年末に思うこと[いつ死んでもいいと思って生きる]

※この記事はR3年12月30日に書いたものです。

今日は12月30日。

令和3年ももうすぐ終わりですね。 年末になると今年1年を振り返ります。

いつも思うのが、今年もあっという間に過ぎたなあ… 年を重ねるごとに時間の流れが早く感じます。

去年の今頃はついこの前のような感覚です。

今年を振り返って

天国に向かう男性

 

今年を振り返ってみると、いろいろ挑戦をした1年でした。

インスタを始めたり、kindle本も出版してみました。

スタンドエフエムで音声配信も挑戦しました。 おもしろそうだなと思うことに挑戦できた1年でした。

しかし、それが継続できたかというと… 残念ながら長続きはしませんでした。

インスタも何個アカウントを作ったのでしょう…笑 音声配信だって挫折しています。

そして最近また始めたばかり。

自分でも始めたりやめたりで「何やってるんだ自分!」と思ったりします。

でもこれも裏を返せば自分の心に正直に生きている証拠なのかも。

やめたとしてもまたやりたいと思ったらいつでも再開はできるしね。

思っていても動き出さないよりもやるってことが大事だと思うんです。

だからいろいろ挑戦して満足しています。

来年の今頃は?

コスモス 来年の今頃もきっと今と同じように思っているでしょう。

今年1年早かったなあと…

だから悔いのないように生きていきたい。

やりたいことをどんどんやっていきたい。

意識していることがあります。

それは、いつ死んでもいいと思って生きること。

もし、自分が余命宣告されたら… やりたいことをして、 食べたいものを食べて、 嫌なことはしない、 後悔のないように味わって生きると思うのです。

歳を重ねるごとに人生の残り時間を考えるようになりました。

今のこの時間はずっと続くわけではありません。

もしかして今日死ぬかもしれないと思いつつ、自分の心に素直に生きていきたいと思っています。

年末に重い話になりましたが、死を意識することで自分が何を望んでいるのかがわかるような気がします。

だから死を考えることは大事だと思います。

音声配信だって恥ずかしい気持ちもあります。

でも、余命を意識したら恥ずかしさなんて消えていきます。

恥ずかしい気持ちが亡くなったら最強ですよね。

何だってできそうです。

年末の空気

初日の出

今日スーパーに買い物に行きました。

豪華な食材が並び、買い物かごいっぱいに買い物をする人達。

時間の流れはいつもと同じなのに、年末特有の忙しいような空気が漂っていて、あ~年末だなあ…と感じてきました。

この年末特有の空気ってどこか好きです。

クリスマスが終わったあたりからカウントダウンが始まります。

新しい年を楽しみにしていて、素敵な年にしたいなあという希望の現れなのかもしれません。

 

 ブログ村ランキングに参加しています。

ポチっと応援してもらえたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村