いじめがある職場に未来はない!今すぐやめた方がいい理由[看護師いじめ]

育休明け夜勤ができないと契約社員にされる。そんな職場より今思い切って転職した方がいい理由

 

ととま

50代のベテラン看護師ととまです

間もなく育休明けから職場復帰。夫は協力的だけど、近くに両親はいないので育児の援助は望めない。

 

これから育児しながらの夜勤は不安。できれば子育てが大変なうちは夜勤はしたくない。

 

でも、今の職場は夜勤をしないと契約社員扱いになり給料が減らされてボーナスもカット。夜勤しないだけで日勤の仕事は他の人と同じなのに・・・。

 

今まで小さな不満はあったけど職場を変えることが面倒で働いてきたけど、これから育児をしながら働ける職場なのかな。

と悩んでいるあなた。

これまで大きな不満がなく、職場を変えることはあまり考えてこなかったかもしれませんが、夜勤しないと契約社員というのは大きな問題ですよね。

近くに育児を援助してくれる親がいない場合は、夫と二人で協力して子育てしていかないといけませんので、夜勤をするとなるとかなりきつい状態になります。

できれば夜勤はしばらく免除して欲しいところ。その気持ちはよくわかります。

でも、夜勤をしないと契約社員だなんて、今の職場ははたしてこれから長く働く価値のある病院なのでしょうか?

一生懸命育児と仕事を両立させて頑張っても、給料がさがるなんて、やる気がなくなってしまいますよね。

新しい職場を探すのは不安かもしれませんが、残念ながらあなたの今の職場は、これから子育てしながら長く働くには素晴らしい病院とは言えません。

将来を考えると、もっと子育てしながら長く働ける職場をさがした方が将来がまったく違うものになります。

この記事では、どうして今転職したほうがいいのか、その理由を紹介していきたいと思います。

 

夜勤しないと契約社員扱いの病院は長く働く病院ではない理由

病院の廊下

職員間のモチベーションが違ってくる

これは当然そうなりますね。

日勤では同じ業務をしているのに「夜勤しない」という理由で給料もボーナスもカットされるのであれば、やる気がダウンしてしまいます。

夜勤をしないだけで、日勤では他の職員と同じように責任のある仕事をしているのに、給料に差をつけられるとやる気がなくなり、いい仕事ができませんね。

どうせ頑張っても契約社員で給料は低いんだし・・・と思うようになります。いつしか心の中では「正社員がしっかりやればいいでしょ!」と投げやりな気持ちも芽生えてしまいがちです。

「どうせ契約社員だし」という気持ちは、職員間のコミュニケーションにも悪影響をあたえます。当然、職員間でモチベーションにも差がでます。職員間でモチベーションに差があると人間関係にも影響があります。

 

退職金に影響する

あなたがその職場を辞めるときは退職金をもらいますよね。

法人の規定にもよりますが契約社員で働いた期間は、退職金の計算に含まれない可能性があります。含まれても正社員のときよりも計算の仕方が多少違う可能性が高いです。

育児と仕事と両立してものすごく頑張っていた期間なのに、その期間は契約社員なので、退職金に反映されないなんて納得できませんよね。

独身で仕事だけに打ち込める人と違い、あなたは毎日自分のことは後回しにして、とにかく育児と仕事に頑張ってきました。ものすごく頑張った時期が、退職金に反映されないのはその期間は職場にいないという扱いと同じようなものです。

どう思いますか?

でも契約社員は正社員ではないので、そんな扱いになるのは仕方ありません。

 

契約社員は雇用が不安定

看護師の仕事は売りて市場で人手不足なので、突然仕事がなくなる可能性はかなり低いです。でも、他の業種では不景気になると契約社員から雇用を解除されます。

正社員よりも雇用形態が不安定だということも覚えておきたいところです。

 

その職場は職員のことを大切にしていない

くるみんマークって知っていますか?

くるみんマークとは、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣からの認定を受けている職場のことです。

男女の育児休業の取得率、終業時間変更について、労働時間などについての9つの基準がありそれを満たすと、くるみんマークが取得できます。

育児しながら働きやすい職場かを知る目安になります。

働きやすい職場にすれば職員はやめなくなり、いい評判は広まり人が集まってきます。働きやすい職場はいい人材が集まりやすいです。

最近は働きやすい職場環境を目指す職場も増えてきていて、産休・育児休業制度が取りやすくなり男性が育児休業を取る人も増えてきました。

ちなみに、わたしの職場はくるみんマークを取得しています。そのためか20~30代の育児世代の人たちが多く働いています。もちろん働きやすい職場です。

くるみんマーク取得のように、職員に長く働いて欲しいと思うのであれば、働きやすい環境を整えるものです。夜勤をしないという理由で契約社員にするのは、残念ながら職員のことを大切にしてるとはいいがたいですね。

夜勤ができない理由で人がやめても、どうせまた人を採用すればいい、と考えているのかもしれません。

 

これから2人目も考えているのなら、育児はしばらく続く

この先2人目も考えているのであれば子育ての期間はまだまだ続きます。親からの育児への援助は望めないので、夜勤はずっとできない可能性があります。

その間何年も契約社員扱いで、給料もボーナスも減らされるとその差額は結構な額になりますね。

毎月の給料だけでなく、ボーナス、そして退職金にも影響するんです。同じ仕事をしているのに、不満な気持ちになりませんか?

数年ならまだ?我慢できるかもしれませんが長い期間になるとその差はかなり大きいです。

 

その職場にしがみつく理由はありません。慣れた環境を変えるのは面倒ですが、その職場にいてもあなたの頑張りが評価されません。

残念ながら長く働く職場ではありません。夜勤ができなくて日勤だけでも、給料に差をつけない病院は他にたくさんあります。

じつはこれはわたしが経験しています。わたしが以前働いていた病院は夜勤をしないと契約社員にされる病院でした。わたしは子どもがいながら両立を頑張っていました。

でも離婚もして夜勤は無理になったので、契約社員で働く気持ちはなかったので、その職場をやめました。

夜勤をつらそうにしている50代の先輩も数人いました。体力的にきつそうでした。持病もあって夜勤をやめたいようでしたが給料やボーナスに影響するので、定年まで頑張ると言っていました。

その先輩は転職することは考えていないようでした。50代になってから転職は正直厳しいです。

看護師の仕事はたくさんあるので、仕事がないということはありません。ただ、条件に合った病院があるかどうかは難しくなってきます。

それに50代で転職するのはかなり面倒な気持ちになるものです。職場に不満がありながらも、また新しい職場で一から仕事を覚えたり、人間関係を構築していくのはかなり勇気がいります。

定年まであと少し、というところまでくると条件が悪くても我慢してしまう傾向にあります。

 

あなたはまだ若い。将来を考えて今より条件のいい職場を探しましょう。

育児と仕事を両立できるように制度を整えている職場はたくさんありますので、そういう病院を探しましょう。

 

ママが働きやすく条件のよい職場に転職しよう

赤ちゃんを抱っこして幸せそうな母親

ママが働きやすい職場に転職する

今の職場よりも、ママにとって働きやすい職場に転職しましょう。

働くママにとって働きやすい職場とはどんな職場でしょう?

・同じように子育てしている年代が多い

 

・残業がなく定時で帰れる

 

・有給休暇が取りやすい

 

・子育てへの理解がある

 

・休みやすい

こんな職場だと働きやすいですね。

これから2人目を考えているとしたら子育てはまだまだ続くので、今のうちに働きやすい職場をじっくり探ししましょう。

 

転職はハローワークより転職エージェントを賢く利用しよう

たくさん咲いている白い花

転職する時、ハローワークより転職エージェントを利用することをオススメします。

オススメな転職エージェントは看護のお仕事です。

どうしてハローワークより転職エージェントかと言いますと、働きやすい職場を探すためにはハローワークよりも転職エージェントを利用した方がうまくいくからです。

ハローワークは特に医療業界に詳しいわけではなく、一般的な情報しか手に入りません。

看護のお仕事は医療業界に詳しいので、あなたの知りたい情報も手に入ります。

看護のお仕事では口コミなどで、内部情報を得ています。求人広告にないその企業の詳細情報や、企業文化や部署の環境なども知ることができます。

ハローワークではこんな細かい情報までは手に入りません。

 

看護のお仕事はあなたのこれまでの経歴からあなたの強みや特徴を引き出してくれます。その上であなたの応援をしてくれます。

ハローワークでは一般的な的な目線でしか見れませんので、あなたの経歴を正しく判断したり適切なアドバイスをすることはできません。

ハローワークはお役所仕事で親身になってくれることは期待しない方がいいでしょう。

それにハローワークへの求人は無料で登録できるので、ブラックな求人も多いのです。

 

看護のお仕事の一番の利点は、あなたと企業の間に入って、あなたの聞きたい情報を聞いてもらったり、給料などの条件を交渉をしてもらえるところです。

給料や休みのことなどなかなか自分では確認しずらいところも、間に入って交渉してくれます。このサービスはハローワークにはありません。

ママが働きやすい職場かどうか事前にチェックしたいポイント

1.職員の年齢層

 

2.有給取得率

 

3.離職率

 

4.離職理由

 

5.くるみんマークを取得しているか

などがあります。

この中でママナースが特に注目したいのは、「1」と「5」です。

「1」の職員の年齢層に注目したい理由は、いろいろな年代がいることで職場のバランスがよくお互い協力しあえるからです。

20~30代の子育て世代の職員が多いということは、同じように働きながら子育てをしている人が多いということなので、働きやすい職場の可能性が高くなります。

各年代がバランスよくいることで、休むときはお互い様という気持ちで協力しあうこともできます。

 

この5つの項目はどれも気になりますが自分ではなかなか確認しずらいですよね。

面接するかどうか決めるまえに転職エージェントに5つの項目を確認してもらいましょう。

キャリアコンサルタントを味方につけて働きやすい病院を紹介してもらいましょう。

 

看護のお仕事に登録することで、非公開の求人も見ることができます。

非公開求人は企業にも転職する側にもメリットがあります。

それは企業は幅広いたくさんの人の中から採用する人を探すより、ピンポイントで条件にあった人を探すことができますし、仕事を探している人にとっても、効率よく無駄のない転職活動を行うことができます。

 

看護のお仕事への登録は無料ですし、もし担当のキャリアコンサルタントと合わなかったら変更してもらうことも可能です。

 

「看護のお仕事」の登録について

花瓶の花とパソコン

看護のお仕事に登録する場合、公式ホームページから「登録する」を押したあと、基本情報を入力していきます。

希望の働き方(常勤夜勤あり、日勤のみ等)、希望の転職時期、保有資格(看護師、保健師等)、名前、誕生月、希望勤務地、電話番号を入力します。

メールは任意入力となります。その他希望条件や、希望連絡時間などを入力できる場所があります。

入力が終わるとアンケートがありますが、これは任意回答となります。

登録終了後、担当キャリアコンサルタントから電話がかかってきます。

登録は1分で終了! 看護のお仕事

看護のお仕事に登録して、応募可能な転職先をみてあなたのこれからの人生を考えてみませんか?きっと今よりも世界が広がりますよ。

 

退職を認めてもらえない場合は退職代行サービスを利用しよう

ビジネスパーソンのシルエット

退職の意志を表明しても、人手不足を理由にすんなり退職を認めてくれない場合もあります。

「退職する3か月前、または1か月前に言うのが常識」と言われ退職を延ばされる可能性もあります。

 

せっかく好条件の職場の内定が決まって、気持ちが切り替わっていても退職を延ばされることで、せっかくのチャンスを棒に振ってしまう可能性もあります。

退職を決めたなら希望する期日できっちり退職するほうが気持ちの切り替えもできます。

もし、スムーズに退職を認めてもらえない場合は退職代行サービスSARABAを利用することをオススメします。

退職代行 は面倒な退職手続きを代行してくれます。退職代行SARABAを利用すると、あなたは職場と一切やりとりをしなくてもいいのです。

退職したくてもなかなか認めてもらえず、険悪な雰囲気の中、何度も交渉しなくてもいいのです。

退職代行SARABAを利用すると退職時のストレスがまったく違います。もう退職する職場で、あなたが消耗する必要はないのです。

利用料は30000円です。追加料金は一切ないので安心です。

 

おわりに

ピンクのバラ

これから育休明けで仕事復帰するなら、今のうちに職員を大切にしてくれる職場を探しましょう。

今まで転職を考えていなかったかもしれませんが、職場をさがしてみると他にたくさんのいい条件のママにも働きやすい職場があることがわかります。

人は変化を好まない生き物です。今、職場に不満があってもなかなか最初の一歩を踏み出すことができないものです。

でも今がチャンスです。育休明けで仕事復帰すると毎日あわただしくて仕事をさがすことが後回しになり、忙しさで妥協して決めてしまうことになりかねません。

育児しながら働きやすい職場を見つけるために、今一歩踏み出しましょう。

 

転職エージェントはこちら→看護のお仕事

退職代行SARABAはこちら→退職代行