私のプロフィールはこちら

プロフィール

ヒマワリ畑

「ととまway」へようこそ。

ととま

このブログを運営している「ととま」といいます。

このページではわたしのプロフィールを紹介します。

ではゆっくりしていってね(*^_^*)

ととまってどんな人?

■年齢 50代、バツイチ

■職業 看護師

■家族 子ども2人

■趣味 読書

■涙もろい

■甘いものが大好き

■家に引きこもっているのが好き

遅咲きのひまわり

なぜ、遅咲きなのかって?

それはわたしは30代になってから看護師になったから。

20代になり子どもを産んでから、看護師になりたい気持ちがふつふつと芽生えてきたの。

でも、子どもを産んだばかり、夫は反対、お金もなし…で、一度は看護師になる夢を諦めたんだけど…。

でも、何年も月日が過ぎていきましたがやっぱり諦められきれず…。

私の人生、ここで諦めたら絶対後悔する!!やったるか~!と奮起。

だって自分の人生、自分で決めて生きていきたいもん。

でもね、看護学校を受験するまでにはたくさんの問題がありました。

でも不思議、人って目標があると強い気持ちで乗り越えていくんですよね。

逆に困難なことがあると燃えたりして…

わたしの場合お金がなかったので、准看護師免許を取ってから正看護師になるという遠回り。

そんなわけで、5年間も看護学校に通いました。

やっと看護師になったのは、38歳の時。38歳で新人看護師になりました~。

だから遅咲きです。自称遅咲きのヒマワリです。でも遅咲きでも咲いてよかったよ~。

この経験からわたしは何歳になってもやりたいことや目標があるなら何でもできると思っています。

これから新しいことにチャレンジをしたいと思っているあなたをわたしは応援します。

年齢なんかを気にしないで、夢に向かって突っ走って!

だって一度しかない人生なのだから。

30代の私が看護学校に入学するとき感じた年齢にまつわる4つの不安
33歳ママは看護学生!勉強・家事・育児と大忙しの5年間

離婚したけど幸せ

わたしはバツイチです。

子どもが二人いて子どもが中学生のころ離婚しています。結婚してから約16年での離婚。

実は離婚の気持ちはわりと早い段階で芽生えていたんです。子どものことを考えるとなかなか決断できなくて。

でも、愛情を感じることのない夫と子どものことで繋がっている毎日は、自分でない人生を生きているような感覚になっていました。

きっと氷のような家庭では子どもにいい影響はないと思い、何年も決断できないでいましたがやっとふん切れました。

子どもには寂しい思いをさせてしまったかもしれません。

でもわたしにできることは精一杯やって行こうと思い、やってきたつもり。

離婚まで相当悩んでいたので、離婚した時は心がホッとしました。

心がとっても楽になりました。そして笑うことがふえました。

離婚する前は能面みたいな顔をして、ほとんど笑わない毎日でした。

二人目妊娠中に家出したことがあります。このときから芽生えた離婚の気持ち
お酒にのまれる人と結婚しない方がいい理由。私はこれで失敗しました

今恋愛中

離婚して男はコリゴリって思っていました。

恋愛なんか面倒くさいし、興味もなかった…のに、人って時間がたつと気持ちって変わるんですね。

一人が気楽で楽しんでいた頃今の彼に出会いました。

はい、今は穏やかな幸せを感じています。

でも…彼はちょっと経済的に大変な状態で、クタクタ・ボロボロな状態。

そんな彼を救うべくわたしはブログを始めました。

パソコンをいじってる女性
パソコン初心者スキル0の49歳おばちゃんが資金9557円でブログを始めた理由

いじめられて灰色の毎日だった

わたしは看護師をしていますが、いじめに遭い退職したことがあります。つらかったよ~。

その時シンママだったので(今もですが…)生活がかかっていて、やめることをなかなかふん切れないでいました。

無視される

仕事を教えてもらえない

聞くと露骨に嫌な顔

何をやっても怒られるハメになる

きつい口調

わたしがされたのはこのようないじめ。

仕事を教えてくれずわざとわたしが失敗するように仕向けてくるのです。

わたしはそれまで転職をしたことがあり他の病院で働いていたこともありましたが、いじめられたのは初めてでした。

なぜだろう

自分のどこが悪いのか

など・・・理由を考えていると自分がだめな人間に思えてきて、いじめにあっている自分がみじめに思えてきました。

シンママで相談する人もいなくて、いや、いじめにあっていることを友人に言えなかったというのが本心かもしれません。

恥ずかしくて言えなかった。

仕事を早く覚えようと頑張ったり、いじめを気にしないようにしようと思っても日に日に気持ちは沈み、全く笑顔がでなくなって。

早く仕事が終わることばかり考えてた。

あまりにひどい扱いを受けると、段々自分は生きている価値のないようにさえ思えてきて。

家に帰って子どもたちと話していても、どこか心は上の空。

突然涙がこぼれてきたり。生きてても楽しいことはないな・・・って思うようになりました。

そんなある日、突然吹っ切れたんです。突然。

こんないじめがあるクズ病院で頑張る意味はない

馬鹿馬鹿しい

さっさととやめよう

悩むだけ悩んで、落ち込んでいたらある時突然こんな気持ちになったんです。

辛そうな女性の後ろ姿
[職場のいじめ体験談]異動先でいじめにあい心が限界に…突然電話で退職するしかなかった私

常識なんてどうでもいい

普通は退職する1か月に職場にいうのが常識?とされていますね。

でもそんなの無視です。

だってもう無理でした。もういけませんでした。そこまで心がつらい状態でした。

わたしは計画的にある日突然電話で退職を告げる方法を選びました。

そんなちょっと思い切った退職をしましたがそれでよかったと思っています。

無理して退職の日までその職場にいるといじめがもっと悪化していたかもしれませんし、わたしの心が壊れてしまっていたかもしれません。

そんないじめのある職場をさっさと退職してすぐに転職をしました。

新しい職場では人間関係に恵まれて、楽しく働いています。素敵な人達との出会いもありました。

わたしは突然電話でやめる方法を選びましたが、今はやめるという意志表示も代行してくれる便利な退職代行サービスがあります。

忙しく飛び回っているビジネスマンのシルエット
今すぐやめたい人のストレスのない確実な退職方法を紹介[SARABAでストレスとおさらば]

いじめは我慢しないで

わたしは自分の経験から、いじめから解放されるには転職しかないということを実感しました。

環境を変えることしかないです。

それは勇気のいることですが、一歩踏み出すと必ず今までと違った楽しい世界が待っています。

今苦しんでいるあなたは、なかなかその一歩が踏み出せないかもしれません。

わたしもそうだったから・・・。

でも「勇気をだしてやめたら、いいことが待ってるよ」そうあなたに伝えたいです。

悩んでいるなら環境を変えるのもアリ

わたしはナースになって約16年たちました。その間、3回転職を経験しています。

職場の中での異動もあり、これまで7か所の病院や施設で働いてきました。

3回の転職と、異動で7か所の職場を経験してわかったことがあります。

それは、職場によって働きやすさはまったく違いますし、雰囲気もかなり変わること。

職員のスタッフや環境が変わる働きやすさもガラリと変わります。

この経験から、職場で悩んでいてつらい思いをしているのなら、思いきって職場を変えることをアリだと思っています。

わたしはいじめにあいわずか1か月で退職したときは、1か月でやめるなんて我慢が足りないのかと自分を責める気持ちもありました。

でも心は限界で転職をしたんですが、転職して本当によかったです。

環境を変えたら、働きやすさが全然違いました。

嫌な職場で我慢する必要はまったくありません。世界は広いです。

転職すると人生がガラリと変わります。

人生つらいことも多いけど楽しく生きていこうよ

わたしは離婚した時も、いじめにあったときも、他にも人生でつらいことはたくさんありました。

その時はつらくてつらくて涙をこぼしてた。

[チョコレート嚢胞の再発と子宮筋腫]私が3度の手術を経て子宮・卵巣とサヨナラしたお話

でも、時が経つとそのつらい経験も何かの役に立っていたりするんですよね。

むしろその出来事のおかげで今はしあわせになっていたり。

ホント不思議なんですが。

だからつらいこともあるけど、人生楽しみながらラクに生きていこうよ。

それがこのブログで一番伝えたいことです。