなってくると時間もかかります。

それに、他の人のツイートに意識していなければなりません。

 

ある日、心から純粋に「いいね」と思ったときだけ、押したいなと思うようになりました。

いいねのお付き合い…これもちょっと疲れの原因です。

嫉妬心って疲れるよ

ツイッターには成功している人がたくさんいます。

たくさんです。

 

あっという間に成功していくら稼いだとか…

キラキラしています。

 

自分がいくら頑張っても成果が出ないのに、あの人はもう成功している…

たいていの人はその人に嫉妬します。

嫉妬するとその人と自分を比べてしまう落ち込んでしまいます。

 

せっかくコツコツやってきたブログも「もうやめたい!」ってなっちゃうかもしれません。

そんなのもったいない。

他人と比べるのではなく過去の自分と比べなさいとは言うけれど、キラキラしたものが目の前にあると心は穏やかにはいられないものです。

ツイッター疲れの対策

パソコンの前で手を握る女性

そこで、ツイッターで疲れないための方法を紹介します。

ツイッターを見る時間を制限する

ツイッターの時間を制限する方法です。

多分、今は気がつけばいつもタイムラインを眺めているのでは?

それを辞めるためにまずは、ツイッターを見る時間を決めてみましょう。

 

でも、これは実際にはかなり難しいです。

これまで、つい見ている人はクセになっていますし、軽い依存状態になっています。

気持ちを強くもたないとうまくいかないでしょう。

ミュートする

ミュート機能を利用する方法もあります。

フォローを外すのは気が引ける人には、ミュートしてタイムラインに流れてこなくする方法があります。

ミュートしても相手に通知がきません。

相手にはあなたがミュートしていることは知られません。

 

フォローしたけど自分に必要でない情報やキラキラした人はミュートしましょう。

でも、フォローしている人が多かったりするとこの作業もなかなか大変です。

それに、意外なところからまた新しいキラキラさんに出会ってしまうかもをしれません。

アカウントを消す

アカウントを消す方法もあります。

かなりの強行手段ですが、一番効果があります。

実は私は思い切ってアカウントを消しました。

オススメなのはアカウントを消すこと

スマホを触る指

ちょっと思い切った方法ですが、これが一番効果があります。

私はアカウントを消しました

私はツイッターを始めて2年経ったところです。

最近になってツイッターが楽しくなく、見ていても気持ちが落ち込むことが多くなりました。

多分、情報が多すぎていたのとキラキラしている人に嫉妬していた自分もいると思います。

 

でもツイッターのタイムラインを見るのが癖になってて。

そこで、思い切ってアカウントを消すことにしました。

その時、1800人のフォロワーさんがいましたが特に迷いはなかったです。

 

「疲れたな…ツイッターのアカウント消そうかな」

そう思った次の日には消しました。

アカウントを消しても意外に何ともなかった

正直な話ですが、消した日と次の日は何だか落ち着きませんでした。

もうツイッターは消したとわかっているのに、手はツイッターのボタンを押そうとしてしまいます。

時間があるとついツイッターを見ていたので、クセになっていたようです。

 

でも消して二日目からは超快適です。

心がスッキリして好きなブログに向き合う時間が増えました。

私はアカウントを消してよかったです。

おわりに

パソコンの前で怒っている女性

ツイッターで疲れているあなたに、原因と解決法を紹介しました。

多分、ツイッターで疲れやすい人は、周りからの影響を受けやすいのかもしれません。

ツイッターをしている人の中には気楽に楽しんでいる人もいると思います。

自分に余裕があればきっと楽しめます。

 

でも、ツイッターに疲れを感じているのなら、ちょっと距離を置くことをオススメします。

意外にスッキリしますよ。